字音假字用格

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

字音假字用格

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/kokusyokaidai/s2/kokusyo_si017.html

http://blog.livedoor.jp/bunkengaku/archives/50351318.html

本居宣長

字音假字用格 一巻一冊

 本居宣長著。安永?四年刊本、同年春再刊本、寛政?十一年刊本、天保?十三年刊本、明治?二十五年刊本、同二十六年刊本本居宣長全集所收本等がある。但し山崎美成校正天保十三年刊本には三行分生圖、軽重等第圖、字音總論中の二圖等の省略がある。本書は漢字漢音呉音との假名遣を研究したものである。字音假名遣については已に契沖文雄魚彦等も研究してゐるが、專ら字音假名遣?について研究したのは本書が最初である。説く所は字音假名遣で最も誤り易いものについて、或はア、ヤ、ワ三行の喉音ア行か根幹である事、從來ア行?にを、ワ行?におを列ねてゐるがその所屬の誤りである事、或は「字音假字總論」と題して幾多の點に就いて述べてゐる。而して右の「おを所屬辯?」に於いて從來の誤を訂正した事は學界に對する本書の大なる貢献である。尤も本書にも誤説の無い譯ではなく我が古音中には總べてん[n]音なくむ[m]音のみであると説いた如きは就中大きな缺點である。(脚結抄呵刈葭參照) 

【參考】

* 「字音假字用格追考?」一巻寫本 富樫廣蔭著。

* 字音假名用格詞の玉緒の刋本につきて。亀田次郎藝文」十七ノ八。*

* おを所屬辨についての一疑問。亀田次郎藝文」二〇ノ七。 *

亀田次郎国語学書目解題」)

http://ir.u-gakugei.ac.jp/handle/2309/7263 山崎美成

http://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/search.php?cndbn=%8E%9A%89%B9%89%BC%8E%9A%97p%8Ai