聲音對

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

聲音對

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/kokusyokaidai/s4/kokusyo_se003.html

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/syomokukaidai/hoi/kaidai_hoi023.html

聲音對 但馬豊岡の僧天産?の著で享保五年(二三八〇)の刊行。漢文にて記せるが行文難澁その意を得るに苦しむ。すべて十五篇より成り、第六篇では七音略?に華梵音を辨したる處に缺くるありとて之を補ひ、第十一篇では復古禪師?の著した對客閑話?の誤を正して居るが、其の他は客の問に答へる仕組だから此の名が有らう。「漢音は彼土の通語呉音は江左?の音だから、王仁や法明?が百濟?より傅へたは呉音でも漢音でも無い」といふ如き類。天産は支那音?を操った同人の錚々たるもの。

岡井慎吾日本漢字学史』)