日本語関係の目次・索引など このページをアンテナに追加 RSSフィード

ここには、日本語関係の書を、写すは楽しにそれ以外の書を置こうと思いますが、少しダブったり混じったりしています。
日付に意味は(殆んど)ありません。

2007-05-10

中田祝夫日本語の世界4日本の漢字』中央公論社 中田祝夫『日本語の世界4日本の漢字』中央公論社 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 中田祝夫『日本語の世界4日本の漢字』中央公論社 - 日本語関係の目次・索引など 中田祝夫『日本語の世界4日本の漢字』中央公論社 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

1982.6.20

ISBN:4124017243

はしがき

第一章 漢字の効用

 一 日本語の文節と漢字

     漢字は語の識別に役立ち、文節の目印となる

  古写本に見える朱筆の文節点

  『四河入海』の文節点

  文節点の効用

  漢字の二効用

 二 文節の目印を数える

     延慶本『平家物語』から『蒼い時』『朝日新聞』社説まで

  漢字と仮名より見た文節構成

  蘇東披詩講義ノートの文節調査

  延慶本『平家物語』の文節調査

  応永二十七年本『論語抄』の文節調査

  『学問のすすめ』の文節調査

  『坊っちゃん』の文節調査

  憲法前文の文節調査

  『蒼い時』の文節調査

  『朝日新聞』社説の文節調査

  漢字文節(A型)の巨視的観察

 三 易しく書けば難しくなる 

     仮名専用と日本語のローマ字書き

  仮名専用文の難しさ

  仮名専用文の欠点

  漢字仮名交り文の有利さ

  ローマ字文の欠点

 四 漢字の造語力

  問題の所在点─現在と将来の造語に関して

  武士用語中の和語-鷹詞

  弓の部分名

  武者言葉中の和語

  武術用語中の和語

  兵法用語中の漢語

  職官名称中の和語

  競技術語の和語と漢字音語

  和語の複合語の構成

  和語による名称とその欠点

  漢字音語命名の長所

  漢字による造語の本質

  漢字音語の品詞

  近ごろの漢字造語

  漢字造語と欧米語の片仮名書き

  日本語と欧米語の音韻

第二章 日本の漢字

 一 漢字ということ 85

  「漢字」という語の定義

  古文献に見える「漢字」という語

  上代・中古の漢字を表わす言葉

  漢字は日本の文字

 二 日本における漢字の変容

  源順の仮字観

  『言海』の日本的漢字の説

  相撲番付から見た「日本の漢字」「若」「舛」「栃」

  「栃」字の起源と変遷

  「杤」から「栃」へ

第三章 「日本の漢字」の歩み

 一 『訓』の起源と発達 叩

  中国の「訓」と日本の『訓』

  漢文の『訓読

  『訓』と『訓読』の起源

  『古事記』における『訓』

  推古時代・白鳳期の遺文中の『訓』

  上古考古品の銘文中の『訓』と『訓読

 二 『古事記』は漢文の『訓読』を利用して書かれている 向

  『古事記』の上表文と用字法

  『古事記』における仮名書きと漢文書き

  候文による類推から

  『古事記』の中の『訓』『訓読』を用いない箇所

  法隆寺金堂薬師仏造像銘について

  漢文訓読は推古時代まで潮れる

 三 漢文訓読は平安時代から始まったのではない 吻

  平安時代初期の訓点本資料

  訓点を記入しなくても漢文は訓めたか

  漢文訓読についての付記

 四 「漢字仮名交り文」ができるまで 商

  はじめの説、言葉の定義

  「漢字仮名交り文」の起源をさぐる

  平安時代の「漢字交り文」;『土佐日記』からの報告

  平安時代の平仮名書き歌文と「漢字交り文」

  「漢字交り文」の歴史

  「片仮名交り文」とその起源・発展

  平安時代の「片仮名交り文」の資料

  「片仮名交り文」と説話文学

  「漢字仮名交り文」の成立

  漢字専用文

  漢字専用文から来た字音

  真名本

 五 漢字を失った漢語 吻

  ショイ入荷

  漢字の意味が理解できない場合

  せい

  しょっちゅう

  ふんだん

  せっせ

  けたい・けったい

  ずつない

 六 字面を変えた漢語

  がんじょう

  けんまく─「険悪」から「剣幕」「権幕」へ

  とんちゃく─「貪着」から「頓着」へ

  のんき──「暖気」から「暢気」「呑気」へ

  ようしゃ─「用捨」から「容赦」へ

  りょうけん─「料簡」から「了簡」「了見」「量見」へ

第四章 「曰」と「云」との用法区別

    「日本の漢字」の異字同訓論の一つ

  はじめに

  中国古典に見える「日」「云」の用法区別

  「詩曰」の箇所にある共通項

  『中庸』の中の「曰」「云」の用法区別

  『論語』の「曰」と「云」

  日本における「曰」「云」の使い分け─『和名類聚抄』と『吾妻鏡』

  記・紀二典の「日」「云」の用法区別

第五章 日本の漢字

 一 漢字音と日本語

  音と訓

  漢字漢字

  日本の場合

  漢語の占める位置

  漢字音と和語の音

  中国語音の影響

 二 日本漢字音の特徴 

  日本語音への融和

  音節構造の破壊

  鼻音韻

  唇内入声

  喉内入声の書き分け

  舌内入声の解釈

  舌内入声の表記原理

  仮名表記の変化

  変化の意味

  頭子音(声母)の体系

  韻母の統合

  介母の受け止め方

  声調の放棄

  不規則な対応

  類推音

  日本語音韻変化による変形

  字音仮名遣

 三 日本漢字音の重層性

  複層的な伝承

  上古音の反映

  呉音系の字音

  呉音系字音の混質性

  漢音系の字音

  呉音系字音と漢音系字音の特徴

  唐音系の字音

補注

参考文献

あとがき

索引

第一章-第四章 中田祝夫

第五章 林史典

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070510