清水次郎長

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

清水次郎長

PDD図書館獨澄旻さん)の人名辞典(http://www.cnet-ta.ne.jp/p/pddlib/biography/frame.htm )旧版には次のようにあった。

しみずのじろちょう(シミヅノジロチヤウ)(1820(文政 3)〜1893(明治26))◇幕末〜明治初期の侠客(キョウカク)。本名は山本長五郎(チョウゴロウ)。駿州清水港の船頭の子で、米問屋次郎八の養子となり略して次郎長。甲州黒駒の勝蔵・伊勢桑名の安濃徳ら博徒との抗争は有名。明治維新後は帯刀を許され、富士山裾野の開墾に尽力。

* はてなダイアリーキーワード:清水次郎長