日本語関係の目次・索引など このページをアンテナに追加 RSSフィード

ここには、日本語関係の書を、写すは楽しにそれ以外の書を置こうと思いますが、少しダブったり混じったりしています。
日付に意味は(殆んど)ありません。

2005-11-15

遠藤織枝『気になる言葉-日本語再検討-』叢書・ことばの世界 遠藤織枝『気になる言葉-日本語再検討-』叢書・ことばの世界  - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 遠藤織枝『気になる言葉-日本語再検討-』叢書・ことばの世界  - 日本語関係の目次・索引など 遠藤織枝『気になる言葉-日本語再検討-』叢書・ことばの世界  - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

一九八七年五月二十三日 南雲堂

ISBN:452326130X

はしがき

配偶者の呼び方

 1 夫の呼び方─「主人」をめぐる論議

  妻から夫を

  「主人」をめぐる論議

  いつから「主人」か

  辞書の中の「主人」

  新聞の中の「主人」と「夫」 

  「主人」は符号か

  相手の配偶者の呼び方

  「主人」を見直す時期か

 2 妻の呼び方─「家内」という言葉

  いつから「家内」か

  夫から妻を呼ぶ呼び方

  現在の状況

  基礎になる語は「妻」

母父・女男と「さん・氏・女史」考

 1 母父と女男

  「父母」と「母父」

  「男女」と「女男」

  「めおと」と「夫婦」

  雌雄

  ことばの並べ方をもっと柔軟に考えてみたい

 2 「さん・氏・女史」考 盟

   姓名・氏名に官職名などをつける場合

  さん・氏・女史

  辞書の「さん」と「氏」

  新聞の「さん」と「氏」

  「さん」と「女史」

何げなく使っているけれど

 1 じゃぱゆきさん

 2 未亡人

 3 女房役

移りかわる用法

 1 「それだのに」から「それなのに」へ 

  文法書・辞書によると

  教科書新聞では

  だ系とな系

  野上作品でみる移行

  「だのに」と「なのに」

 2 接尾語「さ」の現在 

  タルト活用形容動詞の場合

  外来語の場合

  「馬鹿さ加減」について

  「さ形」の使いすぎ

  「~なすぎる」「~なさすぎる」

参考文献

索引

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20051115