ことばの泉

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

ことばの泉

http://blog.livedoor.jp/bunkengaku/archives/50351321.html

http://blog.livedoor.jp/bunkengaku/archives/26009150.html

ことばの泉 一冊

 落合直文の著。明治三十一年刊。四十一年嗣子直幸?「大増補日本大辭典ことばの泉補遺?」一冊刊行。昭和五年芳賀矢一増補本「言泉出版完成。本書所收の語彙は古代から現代に及びその種類は政治・宗教・哲學・醫学乃至自然科學に及び固有名詞も亦網羅してこれを五十音順に配してゐる。その語彙ことばの泉」十二・三萬、「補遺」に於いて更に七萬餘、「言泉」では更に十萬餘語を増補してゐる。國語辞書と云ふものゝ百科辭典の観がありその特徴は語彙の豊富なるにあるが。その語釋の簡に過ぎるのは學術的價値の點から惜しむ可きである。

【參考】

* 落合直文先生と其歌。早川幾忠?「光」第五年七号。

亀田次郎国語学書目解題」)

近代デジタルライブラリー