河竹黙阿弥

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

河竹黙阿弥

PDD図書館獨澄旻さん)の人名辞典(http://www.cnet-ta.ne.jp/p/pddlib/biography/frame.htm )旧版には次のようにあった。

かわたけ もくあみ(1816(文化13. 2. 3)〜1893. 1.22(明治26))◇江戸末期〜明治前半の歌舞伎狂言作者。本名は吉村芳三郎、勝諺蔵(カツゲンゾウ)・柴(斯波)晋輔、二世河竹新七・1881(明治14)古河黙阿弥、俳号は河竹其水、芳々(ヨシヨシ)(茶番)。1834(天保 5)19歳の時に五世鶴屋南北の門に入り勝諺蔵と称する。1854(安政元)四世市川小団次のために作品を書くようになり本領を発揮。(1)誕生日は 2. 3。天保一五年には二世河竹新七を継ぐ。(5)誕生日は 2.13。(8)誕生日は 2. 3。(11)誕生日は 2.13。天保一四年二八歳のとき二世河竹新七を襲名。◆黙阿弥忌[ 1.22]。

* はてなダイアリーキーワード:河竹黙阿弥