天田愚庵

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

天田愚庵

PDD図書館獨澄旻さん)の人名辞典(http://www.cnet-ta.ne.jp/p/pddlib/biography/frame.htm )旧版には次のようにあった。

あまた ぐあん(1854(嘉永 7. 7.20)〜1904. 1.17(明治37))◇歌人。幼名は久五郎、一時清水次郎長の養子となり山本五郎(明治15)、のち剃髪して愚庵・鉄眼(テツゲン)。(1)天田愚庵(あまだ ぐあん)、1854(嘉永 7):正、幼名は五郎。(3)天田愚庵(あまた ぐあん)、1854(安政元):誤。(5)天田愚庵(あまた ぐあん)、1854(安政元):誤、幼名は久五郎。(8)天田愚庵(あまた ぐあん)、1854(安政元):誤、幼名は久五郎。(11)天田愚庵(あまた ぐあん)、1854(安政元):誤、幼名は五郎。