日本語関係の目次・索引など このページをアンテナに追加 RSSフィード

ここには、日本語関係の書を、写すは楽しにそれ以外の書を置こうと思いますが、少しダブったり混じったりしています。
日付に意味は(殆んど)ありません。

2006-01-03

渡部昇一『渡部昇一の「日本語のこころ」』 渡部昇一『渡部昇一の「日本語のこころ」』 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 渡部昇一『渡部昇一の「日本語のこころ」』 - 日本語関係の目次・索引など 渡部昇一『渡部昇一の「日本語のこころ」』 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

2003年12月12日 発行所 ワック株式会社 ISBN:4898315194

新版まえがき

序章 日本語の核心にあるもの

  ─「祝日の歌」と大和言葉

 四大節の歌と日本語

 一月一日と紀元節の歌

 天長節、明治節の歌と国歌

 核心部にある大和言葉

第1章 大和言葉こそ日本語の源

  ─外来語漢語と何が違うか

 大和言葉とは何か

 漢語主体の歌の心情

 大和言葉主体の歌の心情

 外来語が外来思想を運ぶ

 魂のふるさととしての大和言葉

 名句は大和言葉から成る

 大和言葉の世界と漢語の世界

 漢語を用いる効用

 片かな外来語の異化効果

 蕪村・芭蕉円朝と大和言葉

 茂吉のグレイトネスの淵源

 「新しい皮袋」説の浅薄

 現代俳句は外来の語彙から腐る

 山頭火の国民詩人たる由縁

第2章 和歌の前に貧富貴賤女卑なし

  ─万葉集の思想と大和魂の本質

 「和歌の前に平等」の原理

 和歌三神のバランス

 和歌の前では性差別も消滅

 和歌の起源と古代日本人の言語意識

 皇子と火焼老人の交歓

 神武天皇の歌と言霊の思想

 大和魂の本源は求婚歌だ

 男女の愛で国がはじまる

 言葉自体に霊力がある国

 「言挙げせぬ国」の起源

 「伝達の手段」を超えるもの

 なぜ表現が短縮されるか

 舒明天皇とシェイクスピアの違いの根源

第3章 文化大輸入時代の和歌と言霊

  ─尚古にして発展の真髄

 重要なのは万葉集古今集の連続性

 外国文化輸入の例、鴎外と茂吉

 漢語漢籍大流入時代の古今集の意義

 大和言葉の普遍性

 古今集序文、平安朝日本人のこころばえ

 「鬼神をもあはれと思はせ」る言霊

 注目すべきは尚古にして発展の相

 なぜ帰化人・王仁が「歌の父」か

 侍女が「歌の母」となった平等感覚

 名歌となる条件とは何か

 「和歌の徳」という観念の広がり

 昇進を助けた和歌の徳

 貫之に引き継がれた言霊信仰

 「鬼神」や「天地」を動かす

 頼朝が焼き付けた「和歌の徳」

 「古今伝授」と細川幽斎のドラマ

 壬生忠岑言霊的伝説

 縁起かつぎの原型

 曾根好忠に見る「差別と平等」

 和歌における革新とは何か

第4章 漢語混入で変わった日本語の原理

  ─外来語受容にみる英・独・仏語との比較

 源氏物語の特殊な難解さとは

 ノーマン・コンクェストの甚大な影響

 ゲルマン語とラテン語はいかに混合したか

 外来語混淆のパタン

 英文学史と日本文学史の相似性

 難解さの主因は語彙の代替

 古英語と同質、大和言葉の根の張り方

 漢語の混入で日本語の原理が変わった

 フィヒテの「生ける言語」と「死せる言語

 国語の感性的部分と超感性的部分

 言語の前の不平等

 カントの哲学用語は難解か

 何が知的英文と感性的英文を分けるか

 海を謳う詩の言語

 スチーブンソンと三島由紀夫の辞世

 余論/海の記憶・日本人とゲルマン人

第5章 精神的資産としての日本語 拓

 ─国語教育と外国語教育の役割

 桜に感動する日本人

 母国語の蓄積効果

 国語は世界観である

 「精神的私有財産」としての近親関係語

 日本語のタテ糸を追放した国語教育

 「精神的私有財産」の継承を

 外国語教育は知性の練磨である

 外国語教育と国語教育の真の意義

 装幀/加藤俊二(プラス・アルファ)

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20060103