日本語関係の目次・索引など このページをアンテナに追加 RSSフィード

ここには、日本語関係の書を、写すは楽しにそれ以外の書を置こうと思いますが、少しダブったり混じったりしています。
日付に意味は(殆んど)ありません。

2007-05-15

『講座国語史語彙史』大修館書店 『講座国語史3語彙史』大修館書店 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『講座国語史3語彙史』大修館書店 - 日本語関係の目次・索引など 『講座国語史3語彙史』大修館書店 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント


第一章 語彙史の方法     阪倉篤義

 一 語彙語彙

 二 国語史としての語彙

 三 語誌から語彙史へ


第二章 古代の語彙I  井手至

 一 上代語と平安時代語

 二 上代語と史前日本語

 三 上代語と語彙資料の性格

 四 上代人の単位語意識

 五 上代人の語彙意識

 六 上代語の語彙量とその語形

 七 上代語の語彙品詞別、意味別の分布

 八 上代語の語彙の種々相

  1 外来語

  2 仮名書き語と正訓表記語

  3 歌語と散文語 訓読

  4 古語と新語 雅語俗語

  5 方言

  6 位相語

 九 上代語の語構成

  1 内的派生

  2 派生

  3 複合


第三章 古代の語彙II 浅見徹

 一 時代と資料

  1 概観

  2 語彙体系の復元

  3 資料と文体

   (1) 漢文

   (2) 訓読

   (3) 変体漢文

   (4) 和文

   (5) 和漢混淆丈.

  4 文体と語彙

 二 和文学作品の語彙

  1 和文の世界

   (1)かな文学と和語

   (2) 語の研究

   (3) 語彙の研究

  2 語彙の構造

   (1) 研究史

   (2) 語彙

   (3) 作品量

   (4) 語彙量と作品量

   (5) 品詞別分類

   (6) 品詞語彙量と文体

   (7) 作品間の共通語彙

   (8) 単独使用語彙

   (9) 基本語彙

   (10) 使用度数と延べ語数

   (11) 意味分類

  3 一つの試み

   (1) 作業方針

   (2) 意義分類

   (3) 語彙

   (4) 単独語彙と共通語彙

 三 語構成

  1 語構成

  2 複合語

 四 位相その他

  1 訓点

  2 漢語

  3 その他の問題


第四章 近代の語彙I   佐藤喜代治

 一 資料の概観

 二 「平家物語」の語彙

 三 仮名文の語彙 (一)和語

  1 仮名

  2 健寿御前目記

  3 弁内倦日記

  4 中務内侍日記

  5 とはずがたり

 四 仮名文の語彙 (二)漢語

 五 「中華若木詩抄」の語彙

  1 和語

  2 漢語

 六 「サントスの御作業」の語彙

  1 和語

  2 漢語

  3 外来語


第五章 近代の語彙II   島田勇雄

 一 学術用語

  1 本草学付名物学・博物学・物産学

   (1) 概説

   (2) 諸学の分科・変遷

    (1) 名物学

    (2) 博物学

    (3)物産学

   (3) 和名・方言等の術語

  2 仏教用語

   (1) 音義物

   (2) 翻訳

   (3) 用語集

   (4) 法数物

 二 特殊言語社会の語彙

  1 鷹詞

  2 女房詞と遊女言葉

   (1) 女房詞

   (2) 遊里語

  3 片言と隠語

   (1) 片言

   (2) 隠語

  4 士農工商とその用語.

   (1) 武家詞

   (2) 農家

   (3) 工業諸

   (4) 商業


第六章 現代の語彙   石綿敏雄

 一 現代語の用語-計量的な観点からl

   1 現代語の語彙の構造

   2 明治以後の量的変化

 二 漢語

   1 明治初期における漢語の急増加

   2 訳語としての漢語

   3 訳語の方法

   4 漢語の変遷

  三 外来語

   1 外国語乏外来語

   2 時代別にみた外来語

   3 専門語としての外来語

   4 外来語の普及度

   5 意味・語形の変化

 四 訳語と形式的借用

 五 用語の交替

  1 新語

  2 用語の交替

   (1) 明治中期

   (2) 明治末期

   (3) 昭和前期

   (4) 戦後

 六 現代用語の諸問題

  1 現代用語と国語問題

  2 言葉の地域差と年代差

  3 専門分野の用語

  4 これがらの用語

 第七章 辞書の歴史    吉田金彦

 一 辞書史の時代区分

 二 第一期(古代前期)の辞書

  1 この時代の中国辞書

   (1) 中国辞書史とわが国の辞書

   (2) 文字を中心とする辞書

   (3) 韻書と音義

   (4) 類書

  2 第一期のわが国の辞書

   (1) 新字

   (2) 辨色立成と楊氏漢語

   (3) 第一期の仏典音義

   (4) 篆隷万象名義

   (5) 秘府略

   (6) 東宮切韻

   (7) 新撰字鏡

 三 第二期(古代後期)の辞書

  1 倭名類聚抄

   (1) 著者と成立年代

   (2) 十巻本と二十巻本とは何れが先か

   (3) 分類と書名の所依

   (4) 成立の背景

   (5) 允亮抄と幼学指南抄

   (6) 薬物辞書のいろいろ

  2 韻と字書

   (1) 倭注切韻

   (2) 詩苑韻集

   (3) 季綱切韻

   (4) 和訓本玉扁の発達

  3 仏典音義の各種

   (1) 法華経釈文

   (2) 法華経単字その他

  4 類聚名義抄

   (1) 原本系の名義抄

   (2) 広益本系の名義抄

 5 歌学辞書と色葉字類抄

   (1) 和歌辞書の発達

   (2) 色葉字類抄

 四 第三期(中世)の辞書

  1 字鏡と倭玉篇

  2 字鏡抄と字鏡集

  3 平他字類抄

  4 聚分韻略

  5 下学集

  6 節用集

  7 その他の辞書

  8 第三期における中国辞書

 五 第四期(近世)の辞書

  1 洋語対訳辞書の各種

  2 辞書の出版

  3 類書・百科事典の編纂

  4 その他の分類体辞書

  5 国語辞書の発達

  6 辞書の研究

  7 第四期における中国の辞書

 六 第五期(近代)の辞書

  1 対訳辞書の発展

  2 国語辞書の進歩

  3 漢和辞書の主なもの

  4 普通百科辞典の流行

索引

 事項索引

 語彙索引

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070515