日本語関係の目次・索引など このページをアンテナに追加 RSSフィード

ここには、日本語関係の書を、写すは楽しにそれ以外の書を置こうと思いますが、少しダブったり混じったりしています。
日付に意味は(殆んど)ありません。

2007-05-13

『講座国語史国語史総論』大修館書店 『講座国語史1国語史総論』大修館書店 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『講座国語史1国語史総論』大修館書店 - 日本語関係の目次・索引など 『講座国語史1国語史総論』大修館書店 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

ASIN:B000J8V7IM

第一章 日本語の成立 村山七郎

   はじめに

 一 言語年代学と系統論

 二 混合言語は存在しうるか

 三 原始日本語から古代日本語への過渡期における語形および意味の変化

 四 ウラルアルタイ説と日本語

 五 日本語におけるアルタイ的要素

 六 アルタイ諸語の音韻構成

 七 日本語と朝鮮語

 八 日本語とアイヌ語

  (1) 動詞の否定の形式における類似

  (2) 否定詞と疑問詞とが同一であること

  (3) 相互の借用

 九 日本語における南島語的要素

 十 南島基語・旧本語比較資料

 (追記)


第二章 国語史方言 金田一春彦

 一 理論篇

  1 方言の歴史とは

   (1) 柳田翁の見方に異論あり

   (2) 地域による変化の段階の相違

   (3) 方言は古いものを保存するか

   (4) 方言の変化はしばしば戻りまた跳躍する

  2 二種類の方言の禁止の研究法

   (1) 方言の歴史の二種類

   (2) 地域言語史の研究

   (3) 方言系統の研究

   (4) 比較方言学による国語史の研究の例(一)

   (5) 比較方言学による国語史の研究の例(二)

  3 方言国語史研究

   (1) 失われた過去の言語の姿を方言から知る

   (2) 方言により語源を考える

   (3) 方言により古典の新しい解釈を求める

   (4) 後篇のために

 二 資料篇

  1 方言に残存する音韻の例

   (1) 拍の性格について

   (2) 母音について

   (3) 子音について

   (4) 拗音の拍および特殊の拍について

   (5) 連続した拍について

   (6) アクセント

  2 方言に残存する前代の文法

   (1) 構文論の問題について

   (2) 名詞につく助詞の類について

   (3) 動詞活用について

   (4) 動詞活用形とそれにつく助動詞の類について

   (5) 形容詞について

   (6) 敬譲表現のいろいろ

  3 方言に残存する前代の語彙

   (1) 天体・気象関係の語彙

   (2) 時間・地理関係の語彙

   (3) 植物関係

   (4) 動物関物

   (5) 人体と生理

   (6) 人間関係


第三章 国語史の時代区分          阪倉篤義

 一 時代区分と方言区画

 二 時代区分の方法

 三 時代区分と資料の意味

 四 時代区分の実際


第四章 国語史研究史     馬淵和夫

 一 明治以前の国語史研究

  1 国語史研究史とは何か

  2 古語の意識から注釈語学へ

   (1) 『古事記』における古語意識

   (2) 『日本書紀』『風土記』に見える古語

   (3) 『古語拾遺』

   (4) 古語の意識から注釈語学へ

   (5) 『釈日本紀

  3 韻学より音韻研究へ

   (1) 安然悉曇

   (2) 明覚『悉曇要决』

   (3) 中世以降の韻字

  4 古典校刊よりかなづかい研究へ

   (1) 漢籍・仏典の枝刊

   (2) 和書の書写校勘

   (3) 定家かなつかい

   (4) 行阿仮名文字遣

   (5) 成俊の交和二年書写万葉集跋文

   (6) 契沖の歴史的かなつかい

   (7) 歴史的かなつかい研究の進展

   (8) 賀茂真淵の『語意考

   (9) 本居宣長のかつなかい研究

   (10) 石塚竜麿の『仮字遣奥山路

   (11) 『古言衣延弁

   (12) かなつかい研究より音韻研究へ

  5 作歌・作句より文法研究へ

   (1) 歌学における語学的方法で

   (2) 『手尓葉大概抄』

   (3) 『姉小路式』より哨春樹顕秘増抄』まで

   (4) 「てにをは」研究書より文法研究へ

   (5) 係り結びの認識

   (6) 文の統結

   (7) 富士谷成章国語史

   (8) 本居宣長国語史

 二 明治以後の国語史研究

  1 明治初年の国語研究

   (1) 文字の大衆化

   (2) 国字問題の勃興

   (3) 学枝教育に対応する国語政策

   (4) ヨーロッパ言語学の輸入

   (5) 外国人の日本語研究

   (6) 国語調査委員会とその活動

   (7) 大学研究室時代

  2 かなづかいの研究

   (1) 明治初年のかなづかい研究

   (2) 『仮名遣仮名字体沿革史料』および『疑問仮名遣

   (3) 「上代の文献に存する特殊な仮名遣

   (4) かなづかい研究の問題点

  3 音韻史研究

   (1) 字音研究

   (2) 大島正健

   (3) 大矢透

   (4) 満田新造

   (5) 上代語音の研究

   (6) 音韻組織の究明

   (7) 言語学との関連と国語系統論

   (8) 音韻研究より語構成・語法研究へ

   (9) 清濁の研究

   (10) アクセントの研究

  4 語意・語彙の研究

   (1) 辞書

   (2) 語彙

  5 文法

   (1) 史的文法研究の独立

   (2) 山田孝雄氏の文法

   (3) 口語法別記

   (4) 湯沢幸吉郎氏の研究

   (5) 昭和以降の文法史研究

  6 国語史料の拡大とそれによる研究領域の拡大

   (1) 国語史料の拡大

   (2) 訓点本の研究

   (3) キリシタン関係文献による研究

   (4) 『日仏辞典』『日萄辞書』の複製

   (5) ロドリゲス『日本文典』

   (6) その他の外国資料

   (7) 抄物の研究

   (8) 東国語の抄物

   (9) 抄物研究の見通し

  7 国語史の編述

   (1) 国語史の編述

   (2) 国語史への時枝提言

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070513