日本語関係の目次・索引など このページをアンテナに追加 RSSフィード

ここには、日本語関係の書を、写すは楽しにそれ以外の書を置こうと思いますが、少しダブったり混じったりしています。
日付に意味は(殆んど)ありません。

2007-03-31池田弥三郎『郷愁の日本語―市井のくらし』あかね書房

池田弥三郎『郷愁の日本語―市井のくらし』あかね書房 池田弥三郎『郷愁の日本語―市井のくらし』あかね書房 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 池田弥三郎『郷愁の日本語―市井のくらし』あかね書房 - 日本語関係の目次・索引など 池田弥三郎『郷愁の日本語―市井のくらし』あかね書房 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

ASIN:B000J8473E

I ことばの推移

 ことばの推移 

 消えていくことば

  やま

  ハイカラ

  ペンペン

  イチコロ

  イッソウ

  円タク

  ゆううつ

  窓ガラス・旅ガラス

  あばよ

  こぞ

  おしょさん

  店じまい

  消えていく漢語

  足切り

  冥利がわるい ぴったし

  左右とみぎひだり

  はく・びやく

  なあんてね

  うい・はつ・しょ

  タッチならず

  異人さん

  もの書き

  持たれる

  アクセントと意味

  偶然の洒落

 言い方の反省

 わしとしたことが

 ハンケチ考 

 懺悔のたね・追記

 銀ブラ考 

 日本語の過現未

II わたしの周辺

 庶民文化の担い手―わたしの父

 銀座の怪異譚

 異説「瘠我慢の説」 

 夏の食―母の想い出から

 わたしの母

 古峰様のこと

 芸ごと―一中節を中心に

 茶のみ話

 誕生日

 わが家・わが店

 しゃぼんの思い出

 数とわたし

  数量オンチ

  数の実感

  くらしの中の数字

  千という数

 読書歴

  ひと、本に会う

  青春の一冊の本

  読書の半世紀

  わたしの書歴

III 自分の歴史

 「歴史」で説いてはくれないこと

 民衆のいき卯

 流行と不易

 男の美のあるところ

 男のファッション・にしひがし

 男のおしゃれ考

 日本の女の心

  そのことばについて

  もったいないということ

  おけいこごと

  花のいのち

  一枚の紙

  つきあい

  だんらん

 現代美人の条件

 美人画と女優卿

 

IV 世相十年

 失なわれた目的

 平凡に気がつく

 おふくろの味の欺瞞

 しつけのしつけ

 紺屋《こうや》の白ばかま

 あきらめてはいるけれども

 むだばなし

 小さい不愉快なこと

 ささいなこと

 快不快の相剋点

 耳の文化・目の文化

 不信感―私のマスコミ観

 邦楽界の悪習

あとがき

装幀 巖谷純介

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070331