言霊のしるベ

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

言霊のしるベ

言霊のしるベ 二巻三冊(未完)

 黒澤翁満著。上巻天保四年成稿。嘉永五年刊。中巻安政三年成稿。同年刊、上編一冊、中編二冊から成ってゐる、上編には活用及び呼應の法を、中編には初め活用係結假名遣について記し、後に四百余の手爾遠波五十音順に掲げてその語意?用法を説いてゐる。その活用に於いて從來中二段活?と稱してゐたものを上二段活?と改めた事 又加行及び佐行變格活?を三段活?と云ひ奈良二行の變格活?四段活に収めた事、假名遣に簡便なる類推記憶法を用ひて説いたのは本書が最初である事などは注意すべき點である。因に下編は五十音について述べる予定であった由であるが刊行を見ないで了った。

亀田次郎国語学書目解題」)