大日本國語辭典

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

大日本國語辭典

大日本國語辭典 五冊

 上田萬年松井簡治共著である。刊行は大正四年に初まり八年末完了。昭和二十四年修正版刊行。所收の語彙固有名詞は除き一般日本語・學術語?・外來語?・東京附近の方言熟語・俚諺?・格言?等二十餘萬、その編纂組織は略「言海」と同じである。しかしその「出典?」及び「圖解?」を加へたことは「言海」の缺を補ふもので、その「語源」の缺けたるは辭書として一大缺點であるが、本書の價値はその組織の點でなくて語彙の豊富なると解釋の詳細な點とにある。その語彙は奈良平安朝?期のものは殆んど網羅して餘さない。只鎌倉期?以後のものが間々漏れてゐることは「語源」の除かれたる事と共に現在國語辭典?の最高權威たる本書として惜しむべき缺点であり將來の辭典?編纂者に遺された問題である。

亀田次郎国語学書目解題」)

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/PDF/dainihonkokugojiten/