和語説略図

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

和語説略図

http://blog.livedoor.jp/bunkengaku/archives/50351294.html

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/syomokukaidai/wa/kaidai_wa019.html

和語説略圖 一鋪

 東條義門著。天保四年刊。天保十三年追加刊。増補本は「壬寅補正和語説略圖?」と表現す。爾後刊行の「和語説略圖」の内容はこの増補本である。詞の活用手爾遠波呼應とを圖示したもので、文政六年刊の「友鏡」を整理したものである。天保四年の刊本活用形將然言連用言・截斷言?連體言已然言・希求言?の六段に分って それ等活用言?に係る手爾波を記し、次に、活用の種類を十數種に分け示し、更にこれを「八衢」及び「友鏡」と對照し得る様にしてあって、最後に、「無し、正し、將む、有り」の四つについて特にやゝ異った圖を記して居る。扨、増補本は右の他に「和語説略圖」と云ふ題號の説明をし、又五十音圖を記して四段下二段・中二段?・一段?等の語の意味活用の形を説明して居る。本圖はこの種の著述中この簡明なる點、確實なる點に於て明治初年に至る迄最も優れたるもので義門活用及び呼応に關する研究は総べて本圖に至る課程であり、本圖所説の裏付けである。「言葉の八衢」や「てにをは紐鏡」の説で本圖に至って隨分補はれ或はその誤謬の正されたものが少くない。しかし又本圖にも猶不備缺點が取殘されて居る。例へば動詞形容詞助動詞を區別せずに形容詞助動詞動詞活用の異れるものにも何等の名稱も附して居ないのは「八衢」の不備を踏襲したものであり。又下一段活用を逸した事、「無し、無き」の活用と「無かれ」の活用、「正し」と「正しかれ」の活用の相異を認め乍ら活用圖の上では同一行に置いた事等はその例である。

【末書】

* 「活語指南義門が平井重民?と共に和語説略圖について逐條講義せるもの。

* 「和語説略圖聞書?」本書に二部ある。(一)は義門が天保九年六月六・七兩日に活用の三転五転、及び活用の種類について述べたもの。(二)は同八日から體言用言の區別、用言活用等について講義したものである。

* 「和語活用略圖?」一鋪 嘉永元年刋。義門の門弟僧法雲?が著したもので和語説略圖を少し改めてゐる。

* 「和語活用略圖解?」一巻 嘉永元年僧法雲?著。自著の和語活用略圖の講義である。因に法雲は後音義説に傾いた爲義門師とは其所説が次第に隔つた。

* 「和語説略圖演説?」「語辭林香記?」は共に義門の講義で和語説略図と多少関係あるものである。

亀田次郎国語学書目解題」)