落葉集

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

落葉集

おちばしゅう

松の落葉

http://blog.livedoor.jp/bunkengaku/archives/27040053.html


らくようしゅう

落葉集Racvyoxv

 一五九八年(慶長三)刊行されたもので。現存せるものの中所在の明らかなものは大英博物舘?所藏本、和蘭ライデン(Leiden)圖書館藏本、英國某貴族所藏の三本のみである。本書はあたかも節用集玉篇とを巧に分解綜合した様のものである。 

【參考】

* 「落葉集新村出 「国学院雑誌」第十六巻ノ七(南蠻記?・南蠻廣記?にも所収)

* 日本耶蘇會刊行書志? エルネスト・サトウ 三十五頁。

(亀田次郎国語学書目解題」)