言靈妙用論

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

言靈妙用論

堀秀成

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/kokusyokaidai/k5/kokusyo_ko087.html

http://blog.livedoor.jp/bunkengaku/archives/50351404.html

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/syomokukaidai/ka/kaidai_ka130.html

言霊妙用論 二巻二冊

 慶應二年、堀秀成著。明治十年刊。元祿の頃契沖出でゝ古學復興を唱へて以來、古語の學啓け、諸學者輩出して古語古格は明かになったが、學界の大勢は次第に音義の學に進み、「雅語音聲考」の著者鈴木朖はその鼻祖であると云って音義説の由來を述べ、更に音義説の概要を記してゐる。特に注目すべき程の説はないが、その音義説概要は簡單平易に記して居るので便利である。

亀田次郎国語学書目解題」)