撮壌集

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

撮壌集

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/kokusyokaidai/s1/kokusyo_sa049.html

撮壌集 三巻

 享徳の頃飯尾永祥の作れるもので、分類體?辭書である。本質的價値は餘り高いと云へぬが、製作年代の比較的古い點で注意される。室町時代國語研究資料として又その語彙は一般國史、風俗史、宗教史方面に貴重な資料を提供するものと思はれる。

亀田次郎国語学書目解題」)