日本語関係の目次・索引など このページをアンテナに追加 RSSフィード

ここには、日本語関係の書を、写すは楽しにそれ以外の書を置こうと思いますが、少しダブったり混じったりしています。
日付に意味は(殆んど)ありません。

2008-01-02

[]高橋康也編『遊びの百科全書言語遊戯』日本ブリタニカ 高橋康也編『遊びの百科全書1言語遊戯』日本ブリタニカ - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 高橋康也編『遊びの百科全書1言語遊戯』日本ブリタニカ - 日本語関係の目次・索引など 高橋康也編『遊びの百科全書1言語遊戯』日本ブリタニカ - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

1979.10.30

ことばという遊び 高橋康也

ジョイス語のドラウマ 大澤正佳

レッシングの言語遊戯 池内紀

秘教的言語遊戯 ウリボの場合 松島征

破れた咒文 高山宏 ルイス・キャロルの言語遊戯

新古今の周辺 吉田正俊

引率ト逢引 山口哲夫

言語遊戯アンソロジー

文字遊戯 馬場雄二

カリグラム

言語遊戯事典

 アクロスティック

 アクロスティック・パズル

 アディナタ

 アナグラム

 アブラカダブラ

 アルファベット

 アルファベットうた

 暗号

 韻

 隠喩

 えかきうた

 絵まじり文(判じ絵)

 オクシモロン

 折句

 音響詩

 絵画詩

 回文

 鏡文字

 掛詞・懸詞

 かぞえうた

 カタクレシス

 語りえぬもの

 カタログの詩

 カバン語

 カリグラム

 擬音語

 忌字法=リポグラム

 脚韻

 逆成

 逆接

 具体詩

 沓冠

 軛語法

 句読法

 クロスワード

 ケニング

 誇張

 さかさことば

 地口

 字謎

 ジャバウォッキー

 常套句

 呪文

 尻取り

 ジングル

 スクラッブル

 図形詩

 スプーナリズム

 造語

 ダブレット

 詰め言

 頭韻

 同義反復

 謎

 早口ことば

 パロディ

 ピッグ・ラテン

 ファトラジー

 物名

 分節詩

 ホモグラフ

 ホモフォーン

 マカロニ体

 魔方陣

 もじり

 八重襷

 リメリック

 ワード・サーチ・パズル

shltvjptshltvjpt2011/10/03 20:0412j8h1 <a href="http://ammsfuyfimjy.com/">ammsfuyfimjy</a>

jotkhecydjjotkhecydj2011/10/06 02:22RObelL , [url=http://aomsulyhodas.com/]aomsulyhodas[/url], [link=http://wrnvwsiwncbl.com/]wrnvwsiwncbl[/link], http://qhwzxrlzdbuk.com/

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20080102

2008-01-01

[]橘豊『書簡作法の研究』 橘豊『書簡作法の研究』 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 橘豊『書簡作法の研究』 - 日本語関係の目次・索引など 橘豊『書簡作法の研究』 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

目次

序 松村明

第一部 序説

 第一章 書簡作法とはなにか

  第一節 書簡とはなにか

   一 書簡の名稱

   二 書簡の特質

    文書

    對話性

   三 書簡機能

    實用的機能

    社交的機能

    鑑賞機能

  第二節 作法とはなにか

   一 作法について

   二 形式について

  第三節 書簡作法と國語學

 第二章 書簡作法研究の目的

  研究目的の設定

  國語教育と書簡作法

   國語教育の目的

   書簡作法を指導する意義

  國語表現法と書簡作法

 第三章 書簡作法研究の方法

  第一節・調査法

   一 調査の目的

   二 調査の方法

   三 調査の對象

   四 調査の實例

      調査目的

      調査對象

      調査方法

      集計

      集計資料の分析

  第二節 回想的記述における讀者中心の觀點

   歴史主義への疑問

   書簡作法研究における回想的眺望の意義

    書簡作法の通時的連續性

    現代の書簡作法の相獨性

   歴史社會的方法とその限界

   讀者中心の觀點

 第四章 書簡作法研究の資料

  調査資料の採集

  文獻資料

   一 書状

    文書としての書状書簡

    史書に引用された書状

    物語日記に現れた書状

    軍記物語に現れた書状

    書簡體小読に現れた書状

   二 書簡作法書


第二部 各種の書簡作法書

 第五章 書状法式集(一)室町時代までのもの

  第一節 弘安禮節以前のもの

    一 書儀・月儀

    二 公式令

    三 消息耳底秘抄

    四 書札禮

  第二節、弘安禮節以後のもの

    一 弘安禮節

    二 書札作法抄

    三 大舘常興書札抄

    四 書簡故實

 第六章 書状法式集(二)江戸時代のもの

  第一節 前代の型を踏襲するもの

    一 書禮口訣

    二 書札辨惑集

  第二節 初學文章書簡作法書

    一 初學文章

    二 女初學文章

    三 初學文章三種

  第三節 語彙集型書簡作法書

    一 書札重寶記

    二 世話用文章

  第四節 假名消息作法書

   一 國津文世々の跡

   二 消息文例

   三、消息案文

   四 雅俗要文

  第五節 綜合的文章作法書

   一 和簡禮經

   二 簡禮集

   三 簡禮記

  第六節 尺牘範例

   一 滄溟尺牘

   二 尺牘集要

   三 尺牘異瑞


 第七章 往來物.

  第一節 文例集型往來

   一 明衡往來

   二 貴嶺問答

   三 高山寺本古往來

  第二節 語彙集型往來

   一 消息詞

   二 雜筆往來

   三 新札往來

  第三節 折衷型往來

   一 和泉往來

   二 庭訓往來


 第八章 有職故實書その他

  第一節 有職故實書

    一 諸禮集

    二 貞丈雜記

  第二節 書法指南書

    一 麒麟抄

    二 玉章秘傳抄

  第三節 文典類

    一 下學集

    二 ロドリゲス 日本大文典


 第九章 近代の書簡作法書

  福澤諭吉 文字之教

  文部省 書牘

  若林虎三郎 小學讀本

  樋口一葉 通俗書簡文

  大町桂月 書翰文作法

  芳賀矢一 杉谷代水 書翰文講話及文範


第三部 書簡作法研究の諸問題

 第十章 語彙の歴史的研究と書簡作法

  第一節 書簡作法書は語誌研究の資料となり得る

  第二節 書簡作法に關する語誌研究


 第十一章 書簡作法と待遐表現

  第一節 書簡作法書と待遏表現

  第二節 書簡作法における待遇表現の特質

    一 言語以外の要素による待遐表現

    二 フォーマル指向の語彙

       問題の所在

       調査目的

       調査對象

       調査方法

       集計

       調査結果の分析

       フォーマル指向の語彙の持つ意義

       補足と反省


 第十二章 文論・文章論と書簡作法

  第一節 待遏表現は書簡文だけの特質か

  第二節 有主文と無主文


 第十三章 書簡作法の歴史

  第一節 書簡作法成立前史

  第二節 公家のための作法

  第三節 女房のための作法

  第四節 僧侶のための作法.

  第五節 武士のための作法

  第六節 農工商民のための作法

  第七節 右筆職のための作法

  第八節 町村民子弟のための作法

  第九節 國學者のための作法

  第十節 近代市民層のための作法

 結章

あとがき

著者既發表論文と本書との關聯

書簡作法年表

索引

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20080101

2007-12-31

瀬戸賢一『メタファー思考』講談社現代新書 瀬戸賢一『メタファー思考』講談社現代新書 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 瀬戸賢一『メタファー思考』講談社現代新書 - 日本語関係の目次・索引など 瀬戸賢一『メタファー思考』講談社現代新書 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

メタファー思考 (講談社現代新書)

メタファー思考 (講談社現代新書)

序章 メタファー発見

第一章 視覚のメタファー

 「見る」のメタファー

 「分かる」とは何か

 光と闇

第二章 空間のメタファー

 位置と運動

 人生は旅

 「道」のメタファー

第三章 メタファーと現代社会

 メタファーと心理

 メタファーと経済

 メタファーと科学

理論解説 メタファー早わかり

読書案内

vsqzrwlvsqzrwl2012/06/06 13:507niiNu , [url=http://euwabrsmzqvp.com/]euwabrsmzqvp[/url], [link=http://wmcoahtosdlm.com/]wmcoahtosdlm[/link], http://mgrptbztwomn.com/

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071231

2007-12-30

[]相川浩『話し度胸はこうしてつける』KKロングセラーズ 相川浩『話し度胸はこうしてつける』KKロングセラーズ - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 相川浩『話し度胸はこうしてつける』KKロングセラーズ - 日本語関係の目次・索引など 相川浩『話し度胸はこうしてつける』KKロングセラーズ - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

昭和61年6月1O日

平成4年6月1O日37版

(カバー袖)

NHKアナウンサー

話し下手ほど魅力的な話し手になれる

恐怖心はこうして吹きとばせ

もっと自由に、もっと気楽に話ができる

あなたらしさが人の心をグッとつかむ

 ふるさと言葉は武器になる

  標準語は"理性語"なのだ

  胸を張って話すふるさと言葉が人気のマトに

  豊かな話し方への第一歩

とっさの時でも堂々と話せるこの秘密

もうあなたは自信をもって話ができる

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071230

2007-12-29

[]酒井広『話し上手になる本』日東書院 酒井広『話し上手になる本』日東書院 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 酒井広『話し上手になる本』日東書院 - 日本語関係の目次・索引など 酒井広『話し上手になる本』日東書院 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

話し上手になる本―話し方の基本とマナー

話し上手になる本―話し方の基本とマナー

1997年4月1日(カバー袖)

NHKアナウンサー

話し方の基本とマナー

人に好かれる話し方

敬語についての知識

話材の集め方

じょうずな聞き方をするために

説得する力を身につけるために

話し合いをスムーズにするために

人前での話し方

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071229