大津皇子

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

大津皇子

PDD図書館獨澄旻さん)の人名辞典(http://www.cnet-ta.ne.jp/p/pddlib/biography/frame.htm )旧版には次のようにあった。

おおつのみこ(おおつのおうじ,オホツノワウジ)( 663(天智天皇 2)〜 686(朱鳥元.10. 3))◇大和時代の歌人・漢詩人。父は天武天皇、母は持統天皇の姉大田皇女(ヒメミコ)。九歳のときに壬申の乱に参加、のち 683(天武天皇11)太政大臣。草壁皇子とともに皇位継承の有力な候補者であったが、天武の死後にたくまれた謀反の廉(カド)で死を賜り二上山(フタガミヤマ)に葬られた。

* はてなダイアリーキーワード:大津皇子