日本語関係の目次・索引など このページをアンテナに追加 RSSフィード

ここには、日本語関係の書を、写すは楽しにそれ以外の書を置こうと思いますが、少しダブったり混じったりしています。
日付に意味は(殆んど)ありません。

2006-04-04

明治前期学術雑誌論文記事集成』ゆまに書房 『明治前期学術雑誌論文記事集成』ゆまに書房 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『明治前期学術雑誌論文記事集成』ゆまに書房 - 日本語関係の目次・索引など 『明治前期学術雑誌論文記事集成』ゆまに書房 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

 第30巻 言語(1)ISBN:4896681797

国文の性質並沿革     小中村清矩

雄弁論    エマーソン?

思ふに人の言語弁論の勢力

日本普通文字は将来如何になり行くか

             川田剛

雄弁習はざるべからず

簡短冗長の利害

言語の変遷    堀秀成

言語の変遷(第一回)    渡辺真楫?

  同(第二回)  同

祖谷の古言         小杉榲邨

婆加の方言         菊池長閑?

羅馬字を以て日本語を綴るの説

   (第一回)     矢田部良吉

  同(第二回)    同

かしの考         福住正兄

仮名紀伝議といへるもの   飯田武郷

羅馬字を以て日本語を綴るの説

   (第一回)      イービー?

羅馬字を以て日本語を綴るの説

   (第二回)      イービー?

文章論        小中村清矩

木綿また綿等の考      吉村春樹?

神字日文再考緒論      高橋吾良?

かいつの考        三浦千春?

土佐のことば        浜田男麿?

用の字の活用        木村正辞

為すと活用する詞の考   逸見仲三郎?

甲斐方言(第一回)     清水正健

 同(第二回) 同

 同(第三回)  同

はうとうの考        三浦千春?

本邦語源考         物集高見

本邦語源考         堀秀成

本邦語源考         宝田通文?

事物名義考         堀秀成

事物名義考         物集高見

言語正訛弁         堀秀成

言語正訛弁         鷲見中心?

言語変遷並正訛弁      物集高見

はうとう考補遺       小杉榲邨

新製拗音仮字        富只謹?

言語変遷並に正訛弁     森三渓?

言語正訛弁         渡辺真楫?

文字改革の説

語源考        [甕川匡邦

言語正訛弁 いちは考    渡辺真楫?

拗音の説          尾崎卯一?

外来語原考(第一回)    大槻文彦

 同  (第二回)     同

 同  (第三回)     同

漢字を廃すべし(第一回)  外山正一

 同(第二回)同

 同(第三回)同

仮名軍の猛将をして一驚を喫せしむ         三宅ゆう?

三宅氏の文を読みて百驚を喫したり         外山正一

謹で仮名の会員諸子に謀る  鈴木辰海?

漢字を廃し英語を熾に興すは今日の急務なり              外山正一

羅馬字を主張する者に告ぐ  外山正一


 第31巻 言語(2)ISBN:4896681800

蝦夷日本語との関係如何

  (第一回)      三宅米吉

 同(第二回)     同

諸書抜萃(第一回)    亭々堂痴史

 同(第二回)  同

国語の利害を論す     迂黙斎

本邦語源考(第一回)   浜田健次郎

 同 (第二回) 同

 同 (第三回) 同

 同 (第四回) 同

日本文字の論(第一回)   平岩恒保

 同(第二回) 同

台湾語解          渡辺洪基

日本神字論を読で言上を   高橋吾良

日本傍聴筆記法のはなし   源 綱紀

高橋先生日本文字論批評に答謝す       平岩恒保

羅馬字会書き方の理由

訳文原語を存すべし     内藤耻叟

羅馬字意見        田中舘愛橘

矢田部良吉氏の説を駁したる書簡        氏家鹿三郎

羅馬字会と仮名の会     植村正久

神字有無論       チャンブレン

伯耆国東部方言一斑    宮脇千代

支那語読法の改良を望む チャンブレン

古代文字考(第一回)    神谷由道

  同(第二回)  同

方言取調の主意

安房方言歌       岡村増太郎

羅馬字に関する意見    フルベッキ

速記法と日本の能弁

増補ウェブストル氏大辞典

平文氏著語林集成     矢田部良吉

日本文章論の評

方言歌    岡村増太郎

やし符帳言葉       岡村増太郎

琉球ミヤコ島の文字   坪井正五郎

古今将来日本言語並文字論

   (第一回)      高橋吾郎

古今将来日本言語並文字論

   (第二回)      高橋吾郎

一切文書に用ふる地名人名物名     

方言歌に付き岡君に質す   和田万吉 

函館方言          佐藤重記 

書き方改良会             

文章の妙用        松山高吉 

横書便利の説       宮尾擡太郎

英仏曼国の語学            

言語哲学          在一居士 

甲斐方言          吉田 時 

佐渡方言          大川通久 

北海道諸地方より出でたる古器物に在るる異躰文字         坪井正五郎 

伊豆御蔵島方言及び盆歌   栗本俊吉

アイノ及び北海道古代文字 荘司平吉

外国の地名を書くに漢字を用ふるの不便を再び言ふ    本郷

信濃盆歌        菊地松太郎

ISBN:4896681819 行方不明

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20060404