賀川豊彦

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

賀川豊彦

PDD図書館獨澄旻さん)の人名辞典(http://www.cnet-ta.ne.jp/p/pddlib/biography/frame.htm )旧版には次のようにあった。

かがわ とよひこ(1888. 7.10(明治21)〜1960. 4.23(昭和35))◇牧師・社会事業家。神戸で回漕店を営む父と芸者との間に生れる。1904(明治37)徳島中在学中に受洗。1907(明治40)明治学院神学部予科を卒業、神戸神学校に転校。1909(明治42)在学中から神戸の貧民街に住み伝道を始める。神学校を卒業後、米国のプリンストン大学・プリンストン神学校に留学。帰国後も貧民街にもどって伝道を続ける。1921(大正10)神戸三菱・川崎造船所の労働争議を指導などキリスト教的な社会主義運動を実践。太平洋戦争の開戦前、反戦論を唱えたという理由で憲兵隊に拘留された。戦後は東久邇(ヒガシクニ)内閣の参与、また社会党の結成に尽力。

* はてなダイアリーキーワード:賀川豊彦