漢音正辨

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

漢音正辨

漢音正辨伊勢經峯(安濃郡の西)の僧素真?の著で明和九年(二四三二)の序。二卷が五篇に分れて或は吾が國史に傳ふる漢音の何なるかを辨じ、或は聲音對和學辨、和讀要領?の非を明して居る。素眞は天台宗に傳へて例時作法?や懺法などに用ひる漢音を以て純なるものとし、普通に漢音と稱するものを其の雑なるものとし、此等に對して俗なるものが今日の南京の音だと主張するのだから和讀要領などに今日の支那音を貴ぶのとは正面衝突ぜざるを得ぬので有る。今日の支那音よりも吾が國に伝はった音が古に否正に近いと看破したは卓見だが、しかし素眞の意は自家の漢音を貴む以外の根據には気附かなかったらしい。

岡井慎吾日本漢字学史』)