安楽庵策伝

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

安楽庵策伝

PDD図書館獨澄旻さん)の人名辞典(http://www.cnet-ta.ne.jp/p/pddlib/biography/frame.htm )旧版には次のようにあった。

あんらくあん さくでん(1554(天文23)〜1642(寛永19. 1. 8))◇安土桃山〜江戸初期の説教僧・茶人・文人。俗名は平林平太夫(ヘイダユウ)、号は一説に醒翁(セイオウ)。1623(元和 9)京都所司代板倉重宗(シゲムネ)のために『醒睡笑(セイスイショウ)』を著述、後世の文学落語への影響が大。

* はてなダイアリーキーワード:安楽庵策伝