伊藤野枝

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

伊藤野枝

PDD図書館獨澄旻さん)の人名辞典(http://www.cnet-ta.ne.jp/p/pddlib/biography/frame.htm )旧版には次のようにあった。

いとう のえ(1895. 1.21(明治28)〜1923. 9.16(大正12))◇社会運動家・評論家。本名はノヱ。十七歳で青踏社員となり、二十歳で平塚らいてうのあとを引き継ぎ「青踏」の主幹。末松福太郎つぎに辻潤と結婚、のち1916(大正 5)大杉栄と同棲、無政府主義の思想運動の支柱となる。1923(大正12)関東大震災に際して大杉栄らとともに憲兵大尉甘粕(アマカス)正彦に虐殺される。(1)本名は「ノエ」。(3)本名は「ヤエ」。(5)本名は「ノヱ」。(9)本名は「ノヱ」。(11)本名は「ヤエ」。

* はてなダイアリーキーワード:伊藤野枝