斎藤茂吉

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

斎藤茂吉

PDD図書館獨澄旻さん)の人名辞典(http://www.cnet-ta.ne.jp/p/pddlib/biography/frame.htm )旧版には次のようにあった。

さいとう もきち(1882. 5.14(明治15)〜1953. 2.25(昭和28))◇医師・歌人。本名は茂吉(モキチ)、自称は茂吉(シゲヨシ)(養父の好み)、旧姓は守谷(モリヤ)、号は水上守暁・東川・童馬山房主人・藤原まもる。1905. 7.(明治38)親戚の斎藤紀一家に入籍。1914. 4.(大正 3)紀一の次女輝子(テルコ)と結婚。1921〜1924(大正10〜大正13)ウィーンおよびミュンヘンに留学。北杜夫(キタ モリオ)の父。戸籍上の生れの月日は 7.27。◆茂吉忌[ 2.25]。◆斎藤茂吉追慕短歌大会[ 5.14〜 5.25]山形県上山(カミノヤマ)市の斎藤茂吉記念館で、短歌大会が開かれる。

* はてなダイアリーキーワード:斎藤茂吉