日本語関係の目次・索引など このページをアンテナに追加 RSSフィード

ここには、日本語関係の書を、写すは楽しにそれ以外の書を置こうと思いますが、少しダブったり混じったりしています。
日付に意味は(殆んど)ありません。

2005-10-12

山田孝雄国語の中に於ける漢語の研究』宝文館 山田孝雄『国語の中に於ける漢語の研究』宝文館 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 山田孝雄『国語の中に於ける漢語の研究』宝文館 - 日本語関係の目次・索引など 山田孝雄『国語の中に於ける漢語の研究』宝文館 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

ASIN:B000JB6ICY

ASIN:B000J98XWY

ASIN:483201434X

ASIN:B000JATPDO


      國語の中に於ける漢語の研究 目次

第一章 序説

 一 國語の中に於ける漢語の量の概觀

 二 外來語としての漢語の位地の概觀

 三 研究の範園と目的

第二章 漢語の傳來とその國語に入れる状態の史的概觀及び研究の方針

第三章 本來の漢語と認むべきものの範圍

第四章 漢語の特色

第五章 漢語の形態の觀察

 一 漢宇の昔の觀察

  イ 韻鏡の略説

  ロ 呉音と漢音

  ハ 古音

  ニ 唐音

  ホ 本邦慣用の音

 二 組織上よりの觀察

  イ 一字の漢語

  ロ 二字の漢語

  ハ 三字の漢語

  ニ 四字以上の漢語

第六章 源流の觀察

 一 事項の方面よりの觀察

 二 流入の手續よりの觀察

  イ 直接又は間接の交通輸入によるもの

  ロ 漢學より傳はりたるもの

  ハ 佛敏の書より傳はりたるもの

  二 洋學の飜譯より生じたる漢語

第七章 漢語國語の内に入れる状態

 一 その形のまゝ取り入れたるもの

 二 形體の變化を與へて取り入れたるもの

 三 漢語が如何なる性質のものとして取扱はるゝか

 四 漢語國語の内に侵入せる區域と侵入を許さざる區域

第八章 漢語の影響によりて起りたる國語の種々の状態

 一 音韻組織に及ぼせる影響

 二 造語法に及ぼせる影響

  イ 漢語より生じたる日本語

  ロ 日本製の漢語

  ハ 和漢雜糅の語

 三 語法に及ぼせる影響

第九章 結論