日本文法論

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

日本文法論

日本文法論 一冊

 山田孝雄著。明治四十一年刊。徳川時代以來多くの文法學者に依って文法に關する書は數限り無い程であるがそれ等は殆んど全部實用的文典とも云ふべく日本文法の組織に關する基礎的な論理的研究は未だ現れなかった。本書はこの前人未開拓の重要問題に対して徹底的な究明を爲したるものである。先づ國語學の分科、文法學の内容、國語の性質等を記し日本文法論の研究方法及び記述の順序を述べてゐる。つぎに本論を分って二部とし「語論」「句論」としてゐる。語論に於いては品詞分類法について前人の所説方法を仔細に檢討し名詞動詞形容詞手爾波等各品詞の本質を究め著者の品詞分類法を示してゐる。

    關係語………        氐爾乎波の類

単語  観念語 副用語…………………副詞の類

        自用語語…観念語……体言の類

             陳述語……用言の類

 右の分類に從って体言用言副詞助詞接辞等についてその性質効用を研究し、又語の連用、語の轉用、語の位格、語の用法の研究をして居る。扨、「句論」の方では句論と他の學科との區域、句論と語論との限界、句論の研究の基礎等を論じて句を分るには喚體句?と述體句?とにすべきであると云って更に句の性質・組織・連用等と項目に従って精密に研究して居る。その理論の正確、用意の周到はその嚴正な學術的態度と共に敬服されるもので多少の缺點はとに角全體として今後の日本文法研究の基礎たるべきものである。

【附記】「日本文法講義」一冊 山田孝雄著。大正十一年刊(同十三年訂正版)本書は「奈良朝文法史」「平安朝文法史」等と共に「日本文法論」の體系によって生れたものであって、現代の文語及び口語文法を記した實用的文典である。從來の大槻博士廣日本文典に據る諸文典とは組織・用語も異り難解の様であるがその所説は信頼するに足るものであリ。敬語法音便の研究は従來のものより遥に進歩して居る。

亀田次郎国語学書目解題」)