日本語関係の目次・索引など このページをアンテナに追加 RSSフィード

ここには、日本語関係の書を、写すは楽しにそれ以外の書を置こうと思いますが、少しダブったり混じったりしています。
日付に意味は(殆んど)ありません。

2007-06-30

研究資料日本文法第10巻 研究資料日本文法第10巻 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 研究資料日本文法第10巻 - 日本語関係の目次・索引など 研究資料日本文法第10巻 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

     目次

1 修辞と文法         林巨樹

  一 修辞と文法

  ニ レトリーカ

  三 修辞法大要

  四 文法からの逸脱

  五 文法論と修辞

  六 語彙論と修辞


2 和歌・俳句の修辞             甲斐睦朗

  一 問題提起

  二 「修辞」研究史

  三 和歌の修辞

    知識としての和歌の修辞

    理論化をめざす和歌の修辞

    解釈から見た和歌の修辞

  四 俳句の修辞

  五 結びに代えて


3 道行文とその修辞               井手至

  一 「道行」と土地讃美の意義

  二 道行文の源流-上代韻文の道行文

  三 道行文の修辞-院政・鎌倉時代の道行文

  四 室町時代の道行文

  五 近世の道行文ー結び


4謡曲の修辞          蜂谷清人

  一 はじめに

  二 能の台本としての謡曲

  三 古歌・古詩の引用

  四 名所・歌枕-例の名にし負う

  五 序訶・掛詞・縁語など

  六 おわりに


5 往来物・書簡文の修辞           橘豊

  一 往来物の修辞

    月次に配列する叙述法  語彙集型の叙述  目釣別に分類する叙述法

     候文と雅文との区別

  二 書簡文の修辞

     書簡文形式  無心の手紙  書簡体の小説


6明治の美文          進藤咲子

  一 落合直文の新国文

  二 『美文韻文花紅葉』など

  三 美文作法書など

  四 修辞学書と美文


7 普通体と丁寧体               加藤彰彦

  一 はじめに

  二 ござる・であります体

  三 普通文

  四 だ体

  五 です・ます体

  六 である体


8 現代文の修辞            中村明

 一 配列

 二 反復

 三 付加

 四 省略

 五 間接

 六 置換

 七 多重

 八 摩擦


9 漢文脈と和文脈                松原純一

 一 和漢混淆について

 二 和漢混淆の華『平家物語

   『平家物語』の語法の三要素

   『平家物語』に含まれる漢文脈の由来

   『平家物語』に含まれる和文脈の由来

   『平家物語』に含まれる記録体の由来

 三 その他の中世の和漢混淆について

   『方丈記』について

   『徒然草』について

 四 近世の和漢混淆について

   近世の文学

   儒学の興隆

   国学の興隆

 五 近代の和漢混淆について

   明治前半の文語

   近代及び現代の口語文


10 近代以前修辞法研究の歴史           猿田知之

  一 はじめに

  二 上代の修辞法研究

   推古朝までの修辞

   天武期以降の修辞

  三 中古の修辞法研究

   漢文修辞法研究

   和文修辞法研究

  四 中世の修辞法研究

   漢文修辞法研究

   和文修辞法研究

  五 近世の修辞法研究

   漢文修辞法研究

   和文修辞法研究

  六 結びにかえて


資料I 近世までの修辞研究書抄              〔猿田知之〕

    文鏡秘府論(論対属)

    済北集(答藤丞相)

    禅儀外文集(序〉

    作文大体(雑筆大体)

    文筆問答抄(詩句法律事)

    操觚字訣(篇法)

    訓訳示蒙(抄)

    文論(抄)

    三のしるぺ(文のしるべ)

    筱舎漫筆(抄)


資料II 1 近代以降の修辞研究書抄            〔猿田知之〕

     修辞及華文

     新美辞学

     修辞学大要

    2 枕詞一覧        〔桜井靖久〕


資料III 修辞法関係文献一覧                〔猿田知之〕

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070630

2007-06-29

研究資料日本文法第9巻 研究資料日本文法第9巻 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 研究資料日本文法第9巻 - 日本語関係の目次・索引など 研究資料日本文法第9巻 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

          目   次


1 待遇表現        辻村敏樹

  一「待遇表現」とは

  二 戦前の待遇表現論

  三 戦後の待遇表現論


2 敬語法の分類            杉崎一雄

  一 はじめに

  二 分類基準の萌芽-江戸から明治へ

  三 いわゆる「三分類」を中心にーその考え方と問題点

    「敬意の性質」による三分類

    「敬意の対象」を加えた三分類

    「話題」への敬語と「聞き手」への敬語

  四 残された、ある問題

    「『素材』についての待遇」の考え方

    自己側をへりくだる諸語──丁重語──かしこまりの語法

    尊敬語の一用法と「かしこまりの語法」への位置づけ


3 体言敬語法            池上秋彦

  はじめに

  一 代名詞敬語法

     指示代名詞と再帰代名詞の場合  人称代名詞の場合

  二 名詞数詞に関わる敬語

     接頭語を添加する場合  接尾語を添加する場合


4 用言敬語法             近藤泰弘

  一 はじめに

  二 敬語の体系と分類

  三 古典語の状態性用言敬語

  四 敬語の定義再考

  五 授受動詞敬語体系

  六 移動動詞敬語体系

  七 丁寧語についての問題

  八 用言敬語法の本質

  付 敬語動詞一覧


5 てにをは敬語法             金水

   一 はじめに

   二 「ノ」「ガ」の尊卑

    文献に見る「ノ」「ガ」への言及

    古典語の状況

    方言の状況

   三 「ニ」について

   四 おわりに


6 敬語の諸問題             前田富祺

   一 はじめに

   二 敬語文法の問題か

   三 敬語語彙との関わり

   四 待遇表現をめぐって

   五 おわりに


7 敬語法の変遷           佐々木 峻

  はじめに

 一 上代の敬語法

 二 中古の敬語法

 三 中世の敬語法

 四 近世の敬語法

  おわりに


8外国語敬語             小泉保

  一 花嫁の教訓(直示系と敬語)

  ニ 「ホラ」(敬語のタイプ)

  三 貴様とおれとは同期の桜(語彙敬語)

  四 東と西(形態的敬語)

  五 モンスーン地帯と敬語(まとめ)


資料I 近世までの敬語研究書抄              〔猿田知之〕

    ロドリゲス日本大文典

    かたこと

    玉あられ

    消息文例

    山口栞

    舒言三転例


資料II 近代以降の敬語研究書抄             〔猿田知之〕

     実名敬避俗研究(乙 避称)

     場面と敬辞法との機能的関係について(全)

     これからの敬語(全)


資料III 敬語法関係研究文献一覧


資料IV 敬語法関係研究文献一覧               〔猿田知之〕

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070629

2007-06-28

研究資料日本文法 第8巻 研究資料日本文法 第8巻 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 研究資料日本文法 第8巻 - 日本語関係の目次・索引など 研究資料日本文法 第8巻 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

1 文の組み立て            林巨樹

  一 「文の組み立て」論の範囲

  二 構文論の展開

  三 文型の基本構成

  四 文脈の病理


2 文と語の間にある単位──文節・句・文素など    森野宗明

   はじめに

  一 文法学説と文法上の単位体

  二 山田文法の語と句・文

  三 橋本文法の文節

  四 文節に類するもの──文節の問題点

  五 時枝文法の句


3 文とは何か         高野繁男

  一 はじめに

  二 山田文法の句論

  三 松下文法の断句論

  四 橋本文法の文

  五 時枝文法の文論

  六 渡辺実氏の陳述論

  七 む す び


4 文構造の諸学説                林四郎

  一 大槻文彦広日本文典』の「文章篇」

  二 落合直文『日本大文典』の「文章」の論

  三 岡倉由三郎『新撰日本文典』の構文論

  四 山田孝雄の「合文」説

  五 山田文法の「格」の種類

  六 松下大三郎 『日本俗語文典』の構文論

  七 『改撰標準日本文法』の構文原理

  八 松下文法の「格」

  九 学校文法の文の成分

 一〇 時枝文法の入子型構造

 一一  時枝文法の「格」

 一二 林の構文観

 一三 一つの述語にかかる構文要素

 一四 連結と展開の扱い


5 主語・主題・提示語・総主語          宮地裕

   はじめに

 一 主語のない文・あいまいな文

  よびかけ文・わかれ文・詠嘆文・応答文

  判叙文・要求文

 二 提示語・総主

  提示語

  総主

 三 主題文の一面

  名詞述語

  「象は鼻が長い」「象は力が強い」「象は鼻の力が強い」


6 文章の展開         山口仲美

  一 はじめに

  二 池尾の禅珍内供の鼻の語

  三 今昔説話と芥川の「鼻」

  四 今昔説話の文章展開

  五 プロットと起承転結との関係

  六 短い説話と長い説話の文章展開

  七 日記の文章展開

  八 随筆の文章展開

  九 歌物語の文章展開

 一〇 物語の文章展開

 一一 説話の文章展開の源流

 一二 説話と昔話との差異

 一三 おわりに


7 変形文法・生成文法             奥津敬一郎

  一 はじめに

  二 言語とは何か

  三 文法の組織

  四 受身

  五 授受動詞

  六 自動詞文と他動詞

  七 おわりに


資料1 1 橘守部「三撰格」抄              鈴木一彦

    長歌撰格

    短歌撰格

    文章撰格

   2 近世以前の構文研究書抄             [飯田晴巳]

    八雲御抄

    手爾葉大概抄之抄

    国文世々ノ跡

    詞の玉緒

    詞通路

資料II 構文関係研究文献一覧               [飯田晴巳]

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070628

2007-06-27

研究資料日本文法第7巻 研究資料日本文法第7巻 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 研究資料日本文法第7巻 - 日本語関係の目次・索引など 研究資料日本文法第7巻 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

  助動詞総覧

1 断定・否定の助動詞   岩淵匡

  なり〈古典語〉

  たり〈古典語〉

  あり〈古典語〉

  だ 〈現代語

  じゃ(ぢゃ)〈現代語

  (で)ある〈現代語

  ず 〈古典語〉

  ざり〈古典語〉

  なふ〈古典語〉

  ない〈現代詰〉

  ぬ(ん)〈現代語


2 推量の助動詞    武田孝

  む(ん)〈古典語〉

  むず(んず)〈古典語〉

  らむ(らん)〈古典語〉

  けむ(けん)〈古典語〉

  めり〈古典語〉

  らし〈古典語〉

  べし〈古典語〉

  べらなり〈古典語〉

  まし〈古典語〉

  じ 〈古典語〉

  まじ〈古典語〉

  ましじ〈古典語〉

  なり〈古典語〉

  う 〈現代語

  よう〈現代語

  らしい〈現代語

  まい〈現代語


3 過去・完了の助動詞   岡本勲

  き 〈古典語〉

  けり〈古典語〉

  つ 〈古典語〉

  ぬ 〈古典語〉

  たり〈古典語〉

  り 〈古典語〉

  た 〈古典語・現代語

  なんだ〈古典語〉


4 敬譲の助動詞     川岸敬子

  たまふ(四段)〈古典語〉

  たまふ(下二段)〈古典語〉

  待り〈古典語〉

  候ふ〈古典語〉

  まらする〈古典語〉

  まする〈古典語〉

  やんす〈古典語〉

  やす〈古典語〉

  ます〈現代語

  です〈現代語

  ございます〈現代語


5 願望・比況・伝聞の助動詞  今西浩子

  まほし〈古典語〉

  たし〈古典語〉

  まうし〈古典語〉

  たい〈現代語

  たがる〈現代語

  ごとし〈古典語〉

  ごとくなり〈古典語〉

  やうなり〈古典語〉

  さうな〈古典語〉

  ようだ,〈現代語

  そうだ〈現代語

  なり〈古典語〉

  げな〈古典語〉

  そうだ〈現代語

6 自発受身可能・尊敬・使役助動詞  外山映次

  る 〈古典語〉

  らる〈古典語〉

  ゆ 〈古典語〉

  らゆ〈古典語〉

  れる〈現代語

  られる〈現代語

  すく古典語y

  さす〈古典語〉

  しむ〈古典語〉

  せる〈現代語

  させる〈現代語


  助詞総覧


1 格助詞  沖森卓也

  つ 〈古典語〉

  の 〈古典語〉

  が 〈古典語〉

  な 〈古典語〉

  を 〈古典語〉

  に 〈古典語〉

  へ 〈古典語〉

  と 〈古典語〉

  ゆ 〈古典語〉

  ゆり〈古典語〉

  よ 〈古典語〉

  より〈古典語〉

  から〈古典語〉

  にて〈古典語〉

  とて〈古典語〉

  して〈古典語〉

  もて〈古典語〉

  や 〈古典語〉

  い 〈古典語〉

  で 〈現代語


2 接続助詞   阿部八郎

  ば 〈古典語〉

  とも(古典語〉

  と 〈古典語〉

  ど〈古典語〉

  ども〈古典語〉

  いへども〈古典語〉

  が 〈古典語〉

  も 〈古典語〉

  ものから〈古典語〉

  ものゆゑ〈古典語〉

  ものの〈古典語〉

  ものを〈古典語〉

  に 〈古典語〉

  て 〈古典語〉

  さかひ〈古典語〉

  から〈古典語〉

  を 〈古典語〉

  して〈古典語〉

  で 〈古典語〉

  つつ〈古典語〉

  ても〈古典語〉

  や 〈古典語〉

  たり〈古典語〉

  ながら〈古典語〉

  し 〈古典語〉

  ば 〈現代語

  も 〈現代語

  て 〈現代語

  ても〈現代語

  が 〈現代語

  と 〈現代語

  ところが〈現代語

  ところで〈現代語

  どころか〈現代語

  けれども〈現代語

  から〈現代語

  ので〈現代語

  もの〈現代語

  もので〈現代語

  ものなら〈現代語

  ものの〈現代語

  に 〈現代語

  のに〈現代語

  し 〈現代語

  つつ〈現代語

  たり〈現代語

  ながら〈現代語

  や 〈現代語


3 副助詞 高瀬正一

  し 〈古典語〉

  しも〈古典語〉

  ぼかり〈古典語〉

  のみ〈古典語〉

  まで〈古典語〉

  など〈古典語〉

  だに〈古典語〉

  すら〈古典語〉

  そら〈古典語〉

  やらむ(やらん)〈古典語〉

  さへ〈古典語〉

  ばし〈古典語〉

  だけ〈現代語

  くらい(ぐらい)〈現代語

  ばかり〈現代語

  きり〈現代語

  ずつ〈現代語

  でも〈現代語

  しか〈現代語

  ほか〈現代語

  やら〈現代語

  ほど〈現代語

  なり〈現代語


4 係助詞  細川英雄

  そ(ぞ)〈古典語〉

  なむ(なん)〈古典語〉

  なも(古典語〉

  こそ〈古典

  や 〈古典語〉

  やは〈古典語〉

  やも〈古典語〉

  か 〈古典語〉

  かは〈古典語〉

  かも〈古典語〉

  も〈古典語〉

  は 〈古典語〉

  は 〈現代語

  も 〈現代語

  こそ〈現代語


5 終助詞間投助詞    小倉肇

  な−そ〈古典語〉

  な−〈古典語〉

  な2〈古典語〉

  な3〈古典語〉

  なむ(なん)〈古典語〉

  しか〈古典語〉

  てしかな〈古典語〉

  にしかな〈古典語〉

  もが〈古典語〉

  もがも〈古典語〉

  もがな〈古典語〉

  がな〈古典語〉

  ばや〈古典語〉

  か 〈古典語〉

  かも〈古典語〉

  かな〈古典語〉

  かし〈古典語〉

  も 〈古典語〉

  は 〈古典語〉

  に 〈古典語〉

  ね 〈古典語〉

  がね〈古典語〉

  がに〈古典語〉

  な・なあ〈現代語

  な 〈現代語

  い 〈現代語

  よ 〈現代語

  か 〈現代語

  とも〈現代語

  ぜ 〈現代語

  さ 〈現代語

  わ 〈現代語

  の 〈現代語

  ものか(もんか)〈現代語

  や 〈古典語〉

  よ 〈古典語〉

  を 〈古典語〉

  ゑ 〈古典語〉

  ろ 〈古典語〉

  ね・ねえ〈現代語


語彙項目一覧表

  江戸時代までの助動詞研究

  明治期の文法論と助動詞

  テニオハ研究小史

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070627

2007-06-26

研究資料日本文法 第6巻 研究資料日本文法 第6巻 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 研究資料日本文法 第6巻 - 日本語関係の目次・索引など 研究資料日本文法 第6巻 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

     目   次

1 助動詞の分類             竹内美智子

 一 はじめに

  資料および対象の限定

  助動詞の位置づけ

  助動詞の範囲

 二 助動詞の分類

  助動詞研究の趨勢

  これまでの助動詞の分類

 三 接続による分類の検討

  助動詞はどんな活用にでも接続するのか

  助動詞接続する活用形

 四 まとめ


2 近代以降の助動詞研究             白藤禮幸

  はじめに

 一 主要な文法論における助動詞

  大槻文彦

  山田孝雄

  松下大三郎

  橋本進吉

  松尾捨次郎

  時枝誠記

  補説

 二 助動詞研究書について

  『助動詞の研究』

  『現代語助詞助動詞──用例と実例──』

  『現代語助動詞の史的研究』

  『上代語助動詞の史的研究』

  『国語助動詞の研究──体系と歴史──』

  『日本語助動詞の研究』

  『助詞助動詞詳説』

 三 個別的研究

3 助動詞の諸問題               小松光三

 一 定義の問題

 二 意味の問題

 三 接続の問題

 四 承接の問題

 五 結語


4 方言助動詞」           真田信治

  はじめに

 一 断定

 二 打消

 三 過去・完了

 四 推量

 五 意志・勧誘

 六 伝聞・様態

 七 比況

 八 希望

 九 使役

 一〇 受身

 一一 可能・自然可能

 一二 尊敬・丁寧


5 助辞研究史         根来司

 一 助辞(てにをは)研究史の方法

 二 富士谷成章本居宣長以前のてにをは研究

 三 富士谷成章てにをは研究

 四 本居宣長てにをは研究

 五 東条義門てにをは研究


6 西洋文典と助辞              古田啓

 一 はじめに

 二 第I期の研究

  概観

  ロドリゲスの研究

  ロドリゲス以降

 三 第II期の研究

  概観

  ホフマンの研究

  ホフマン以降

 四 第III期の研究

  概観

  アストンの研究

  チェンバレンの〈後置詞〉

  アストンチェンバレンの態度

 五 まとめ


7 文法教育における助動詞           小林國雄

  はじめに

 一 中学校の学習指導要領・指導資料における取扱い

 二 中学校の国語教科書における取扱い

 三 中学校における口語助動詞の取扱いに関する諸説

 四 中学校の国語教科書における文語助動詞の取扱い

 五 中学校における文語助動詞の取扱いに関する諸説

 六 高等学校の学習指導要領・解説書における取扱い

 七 高等学校「国語1」における助動詞の取扱い

 八 高等学校「国語II」における助動詞の取扱い

 九 高等学校における口語助動詞の取扱いに関する諸説

 一〇 高等学校における文語助動詞の取扱いに関する諸説

 一一 助動詞指導のありかたー文語助動詞を中心に


8 日本語教育と助辞              川瀬生郎

 一 日本語教育における助辞の扱い方

 二 文型と助辞

 三 格助詞の扱い方

 四 助詞「は」と「が」について

 五 助動詞の扱い方

 六 おわりに


資料I 近世以前の助辞研究書抄(続)           〔飯田晴巳〕

  春樹顕秘増抄(抄)

  連理秘抄(抄)

  てにをは紐鏡(全)

  詞の玉緒(抄)


資料II 助辞関係研究文献一覧(続)             〔飯田晴巳〕

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070626

2007-06-25

研究資料日本文法 第5巻 研究資料日本文法 第5巻 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 研究資料日本文法 第5巻 - 日本語関係の目次・索引など 研究資料日本文法 第5巻 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

     目   次

1 助辞とは何か           吉田金彦

 一 まえがき

 二 学校文法から大槻文法に溯る

 三 近代初期の黒川の苦悩

 四 助辞に対するさまざまな扱い

 五 助詞における動と静の分別

 六 松下大三郎の教科書文法

 七 松下文法の助辞研究

 八 語の分類における助辞の位置

 九 漢語と歌学に伴う助辞研究

 一〇 むすび1助辞のアウトライン


2 膠着語とは何か                柴谷方良

 一 はじめに

 二 言語タイプとしての膠着語

 三 膠着語における綜合度の違い

 四 膠着語のシソタックス

 五 史的展望


3 助詞の分類          坂梨隆三

 一 はじめに

 二 大槻博士の分類

 三 山田孝雄博士の分類

 四 橋本進吉博士の分類

 五 時枝誠記博士の分類

 六 その他の分類

  松下大三郎博士の分類

  中等文法における分類

  渡辺実博士の分類

 七 おわりに


4 係結びについて               仁田義雄

 一 はじめに

 二 係結び研究史暼見,

  宣長以前

  本居宣長係結び研究

  宣長以後

  山田孝雄及びそれ以後

 三 係結びとは

  係結びの作用するレベル

  係結びと文の伝達類型


5 助辞の研究史             佐藤宣男

 一 助辞とテニヲハ

 二 和歌・連歌および伝統的テニヲハ研究

  和歌・連歌とテニヲハ

  『手爾葉大概抄』・『手爾葉大概抄之抄』

  『てには網引綱』 『古今集和歌助辞分類』

  「姉小路式」 『春樹顕秘抄

  『春樹顕秘増抄』・『和歌八重垣

  『和歌童翫抄』・『歌道秘蔵録注釈』

  『氏邇乎波義慣鈔』 『和歌手尓於葉見聞私録』

  『一歩』『和歌呉竹集

 三 テニヲハ研究の新傾向

  『てにをは紐鏡』・『詞の玉緒

  『あゆひ抄』  『あゆひ抄増補』

  『言語四種論

  『詞玉橋

  『助辞本義一覧

  『てにをは係辞弁』

  『言霊のしるべ』

  『語学新書

 四 国語学助詞研究

  大槻文彦

  山田孝雄

  松下大三郎

  橋本進吉

  時枝誠記


6 助詞の諸問題            山田みどり

 一  問題点の概観

 二 「が」と「は」の問題点

 三 「ので」と「から」の問題点

 四 今後の課題


7 方言助詞i奄美諸方言名詞の曲用にみる問題点   松本泰

 一 はじめに

 二 語形のつくりと意味

  標準的でない接辞の共存

  語幹との融合化

  接辞の重義性

 三 曲用体系の問題点

  接辞ゼロのかたちの地位

  連用形式と連体形式

  基本的な語形とその他の語形

  助辞の用法の問題点いくつか

 四 文法化・虚辞化

 五おわりに

資料I 近世以前の助辞研究書抄              〔飯田晴巳〕

  袖中抄(抄)

  八雲御抄(抄)

  悦目抄(抄)

  愚秘抄(抄)

  手爾葉大概抄之抄(全)

  姉小路家手爾葉伝(全)

  春樹顕秘抄(抄)


資料II 助辞関係研究文献一覧               〔飯田晴巳〕

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070625

2007-06-24

研究資料日本文法第4巻 研究資料日本文法第4巻 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 研究資料日本文法第4巻 - 日本語関係の目次・索引など 研究資料日本文法第4巻 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

     目次

1 文の成分とは何か            京極興一

 一 文の成分となる言語単位について

  文節を文の成分とする説

  詞を文の成分とする説

  文の成分と助詞助動詞

 二 文の成分の分類

  大槻文彦広日本文典

  三矢重松高等日本文法

  山田孝雄日本文法論』・『日本文法学概論』

  松下大三郎改撰標準日本文法

  橋本進吉『新文典別記上級用』・文部省『中等文法

  時枝誠記日本文法口語篇』・『日本文法文語篇』

  渡辺実『国語構文論

  鈴木重幸『日本語文法・形態論』


2 修飾句と独立句と接続句           鈴木一彦

 一 文とその部分

 二 富士谷成章の挿頭

 三 本居春庭の「詞天爾乎波のかΣる所の事」

 四 明治初期の文の分析

  『日本文典問答』

  『日本中文典』

  『日本小文典

 五 修飾句

 六 独立句

 七 接続


3 連体詞の諸問題──研究史的視点を含む       鈴木英夫

  はじめに

 一 認定の遅れた理由

 二 品詞としての名称

 三 本格的な連体詞研究

 四 最近の研究の動向

 五 一般に連体詞とされる語

 六 連体詞における問題点

  むすび


4 接続詞の諸問題──その成立と機能         田中章夫

 一 はじめに

 二 接続詞の性格

 三 接続機能接続詞

 四 接続の形態とその分類

 五 接続表現の様相

 六 対等の接続(並立の接続)

 七 承前の接続(条件の接続)

 八 転換の接続

 九 おわりに


5 感動詞・間投詞・応答詞            山口堯二

 一 研究史覚え書

  単一の品詞とする見方

  感動詞の内分け

  発達論・位相論的な見方

 二 成分としての依存度

 三 他品詞との移動関係

  他品詞よりの転成・推移

  他品詞への転成・派生など

 四 感動詞の位相性

 五 感動詞の語音構造

 六 類語と意味の広がり


6 擬声語・擬音語・類態語      鈴木雅子

 一 擬声語とは何か

 二 名称について

 三 通時的考察

  上古

  中古

  中世

  近世

  近代から現代へ

 四 現代擬声語の諸問題

 終りに


7 あいさつ語について            宇野義方

 一 あいさつの種類

 二 あいさつ語

 三 あいさつ語の場面

 四 あいさつ語と文法

 五 あいさつ語の型

 六 手紙の末文のあいさつ語の型

 七 あいさつ語の諸問題


8 外国語の挨拶語               澤登春焦

 一 「ことば交わし」()

 二 出会いと別れの挨拶

 三 天候に関する挨拶

 四 お祝いと悲しみの挨拶

 五 お礼とお詑びの挨拶


資料I 近世以前の修飾句・独立句研究書抄         〔中山緑朗〕

  奥義鈔(抄)

  万葉集註釈(抄)

  名語記(抄)

  ロドリゲス日本大文典(抄)

  かざし抄(抄)

  雅語音声考(全)

  語学究理九品九格総括図式・語学新書(抄)


資料II 1 「副詞の整理」                 〔編集部〕

    2 現行国語教科書にあらわれる接続語        〔広瀬佳子〕


資料III 副詞連体詞接続詞感動詞関係研究文献一覧     〔中山緑朗〕

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070624

2007-06-23

研究資料日本文法 第3巻 研究資料日本文法 第3巻 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 研究資料日本文法 第3巻 - 日本語関係の目次・索引など 研究資料日本文法 第3巻 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

    目次

1 形容詞とは何か              山崎馨

 一 前置き

 二 名詞形容詞

 三 いまも残る疑念

 四 動詞形容詞

 五 時枝文法との関係


2 形容詞活用             山口佳紀

 はじめに

 一 ク活用とシク活用

 二 本活用と補助活用──連体形・終止形の場合

 三 本活用と補助活用──已然形の場合

 四 本活用と補助活用──未然形の場合

 五 修飾語性と述語

 六 終止形の成立

 おわりに


3 形容詞研究の歴史              飯田晴巳

 一 はじめに

  国語学史と本論考の立場

  形容詞研究史の問題点と本論考の方法

  形容詞研究史の時代区分

 二 第一期 上代・中古の形容詞認識

  この期の特色と本論考の立場

  国語研究の萌芽と形容詞認識

  宣命書きにみられる形容詞認識

  訓注・音義・悉曇学における形容詞認識

  歌学書における形容詞認識

 三 第二期 中世の形容詞認識

  この期の特色と本論考の立場

  歌学における形容詞認識

  辞書における形容詞認識

  連歌論における形容詞認識

  活用の自覚と形容詞活用

  ロドリゲス『日本大文典』における形容詞認識

 四 第三期 近世の形容詞認識

  この期の特長と本論考の立場

  富士谷成章形容詞認識

  本居宣長形容詞認識

  鈴木朖形容詞認識

  東条義門形容詞認識

  富樫広蔭形容詞認識

  権田直助形容詞認識

  幕末の形容詞研究

 五 第四期 近代の形容詞認識

  この期の特色

  「形容詞」の確立


4 形容詞の諸問題           櫻井光昭

  前書き

 一 形容詞の設定

  形容詞品詞として認められるか

  形容詞の範囲は広い

 二 形容詞活用活用形

  活用活用形の問題点

 三 形容詞の後発性

  形容詞の後発性


5 形容動詞とは何か             小島俊夫

 一 はじめに

 二 形容動詞を設定する考え方

 三 形容動詞を設定しない考え方

 四 設定する・しない、その考え方の比較検討

 五 むすび


6 方言の形容語              日野資純

 一 はじめに

 二 方言文法の記述法

 三 方言の形容語の記述例

  神奈川県相模原市方言

  青森県津軽方言

 四 神奈川・青森両方言の形容語の実例

  神奈川方言形容詞

  青森方言形容詞

 五 むすび


7 外国語の形容語ーポルトガル語の場合を中心にして   日向茂男

 一 形容する語、形容される語

 二 修飾、形容、限定

 三 実質語、名詞形容詞

 四 変化詞としての名詞、冠詞、形容詞

 五 冠詞

 六 限定詞

 七 名詞による修飾

 八 形容詞


資料I 近世以前の形容詞形容動詞研究書抄       〔中山緑朗〕

  ロドリゲス日本大文典

  一歩

  三集類韻

  活用言|町冊子

  詞つかひ(詞の小車)

  詞通路

  山口栞

  形状言五種活用

  ことばのちかみち(詞捷経)


資料II 可能動詞の実態-話しことばにおける可能表現の場合    〔山本稔〕


資料III 形容詞形容動詞関係研究文献一覧         〔中山緑朗〕

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070623

2007-06-22

研究資料日本文法 第2巻 研究資料日本文法 第2巻 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 研究資料日本文法 第2巻 - 日本語関係の目次・索引など 研究資料日本文法 第2巻 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

    目次

1 用言の成立──「体」と「用」           根来司

 一 契沖以前の用言研究

 二 富士谷成章本居宣長用言研究

 三 鈴木朖本居春庭用言研究


2 動詞とは何か            鈴木丹士郎

 一 用言としての動詞

 二 動詞の特徴

  語幹用法

  助動詞の承接

  命令形

  連用修飾の用法

  連体修飾の用法


3 動詞活用          中山昌久

 一 新しい理論

 二 種類がなぜ又どう立てられるか

 三 言語習得と言語

 四 空間差に見る無標化の例

 五 種類がなぜ有るか

 六 語形を作る2つの要素


4 近世以前の動詞研究の歴史ー活用表の成立と展開を中心に

                                  中山緑朗

 一 はじめに

 二 活用研究前史時代──上代から賀茂真淵まで

  上代から平安時代末までの文献に見る動詞記載の方法

  中世における動詞活用の認識

  近世初中期の活用研究と五十音図

 三 活用研究の大成──成章宣長から権田直助まで

  富士谷成章の「装図」

  本居宣長活用研究

  鈴木朖の承接関係による活用表の整備

  本居春庭活用研究と活用

  義門による活用研究の進展と活用形の名称

  幕末の活用研究

 四 西欧文典の立場からの研究

 五 おわりに


5 明治以降の動詞研究の歴史          小松寿雄

 一 動詞文法論上の位置

 二 活用研究

  活用形の起源

  活用組織

 三 自動詞・他動詞・所動詞

 四 動詞のアスペクト


6 動詞の諸問題-古典語のサ変動詞を中心に 」    坂詰力治

 はじめに

 一 サ変動詞の実態

 二 複合サ変動詞語彙

 三 サ変動詞「ス」の上接語との連接関係──用法(一)

 四 サ変動詞「ス」の下接語との連接関係──用法(二)


7 方言動詞-活用体系の面を中心に        奥村三雄

 一 はじめに

 二 動詞活用体系-記述の方法

 三 共通語における動詞活用

 四 諸方言における動詞活用

 五 文法現象の地域的比較


8 外国語動詞  W・シュルテ 大室幹雄

 一 会話は場面の注釈

 二 分離動詞と複合動詞

 三 本格的な受身

 四 動詞と擬態語

 五 受身形と「なる」

 六 く臼げロヨについて


資料I 近世以前の動詞研究書抄・活用表           [中山緑朗]

  連理秘抄(抄)

  韻鏡図(倭訓)

  和字正濫抄(抄)

  日本書記通証(倭語通音)

  語意考(抄)

  あゆひ抄(おほむね下)

  活語断続譜(神宮文庫本)

  詞八衢(抄)

  友鏡(抄)

  和語説ノ略図

  活語指南(抄)


資料II 接尾語からみた動詞一覧               [北條正子]


資料III 動詞関係研究文献一覧               [中山緑朗]

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070622

2007-06-21

研究資料日本文法 第1巻 品詞論・体言研究資料日本文法 第1巻 品詞論・体言論 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 研究資料日本文法 第1巻 品詞論・体言論 - 日本語関係の目次・索引など 研究資料日本文法 第1巻 品詞論・体言論 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

   目次

1 語の分類と品詞                鈴木一彦

  はじめに

  一 印欧語の文と日本語の文

  二 漢文和文

  三 句の構成──〈素材語〉と〈志向語〉

  四 語の分類の基準──〈特殊句〉の認定

  五 助動詞の表現性

  六 接続


2 単位としての語──構文論から考える        福田真久

  一 はじめに

  二 言語単位・文法単位

  三 研究史

   松下大三郎

   山田孝雄

   橋本進吉

   時枝誠記

   服部四郎

   渡辺実

   その他

  四 結び


3 合成語──研究史の展望を中心に  漆崎正人

  一 はじめに

  二 中世までの合成語研究

     平安時代──合成語的意識の成立

     院政・鎌倉時代

     室町時代

  三 近世の合成語研究

     『日本釈名

     「熟字」の展開

     『詞玉緒繰分拾遺』

  四 近代の合成語研究

     西周氏の研究

     大槻文彦氏の研究

     保科孝一氏の研究

     岡沢鉦次郎氏の研究

     山田孝雄氏の研究

     松下大三郎氏の研究

     橋本進吉氏の研究

     時枝誠記氏の研究

  五 おわりに


4 語分類の歴史            西田直敏

  一 はじめに

  二 語分類前史

     語類意識の萌芽期

     語類意識の形成期

     語類意識の確立期

  三 語分類本史 第一期=伝統的語分類期

    富士谷成章の語分類

    鈴木朖の語分類

    東条義門の語分類

    富樫広蔭の語分類

    権田直助の語分類

  四 語分類本史 第二期=洋式実用文典語分類期

     オランダ語文典『蘭学逕』の語分類

     鶴峯戊申の語分類

     英文典の語分類とその影響

     田中義廉の語分類

     中根淑の語分類

     大矢透の語分類

     大槻文彦の語分類

  五 語分類本史 第三期=文法論的語分類期

     山田孝雄の語分類

     松下大三郎の語分類

     安田喜代門の語分類

     橋本進吉の語分類

     杉山栄一の語分類

     時枝誠記の語分類

     水谷静夫の語分類

     語分類の課題と最近の動向

  六 おわりに


5 品詞の転成           西尾寅弥

  一 品詞の転成についての一つの考え方

  二 動詞からのさまざまな方向への変質や転成

  三 品詞の転成はどのようにして生じるか

     意味変化と品詞の転成

     機能の転換と品詞の転成

     付属語の自立語化による品詞の転成

     省略的表現と品詞の転成


6 外国語品詞分類             杉浦茂夫

  一 はじめに

  二 歴史的展望

     ギリシア・ローマ時代

     中世時代以降

  三 現代の言語理論と品詞分類

  四 おわりに


7 名詞代名詞の諸問題            柏谷嘉弘

  一 名詞と格機能

     語順と格機能

     名詞意味と格機能

     名詞の無格性

     有格の名詞

     名詞と零記号の辞

  二 代名詞と指示

     名詞と指示

     関係概念を表現する名詞

     人称代名詞

     指示代名詞

     反照代名詞


資料1 近世以前の品詞分類研究書抄            〔中山緑朗〕

    手爾葉大概抄(全)

    ロドリゲス日本大文典(抄)

    あゆひ抄(抄)

    言語四種論(全)

    玉能緒繰分(抄)

    詞玉橋(抄)

    語学自在(抄)

    古辞書の語分類

資料II 品詞論・体言関係研究文献一覧           〔中山緑朗〕

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070621

2007-06-20

岩波講座日本語日本語の周辺』 『岩波講座日本語 別 日本語の周辺』 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『岩波講座日本語 別 日本語の周辺』 - 日本語関係の目次・索引など 『岩波講座日本語 別 日本語の周辺』 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

1 サルの言語と人類の言語         伊谷純一郎

  一 日本人と音声

  二 鳥の囀りとけものの声

  三 サルの声の自然誌

  四 音声の四象限

  五 音声の働き(1)「呼び声」と「ほえ声」

  六 音声の働き(2)「叫び声」と「ささやき

  七 霊長類の音声の多様性

  八 音声のピラミッド

  九 音声方言と流行

  一〇 価値と背中あわせの音声

  一一 言語の萌芽


2 言語の獲得            鈴木敏昭

   一 幼児のことば

   二 ことばの習得

   三 言語発達研究と言語理論


3 識字層の問題                   池上禎造

  一 江戸時代初期

  二 明治時代

  三 「もんもう」を遡って


4 外国人に対する日本語教育            水谷修

  一 外国人に対する日本語教育

  二 日本語教育の現状と理想的状態

  三 日本語教育における日本語そのものの問題


5 翻訳の問題        柳父章

  一 翻訳とは何かを問う翻訳

  二 翻訳における必然的誤訳

  三 翻訳に介在する翻訳用日本文


6 移住と言語変容                小野米一

  一 言語の変化

  二 北海道への移住と言語変容

  三 各地への移住ど言語変容

  四 二重言語生活


7 失語症              笹沼澄子

  一 失語症言語症状 

  二 失語症患者のリハビリテrション


8 コンピュータと言語               石綿敏雄

  一 コンピュータと日本語

  二 言語の研究とコンぜユータ


9 日本語学はなぜ成立しなかったか          鈴木孝夫

  一 内発性の欠如

  二 脱亜欧化の代償

  三 特殊性の探求

  四 祖述を越えて


索引(一〜十二巻)

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070620

2007-06-19

岩波講座日本語12日本語の系統と歴史』 『岩波講座日本語12日本語の系統と歴史』 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『岩波講座日本語12日本語の系統と歴史』 - 日本語関係の目次・索引など 『岩波講座日本語12日本語の系統と歴史』 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント



1 言語系統と形成               風間喜代三

  一 言語の分類類型論と系統

  二 比較文法における対応の扱い

  三 比較文法における資料上の限界と印欧語の特性

  四 比較対応語彙の借用の問題

  五 比較に有効なもの


2 アルタイ語系統論         池上二良

  一 現代および歴史上のアルタイ語

  二 アルタイ語の構造

  三 アルタイ語系統

  四 アルタイ語音韻対応

  五 アルタイ語形態素の比較

  六 アルタイ語比較研究の問題点

  七 アルタイ語比較研究上の諸問題

  八 アルタイ語、とくにツングース語日本語との比較


3 南方諸語との系統的関係              崎山理

  一 フンボルトのマライ・ポリネシア語研究

  二 南島語族の古里

  三 デムプウォルフの南島語研究

  四 ダイエンの南島語研究

  五 南島語の接辞

  六 南島語の統辞法

  七 南アジア語

  八 非南島語(パプア語)

  九 日本語と南島語との関係

  一〇 最近の系統


4 朝鮮語日本語                  大江孝男

  一 朝鮮語との比較研究史概観

  二 比較研究の現状


5 アイヌ語日本語                 田村すゞ子

  一 アイヌ語概観

  二 日本語との関係


6 チベット・ビルマ語日本語            西田龍雄

  一 日本語系統

  ニ チペット・ビルマ諸語の分布

  三 蔵緬語の語幹構成法

  四 動詞の比較

  五 形容詞の比較

  六 基礎的語彙の比較

  七 今後の課題


7 日本語の系統論史                佐佐木隆

  一 導言

  二 日本語系統論の現状とその環境

  三 日本語系統論のあゆみ

  四 結語


8 日本語語源                   阪倉篤義

  一 「語源」は一つではない

  二 語史研究と文化史的語源

  三 日本語語源研究、その意義

  四 日本語語根をめぐって


9 地名の起源                     鏡味明克

  一 地名古語

  二 地名漢字

  三 地名の時代型と地域型

  四 アイヌ語地名日本語地名  

  五 これからの地名研究

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070619

2007-06-18

岩波講座日本語11方言『岩波講座日本語11方言』 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『岩波講座日本語11方言』 - 日本語関係の目次・索引など 『岩波講座日本語11方言』 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

1 ことばの地域差    柴田武

  一 ことばの地域差

  二 地域差とは何か

  三 地域差の意味

  四 地域差による地域

  五 地域差を埋めるもの


2 方言区画論                   加藤正信

  一 方言区画とは

  二 方言区画論前史

  三 東条操の区画

  四 諸家の区画

  五 方言区画論の問題点


3 方言の分布と変遷                井上史雄

  一 方言と地理的分布

  二 地理的分布の型

  三 分布の形成

  四 地理的分布と言語史

  五 言語史復元の手がかり

  六 言語地理学国語史


4 アクセントの分布と変遷             金田一春彦

  一 アクセント系統考察の意義

  ニ アクセント系統考察の原理

  三 方言のアクセントの違いの現状

  四 日本語方言のアクセント系統

  五 結び──アクセント変化の動向


5 沖繩の言語とその歴史            外間守善

  序章 沖繩の言語風景

  一 歴史的にみる沖繩の言語

  二 現代にみる琉球方言

  三 沖繩における標準語教育の歴史


6 東西両方言対立               馬瀬良雄

  一 東西両方言の相違

  二 東西両方言の境界と境界地帯における対立の実懸

  三 本土方言全体から見た東西両方言対立

  四 東西両方言対立の指標の言語的特徴

  五 歴史的に見た東西両方言対立

  六 東西両方言対立の将来


7 方言標準語                藤原与一

  一 方言とは何なのか

  二 方言人はその固定的な現方言生活だけでよいか

  三 共通語生活へ

  四 共通語標準語

  五 共通語生活への基本的態度

  六 共通語生活へのいくらかの助言

  七 理想の標準語体系 


8 方言研究の歴史                徳川宗賢

  一 大きな流れ

  二 方言区画論

  三 比較方言学

  四 方言地理学

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070618

2007-06-17

岩波講座日本語10文体『岩波講座日本語10文体』 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『岩波講座日本語10文体』 - 日本語関係の目次・索引など 『岩波講座日本語10文体』 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント



1 日本語文体             築島裕

  一 「文体」の語義と研究史概観

  二 奈良時代(八世紀)まで

  三 平安時代(九世紀から一二世紀まで)──その一──

  四 平安時代──そのニ──

  五 鎌倉時代(一三世紀から一四世紀まで)

  六 室町時代以後(一五世紀以降


2 漢文体              大曾根章介

  一 奈良時代の文章

  二 平安時代の文章

  三 鎌倉・室町時代文章

  四 江戸時代文章


3 漢文訓読体                   小林芳規

  一 漢文訓読訓点資料

  二 仮名字体の変遷

  三 ヲコト点の発達と固定

  四 漢文訓読文の変遷──仏書──

  五 漢籍の訓読とその沿革

  六 『日本書紀』古訓の性格

  七 普通文の源流


4 記録体          峰岸明

  一 緒言

  二 読法

  三 表記

  四 語彙

  五 文法

  六 文体

  七 沿革

  八 結語


5 仮名文              岡村和江

  一 仮名文とは

  二 仮名文の源流

  三 初期の仮名文

  四 完成期の仮名文


6 和漢混淆文                   山田俊雄

  一 「和漢混淆文」とは 

  二 「和漢混淆」と「和漢混淆文

  三 「和漢混淆」の意義


7 抄物文               大塚光信

  一 抄物とは

  二 抄物


8 言文一致体                   山本正秀

  一 「言文一致」という語の起源と語義

  二 言文一致の由来と言文一致運動の時期区分

  三 啓蒙思想家らの言文一致提唱と試み

  四 近代小説の発生と言文一致

  五 言文一致の復活

  六 『言語学雑誌』グループと四つの言文一致会

  七 近代口語文体の確立


9 現代の文体                林四郎

  一 三五年をへだてた二つの新聞記事から

  二 文語の残り方

  三 現代語準体言と括かのことば

  四 現代文に窃廿る括り方の諸相 

  五 現代文章の多レベル性


10 現代の文体研究               安本美典

  一 文体とは何か

  二 文体研究巴統計的方法

  三 因子分析法

VivekVivek2012/08/14 11:16Wow, that's a ralely clever way of thinking about it!

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070617

2007-06-16

岩波講座日本語語彙意味『[[岩波講座日本語]]9語彙と意味』 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『[[岩波講座日本語]]9語彙と意味』 - 日本語関係の目次・索引など 『[[岩波講座日本語]]9語彙と意味』 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント



1 語彙の体系                  宮島達夫?

  一 意味の体系

  二 意味対立のとけあいと中和

  三 語種と意味

  四 形の面での体系

  五 文体上の体系


2 語彙の量的構造                水谷静夫

  一 計量語彙論の前提

  二 語の量的分布を中心に

  三 語彙における語の関わり合い


3 基本語彙・基礎語彙          真田信治?

  一 基本語彙の概念をめぐって

  二 語彙調査基本語彙

  三 基礎語彙の論

  四 個人語彙について


4 語彙の変遷            前田富祺?

  一 語彙の変遷を考える視点

  二 意味分野を限っての語彙の変遷の研究

  三 燈火に関する語彙の変遷

  四 語彙の変遷の時代的傾向

  五 今後の語彙の問題


5 意味の体系と分析               池上嘉彦?

  一 言語体系意味

  二 意味の意味

  三 意味の記述


6 意味の変遷                 佐竹昭広

  一 意味の変化史

  二 「かなし」・「たのし」など

  三 「罪」・「罰」・「愛」など

  四 「孝」・「果報」・「因果」など

  五 「こころ」の歴史として


7 造語法             野村雅昭?

  一 語を構成する要素

  二 語基のつくられかた

  三 派生語のつくられかた

  四 複合語のつくられかた

  五 造語力の検討


8 日本語辞書(1)               北恭昭

  一 古辞書研究の問題点

  二 鎌倉時代以前

  三 慶長以前 

  四 江戸時代


9 日本語辞書(2)               見坊豪紀

  一 漢語辞書の出現

  二 近代的国語辞書編集

  三 竹村鍛辞書

  四 辞書見出しの変遷と現実の反映

  五 辞書のくふうど進歩──とくに、戦後の小型辞書のあゆみ──


10 語彙研究の歴史            金岡孝

  一 現代語を対象とする語彙研究──国立国語研究所語彙研究──

  二「古典作品を対象とする語彙研究

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070616

2007-06-15

岩波講座日本語文字『岩波講座日本語8文字』 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『岩波講座日本語8文字』 - 日本語関係の目次・索引など 『岩波講座日本語8文字』 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント



1 文字の本質                  河野六郎 

  一 文字音声

  二 文字と文化

  三 表語文字表音文字

  四 表語と表音

  五 表音文字の表語

  六 文字の表音

  七 語の発生


2 文字の体系と構造               樺島忠夫

  一 文字論のための基礎概念

  二 文字の形に関して

  三 文字体系と表記体系

  四 音列と表記要素列との対応

  五 文字体系の構造と機能

  六 表記体系の特性


3 漢字概説                   藤堂明保

  一 漢字字体

  二 漢字意味

  三 漢語音韻論-時代区分-

  四 中古(隋唐)漢語の音系

  五 呉音漢音

  六 唐宋音の源流──杭州を中心とする江南共通語──

  七 上古漢語


4 日本における漢字               林史典

  一 漢字の伝来

  二 漢字の定着

  三 日本における漢字使用


5 万葉仮名                   鶴久

  一 仮名とは──名称の由来──

  二 文字の将来と摂取

  三 漢字漢文による日本語文章表現とその展開

  四 万葉仮名用法

  五 万葉仮名からかなへ


6 片仮名平仮名                大坪併治

  一 略体仮名

  二 片仮名

  三 平仮名


7 仮名づかいの歴史                 大野晋

  一 仮名遣とは何か

  二 藤原定家の『僻案』

  三 行阿の『仮名文字遣

  四 中世における仮名遣

  五 契沖の『和字正濫鈔

  六 石塚龍麿の『仮字遣奥山路


8 日本のローマ字             日下部文夫

  一 ローマ字と日本

  二 ローマ字つづり方の前史

  三 ローマ字国字論つづり方

  四 国際交流とつづり方

  五 理論的開発、

  六 実務のローマ字 

  七 ローマ字の諸条件


9 文字研究の歴史(1)                西宮一民

  一 漢字の運用研究の時代(上代)

  二 仮名の発明研究および辞書における漢字研究の時代(中古)

  三 仮名の運用研究および漢字仮名の流用研究の時代(中世)

  四 「国学」における文字研究の時代(近世)

  五 「国語学」における文字研究の時代(現代)

10 文字研究の歴史(2)                矢島文夫

  一 序説──文字研究の一般的問題──

  二 古代・中世における文字研究

  三 近代における文字研究

  四 日本人と外国文字

  五 文字研究の課題

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070615

2007-06-14

岩波講座日本語文法2』 『岩波講座日本語7文法2』 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『岩波講座日本語7文法2』 - 日本語関係の目次・索引など 『岩波講座日本語7文法2』 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント




1 日本語助動詞助詞             大野晋

  一 助動詞のはたらき

  二 助動詞配列順序(相互承接)

  三 助動詞配列順序の意味

  四 現代語助動詞配列

  五 助詞のはたらき・体言にかかる助詞

  六 用言にかかる助詞(1)

  七 用言にかかる助詞(2)

  八 終助詞と間接助詞


2 助動詞(1)             竹内美智子

  一 相互承接を考慮した助動詞の分類

  二 奈良時代における助動詞相互の承接について

  三 平安時代における助動詞相互の承接について


3 助動詞(2)             山口明穂

  一 鎌倉・室町時代における助動詞の大要

  二 第一類の助動詞

  三 第二類の助動詞

  四 第三類の助動詞

  五 第四類の助動詞


4 助動詞(3)                  北原美紗子

  一 受身自発可能・尊敬・使役・希望

  二 丁寧体の「ます」

  三 過去・回想」

  四 推量・否定

  五 断定


5 助詞(1)        西田直敏

  一 連体助詞

  二 格助詞

  三 副助詞

  四 係助詞

  五 間投助詞

  六 終助詞

  七 接続助詞


6 助詞(2)         安田章

  一 格助詞

  二 接続助詞

  三 副助詞

  四 係助詞

  五 終助詞

  六 助詞の変遷


7 助詞(3)          田中章夫

  一 現代語における助詞機能

  二 格助詞機能用法

  三 係助詞副助詞

  四 並立助詞接続助詞

  五 終助詞と問投助詞

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070614

2007-06-13

岩波講座日本語文法1』 『岩波講座日本語6文法1』 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『岩波講座日本語6文法1』 - 日本語関係の目次・索引など 『岩波講座日本語6文法1』 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント



1 日本語文法単位体               宮地裕

  一 文法とは何か

  二 単位ど単位体

  三 文法の対象単位体

  四 語構成

  五 節構成

  六 文構成

  七 教科文法


2 文の構造                    北原保雄

  一 文とは──文の完結性──

  二 文の統一性

  三 連用修飾語──その一──

  四 連用修飾語──その二──

  五 連体修飾語

  六 並立語・接続

  七 文の構造──助詞の役割──

  八 日本語主題


3 品詞分類     渡辺実

 一 「品詞」について

 二 「単語」とは何か

 三 「文法」をめぐって

 四 品詞論と構文論


4 体言          山口佳紀

 一 体言とは何か

 二 名詞

 三 形容動詞語幹

 四 形容詞語幹

 五 副詞

 六 代名詞

 七 形式名詞体言接尾語

 八 時詞

 九 数詞

 一〇 ふたたび体言とは何か



5 用言          川端善明 

  一 述語であることについて

  二 形容詞について──その一 述定述語としての──

  三 形容詞について──その二 装定述語としての──

  四 動詞について


6 副用語              市川孝

  一 副用語とは

  二 連体詞

  三 副詞

  四 接続詞

  五 感動詞

文法研究の歴史(1)                尾崎知光

  一 中世の「てにをは」研究と語の類別

  二 近世の文法研究


8 文法研究の歴史(2)               古田東朔

  一 「文法」概念の変革

  二 大槻文彦まで

  三 山田孝雄

  四 松下大三郎

  五 橋本進吉

  六 時枝誠記


9 生成文法国語学                 奥津敬一郎 

  一 歴史と状況

  二 生成文法の特色

  三 深層構造と格

  四 埋めこみ構造

  五 名詞句の構造

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070613

2007-06-12

岩波講座日本語音韻『岩波講座日本語5音韻』 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『岩波講座日本語5音韻』 - 日本語関係の目次・索引など 『岩波講座日本語5音韻』 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント


1 音韻の体系と構造               橋本萬太郎

  一 音声音韻

  二 単音音韻

  三 音組の構造と体系

  四 音韻音素

  五 音節と音用論(phonotactics)

  六 音節モーラ


2  発音の機構               垣田邦子

  一 発音の機構

  二 発音の観察


3 音声の物理的性質      藤崎博也・杉藤美代子

  一 音声の生成および音響的特徴

  二 連続音声中の音素・拍の特徴と知覚

  三 単語アクセントの特徴とその知覚

  四 調音音調の時間関係


4 現代日本語音韻                城生佰太郎

  一 休系と構造 

  ニ モーラ形成音素

  三 非モーラ形成音素


5 音韻の変遷(1)                 大野晋

  一 奈良時代の音節数の推定と万葉仮名

  二 平安時代のはじめの音節

  三 ヌとノとのこと

  四 奈良時代の文献の真偽の判定

  五 母音の区別と単語解釈語源

  六 母音の区別と動詞活用形との関係

  七 奈良時代の音節の使用度と音韻体系

  八 奈良時代の母音の結合

  九 日本語動詞活用形の起源


6 音韻の変遷(2)                  奥村三雄

  一 中古中世期の音韻

  二 音韻の発達

  三 音韻の消滅


7 音韻の変遷(3)            森田武

  一 母音

  二 子音

  三 拗音

  四 長音

  五 入声音

  六 連声


8 日本語アクセント          上野善道

  一 東京のアクセント

  ニ 名古屋市のアクセント

  三 赤穂市のアクセント

  四 奈良田のアクセント

  五 蓮田市のアクセント

  六 弘前市のアクセント

  七 雫石町のアクセント

  八 熊野市金山町のアクセント

  九 阿田和のアクセント

  一〇 佐柳島のアクセント

  一一 真鍋島のアクセント

  一二 京都のアクセントとその変遷 


9 生成アクセント論               早田輝洋

  一 アクセント理論と現代方言の分析

  二 平安末期京畿方言のアクセント体系



10 アクセントの変遷                小松英雄 

  一 文献資料

  二 曲調音

  三 複合語アクセント

  四 アクセントの体系的変化

  五 日本語アクセンモの体質変化



11 音韻研究の歴史(1)               馬淵和夫

  一 古代における音韻研究──国語音韻音韻組織の認識──

  二 中世における音韻研究

  三 近世における音韻研究

  四 近代における音韻研究


12 音韻研究の歴史(2)     大橋保夫

  一 音声学以前──科学へのいくつかの道

  二 音韻史実験音声学──「実質」の時代

  三 表記音声学 ──常識の効用と限界──

  四 音韻論の誕生──「形相」の発見──

  五 弁別素性論──普遍性の探究──

  六 生成音韻論──解放と回帰──

  七 音声の分析と合成──自然と文化──

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070612

2007-06-11

岩波講座日本語敬語『岩波講座日本語4敬語』 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『岩波講座日本語4敬語』 - 日本語関係の目次・索引など 『岩波講座日本語4敬語』 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント



1 敬語機能敬語行動           南不二男

  一 なにを敬語と呼ぶか

  二 敬語的表現のいろいろ

  三 敬語のはたらき



2 日本語敬語の構造と特色            辻村敏樹

  一 敬語と敬意

  二 敬語成立の条件

  三 敬語の構造と種類

  四 敬語語構成

  五 敬語の組合わせ

  六 敬語と人間関係

  七 日本語敬語の構造的特色


3 敬語の変遷(1)                  春日和男

  一 上代の敬語を中心に

  二 中古の敬語を中心に


4 敬語の変遷(2)           外山映次 

  一 古代敬語から近代敬語

  二 丁寧語の発達

  三 女性のことばと敬語

  四 敬語の周辺

  五 敬語語彙の変遷


5 現代敬語の問題点                宇野義方

  一 問題の概観

  二 具体例の考察

  三 問題の考え方


6 敬語の研究史                   大石初太郎

  一 江戸時代における敬語研究

  二 明治以後における敬語理論の発展

  三 敬語の歴史的研究

  四 敬語の社会言語学的研究

  五 敬語研究の今後


7 朝鮮語における敬語            梅田博之

  一 素材に対する敬語

  二 待遇法



8 中国語における敬語            輿水優

  一 中国語敬語

  二 名前と敬語

  三 人称代名詞敬語

  四 親族名稼と数語

  五 語彙的に見た敬語

  六 ていねい表現と敬語

  七 敬語の変化

  八 書簡文敬語 


9 英語圏における敬語        久野障

  一 呼称詞

  二 代名詞

  三 敬語表現と構文法

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070611

2007-06-10

岩波講座日本語国語問題『岩波講座日本語3国語問題』 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『岩波講座日本語3国語問題』 - 日本語関係の目次・索引など 『岩波講座日本語3国語問題』 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

1 世界の言語問題国語国字問題           千野栄一

  一 世界の言語問題

  二 国語国字問題


2 日本人の読み書き能力         野元菊雄

  一 世界の中での読み書き能力

  二 読み書き能九とは何か

  三 文盲とは何か

  四 「日本人の読み書き能力

  五 ハワイ日系人の読み書き能力

  六 「国民の読み書き能力

  七 読み書き能力国字問題


3 科学技術と近代日本語             辻哲夫

  一 日本語で書かれた力学

  二 科学技術の翻訳


4 漢字の問題                  林大

  一 ことばと文字漢字

  二 音訓

  三 字数    

  四 字 形


5 現代仮名づかい送り仮名            林巨樹

  一 現代仮名つかいの成り立ち

  二 現代仮名つかいの行くえ

  三 送り仮名大概

  四 現代送り仮名


6 標準語の問題                  寿岳章子 

  一 標準語とは何なのか

  二 関西における標準語

  三 第二標準語としての関西ことば


7 外来語の問題                  石野博史

  一 問題は何か

  二 どれくらい使われているか

  三 送り手と受け手

  四 どれだけ理解されているか

  五 なぜ増えるのか

  六 外来語の問題点


8 新聞用語・放送用語               菅野謙

  一 新聞用語」放送用語への要請

  二 わかりやすいことば

  三 正しいことば

  四 読者・視聴者個々人に対する配慮


9 国語国字問題の由来               武部良明

  一 問題点と時代区分

  二 問題意識の発生幽

  三 教育面をめでって

  四 国語政策への発展

  五 現代表記の成立

  六 現代表記の再検討

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070610

2007-06-09

岩波講座日本語言語生活『岩波講座日本語2言語生活』 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『岩波講座日本語2言語生活』 - 日本語関係の目次・索引など 『岩波講座日本語2言語生活』 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

1 日本人の言語行動と非言語行動         國廣哲彌

  一 言語言語行動

  二 場面

  三 言語行動

  四 非言語行動

  五 伝達行動と文化


2 日本人の言語生活                柴田武

  一 言語生活とは何か

  二 生活の構造と言語行動

  三 ことばによるコミュニケーション

  四 言語コミュニケーションの揚面

  五 日本人の言語生活の特色


3 マスコミと日本語                 南博

  一 マスコミと日本語

  ニ マスコミがみだすことば

  三 マスコミがつくることば

  四 マスコミが差別することば


4 階暦と言語                   渡辺友左

  一 現代日本語標準語と階層性

  二 現代日本語方言と階層性

  三 総括


5 日本人の読書                 外山滋比古

  一 読みの二形式

  二 短篇読書

  三 二元読書

  四 若年読者

  五「含み」の読書


6 命名論              森岡健二

  一 序説──名の問題──

  二 名の体系と構造

  三 命名の心理


7 日本語の歴史                  杉本つとむ

  一 古代語と倭国のことば

  二 日本語の源流  

  三 日本語の晴と褻《け》

  四 古代語から近代語

  五 近代語の夜明け

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070609

2007-06-08

岩波講座日本語日本語国語学『岩波講座日本語1日本語と国語学』 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『岩波講座日本語1日本語と国語学』 - 日本語関係の目次・索引など 『岩波講座日本語1日本語と国語学』 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

1 世界の中の日本語              柴田武

  一 国語日本語

  二 日本のことば

  三 日本人のことば

  四 日本語ということば


2 日本語外国語との接触              川本茂燈

  一 言語の接触の「衝撃」

  二 外来語の受容史


3 日本語と日本文化                鶴見俊輔

  一 日本語外国語

  二 日本語の中の外国語

  三 日常語と日本語外国語


4 日本語と日本人社会                比嘉正範

  一 理論的背景

  二 日本語と社会的制約

  三 事実文と関係文

  四 ハワイの日本語


5  日本語の論理・思考                黒田成幸 

  一 提題の「は」

  二 関係節


6 日本語研究の歴史(1)              遠藤嘉基 

  一 漢字漢文の学習と日本語研究

  二 歌文と日本語研究


7 日本語研究の歴史(2)               大野晋

   ──明治以降──

  一 日本語研究者の四つの流れ

  二 外国人の研究者たち

  三 大槻文彦

  四 大矢透山田孝雄

  五 上田万年

  六 上田万年をめぐる人々

  七 橋本進吉

  八 時枝誠記


8 言語研究の歴史                 泉井久之助

  一 日本語学とヨーロッパ

  ニ 文法学の発現とパーニニ

  三 言語理論──開拓的と整理的

  四 「比較言語学」と日本語の系統

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070608

2007-06-07

飯田晴巳『明治を生きる群像─近代日本語の成立─』おうふう 飯田晴巳『明治を生きる群像─近代日本語の成立─』おうふう - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 飯田晴巳『明治を生きる群像─近代日本語の成立─』おうふう - 日本語関係の目次・索引など 飯田晴巳『明治を生きる群像─近代日本語の成立─』おうふう - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

平成14年2月25日 初版発行

ISBN:4273032201

近代日本語の成立  明治期にスポットをあてて


第一章 近代日本語の成立に尽くした日本人

 西周

 中村正直

 福沢諭吉

 前島密

 大槻文彦

 井上哲次郎


第二章 近代日本語の成立に尽くした外国人

 ヘボン

 チャンブレン

 ホフマンブラウンアストンサトウ


第三章 近代文章の成立に尽くした日本人

 三遊亭円朝

 二葉亭四迷

 夏目漱石


  参考文献

  年表

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070607

2007-06-06

日本語百科大事典』大修館書店 『日本語百科大事典』大修館書店 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『日本語百科大事典』大修館書店 - 日本語関係の目次・索引など 『日本語百科大事典』大修館書店 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

asin:4469012181

第一部  日本語と日本人

 1.  日本語とは

 II. 日本語の歴史

第二部  ことばの構造

 III. 文法(1)

 IV.  文法(2)

 V.  音韻音声

 VI.  文字と表記

第三部  ことばの意味と成立ち

 VII.  語と意味

 VIII. 語史語源

 IX.  命名と造語

第四部  ことばの諸相

 X. 現代語の多様性

 XI. 敬語

第五部  言語行動

 XII. 言語生活

 XIII. 生活のことば

 XIV. 表現と文体

 XV. マスコミとことば

 XVI. 文芸とことば遊び

第六部  ことばの接触

 XVII. 方言共通語

 XWL 日本語外国語

 XIX. 日本語の国際化

第七部  ことばの管理と処理

 XX. 辞書

 XXI. ことばの機械処理

 XXII. 言語政策と言語教育


【詳細目次】

まえがき

編者・執筆者一覧

凡例

[第一部  日本語と日本人]

  I.  日本語とは  金田一春彦

1. 日本語とはいかなる言語

 A. 日本語の範囲

 B. 日本語の系統

 C. 類型論からみた日本語

2. 日本語の特質

 A. 「日本語はむずかしい」か

 B. 敬語といわゆる語彙の豊富さ

 C. 着きやすく離れやすい単位

 D. 総合方式の構文法

 E. 日本語の特殊事情

3. 日本人の母語意識

 A. 国語日本語

 B. 言語の境界と母語意識

 C. 母語によるアイデンティティ

 D. ロンドンでの調査から

4. 日本人の言語

 A. はじめに

 B. ことばと神

 C. ことだまとは

 D. ことだま論と音義説

 E. 言語過程説

5. 日本人と日本語

 A. 日本人の心理構造と日本語

 B. 日本人の世界観と日本語

 C. 日本文化と日本語


  II. 日本語の歴史   築島裕編

1. 日本語史の時代区分

 A. はじめに

 B. 音韻史の時代区分

 C. アクセント史の時代区分

 D. 文法史の時代区分

 E. 文字史・表記史の時代区分

 F. 語彙史の時代区分

 G. おわりに

2. 上代

 A. 上代語の資料

 B. 文字

 C. 音韻

 D. 文法

 E. 語彙

3. 平安時代

 A. はじめに

 B. 文字

 C. 音韻

 D. 文法

4. 縮. 蜘時代.

 A. 概観

 B. 文字

 C. 音韻

 D. 語法

 E. 文体

5. 江戸時代

 A. 江戸時代国語

 B. 音韻

 C. 文字および仮名遣

 D. 語法

 E. 語彙

6. 明治・大正・昭和

 A. 明治期

 B. 大正期

 C. 昭和期


[第二部  ことばの構造]

  III. 文法(1)  渡辺実編

1. 文法とは何か

 A. 文法形式

 B. 英文法と国文法

 C. 文語文法口語文法、

 D. 文法記述の立場

 E. 現象記述と原理解

2. 欧米の言語理論

 A. 日本語学に影響を与えた三つの流れ

 B. '構造言語学

 C. 生成変形文法

3. 諸家の日本語文法

 A. はじめに

 B. 大槻文彦文法

 C. 山田孝雄文法

 D. 松下大三郎文法

 E. 橋本進吉文法

 F. 時枝誠記文法

 G. 佐久間鼎三尾砂三上章文法

4. 文法論争

 A. 日本文法の争点

 B. 陳述論争

 C. 「ハ」をめぐる論争


  IV.  文法(2)  北原保雄編

1. 文法的単位

 A. 形態素・語

 B. 文節・句

 C. 節・文

 D. 段落・文章

2. 語の分類

 A. 分類の基準

 B. 詞と辞

c. 品詞分妬

 D. 副詞の分類

 E. 動詞の分類

3. 語の活用

 A. 活用形のはたらき

 B. 用言活用

 C. 助動詞活用

 D. 名詞活用

41. 文の構造と文の成分

 A. 文の構造

 B. 文の成分の種類

 C. 成分の順序と格

5. 表現と文法

 A. 主題・対比・中立叙述・総記

 B. 旧情報・新情報

 C. 措定と指定

、D. 動詞の自他と使役受身

 E. 存在文と所有文

 F. 時の表現

 G. 受給の表現

 H. 方向などの表現

 Iw 試行・処置の表現

 J. 数量の表現

 K. 判断の表現

16. 文法の歴史的変化

 A. 活用の種類の変遷

 B. 活用形の質的変化

 C. 二段活用の一段化

 D. 連体形終止法の成立

 E. 音便形の成立

 F. 助動詞の変遷

 G. 助詞の変遷

7. 学校文法

 A. 学校文法とは何か

 B. 学校文法の成立

 C. 現在の学校文法とその根底にあるもの

 D. 学校文法に求められるもの


  V.  音韻音声  奥村三雄

1. 音韻

A. 語音と音韻

 B. 音節

 C. 音素

 D,それ以外の音韻1

 E. 音韻機能と構成

 F. 音韻の一般的性格

2. 音声

 A:音声学

 B. 調音音声学

 C. 音声器官

 D. 音声ゐ単位

 E. 音声記号

 F. 子音母音

 G. 日本語子音

 H. 日本語母音

 I. その他の調音

3. 日本語音韻

 A. 音韻とは

 B. 日本語音韻の構造とその単位

 C. 日本語音節とその用法

 D. 日本語音素とその用法

4. 日本語アクセント

 A. アクセントの定義

 B. アクセントの表記法

 C. アクセントの型・アクセント

 D. アクセントの法則性

5. 語の形態と音韻

 A. 形態音韻論

 B. 音韻と語形態

 C. 語の屈折と音韻交替

 D. 語の複合と音韻交替,その他

6. 方言

 A. 方言

 B. 方言アクセント

7. 音韻の変化

 A. 音韻変化

 B. 日本語音韻の史的変遷

 C. アクセントの史的変遷

8. ことばの旋律

 A. アクセントと旋律

 B. イントネーション

 C. リズム

 D. プロミネンスその他

9. 声の表情

 A. 表情音

 B. 音感

10. 音声の分析・合成

 A. 音声波と音声情報処理

11. 発声のしくみ

 C. アクセントと基本周波致

 D. 母音とそのフォルマント周波数

 E. 子音の生成

 F. 音声のスペクトル分析

 G. サウンドズペクトログラフを用いる音声のスペクトル分析

 H. 電子計算機等を用いる音声のスペクトル分析

 1. 音声合成

 J. 音声の知竟と認識



  VI.  文字と表記  野村雅昭

1. 文字の性質

 A. 文字の誕生

 B. 文字の形

 C. 文字機能

 D. 文字の体系 

2. 表記行動と規則

 A:表記行動とは

 B. 文字列と音列

 C. 語表記

 D. 文・文章の表記

3. 日本語の表記の歴史

 A. 漢字の定着

 B. 万葉仮名

 C. 仮名の成立

 D. 歴史的仮名遣

 E. 神代文字

 F. 漢字仮名交じり文

 G. 仮名字体

4. 日本の漢字

 A. 漢字文化圏

 B. 音訓

 C. 国字

 D. あて字

 E. 略字

 F. 漢字制限

 G. 漢字の使用頻度

5. 仮名の役割

 A. 平仮名の役割

 B. 片仮名の役割

 C. 仮名の使用頻度

6. ローマ字の役割

 A. ローマ字の方式

 B. ローマ字の表記

 C. ローマ字の最近の傾向

7. 符号・数字の使い方

 A. 句読点

 B. 符号・記号

 C. 数字

8. 文字生活

 A. 漢字配列

 B. ワープロと漢字

 C. 人名に使う漢字

 D. 文字のデザイン(書体)

9. 文字と教育

 A. 文盲文盲

 B. 読み書き能力

 C. 学習用の漢字

 D. 書写

[第三部  ことばの意味と成立ち]

  VII.  語と意味    柴田武

1. 語の意味と概念と外界

 A. 事物・概念・語

 B. 事物と概念と語の相互関係

 C. 語彙体系

2. 語の意味と句の意味,文の意味

 A. 語と句と文

 B. 語連続と連語

 C. 慣用句

 D. 語連続に. おける意味の限定

 E. 「動詞名詞」の意味関係

 F. 「副詞動詞」の意味関係

3. 語のイメージ

 A. イメージとイマジネーション

 B. 言語のイメージ喚起力と

   イメージの主観性

 C. プラス・イメージ,

   マイナス・イメージ

 D. 文・文章のレベルでのイメージ

 E. 文学的言語におけるイメージ

4. 堵喩表現

 A. 瞹味性と中間性

 B. 語義と比喩との交渉

 C. 抽象化のレベルと比喩度

 D. 比喩の限界と可能

5. 意味の変化

 A. 意味の派生

 B. 意味の交替

 C. 本義と転義

 D. 意味の拡張と縮小

 E. 意味変化の原因

6. 語彙体系

 A. 語彙体系の考え方

 B. 関係の軸

 C. 語彙体系の種類

7. 語彙と世界観

 A. 語彙と世界観

 B. 日本の民衆語彙と世界観

 C. 自然環境と民衆語彙

 D. 生業と民衆語彙

 E. 漁業語彙の構造と漁業社会の構造

 F. 漁業語彙の体系の基本的原理

 G. 農業と民衆語彙

 H. 層性向語彙と民衆の対人評価意識の構造

 1. 民衆語彙の論理

8. 基本語彙

 A. 選定の月的

 B. 基本語彙の性格

 C. 統計に基づく選定

 D. 主観に基づく選定

 E. 最近の基本語彙

9. 語種

 A. 語種の形態と意味

 B. 語種の量的分布

 C. 和語・漢語外来語・混種語

10. 意味の分析

 A. 「意味の分析」. とは

 B. 語の意味を構成する意味の要素

 C. 多義語

 D. 言語資料

 E. 意味特徴の性質

 F. 参考文献

11. 語と語の意昧関係

 A. はじめに

 B. 同義語と類義語

 C. 反意語

 D. 上位・下位概念

 E. 統語における意味の関係

 F. 同音類義語

 G. 多義語

 H. 統語上の意味

12. 擬音語・擬態語

 A. 名称と語義

 B. 性格と特色

 C. 語音結合の型と種類

 D. 該当する条件

 E・辛法

 F. 表記

 G. 効用と問題点


  VIII. 語史語源   前田富祺

1. 語彙の歴史

 A. 語彙の歴史とは

 B,上代の語彙

 C. 中古の語彙

 D. 中世の語彙

 E. 近世の語彙

 F. 近代の語彙

2. 語源の探求

 A. はじめに

 B. 語源探求の歴史

 C. 語源探求の方法

 D. 語彙史の中での語源探求

 E. おわりに

3. .民衆語源意義

A. 術語の解説

 B. 民衆語源が生まれる背景

 C. 地域言語にみる民衆語源

 D. 言語事象分布図の解釈と民衆語源

 E. 民衆語源の諸相

 F. 民衆語源と語の種類

 G. 民衆語源意義

4. 地名語源

 A. 好字2字化

 B. 合成地名

 C. 音韻体系と語源

 D. 方言語源

 E. 立地条件と「移動地名

 F. 地名資料的価値

 G. 古代朝鮮語とのつながり

 H. 南方語との関連

 I. アイヌ語との関連

 J. ナイのつく地名

5. 人名の語源

 A. 「名前」という語

 B. 名前(個入名)の語源

 C. 男子名の構成

 D. 女子名の構成

 E. みようじの語源

6. 動植物名の語涼

 A. はじめに

 B. 外来語の場合

 C. 音や形から

 D. 習性からなど

 E. 人間との関係津ら


  IX.  命名と造語  玉村文郎編

1. 命名行為とは

 A. 古代日本における命名

 B. 人のわざ一命名行為

 C. 命名行為の意義

2. 日本の人名

 A. 家系と家の名

 B. 中国の姓・氏と日本の姓・氏

 C. 苗字と称号

 D. 明治の新姓と家の名の数

 E. 古代人の名の類型

 F. 人名の大陸模倣一2字名の営般化へ

 G. 幼名・名・通称・字・号

 H. 消えてゆく雅号

 1. 自己の標識としての筆名

 J. .筆名のモチーフ別類型

 K. 女性の名の遷り変わり

3. 名付けの諸相

 A. ペンネーム

 B. 芸名

 C. あだ名

 D. ペット名

 E. 愛称

 F. ,小説

 G. 雑誌

 H. 映画名

 1. 駅名

 J. 船名

 K. 刀剣名

 L. 商品名

 M. マンション名

 N. 登録商標

 0. 専門語

4. 名称の変更

 A. 人名の変更

 B. 地名の変更

 C. 社名変更

5. 新語・流行語

 A. 新語と流行語

 B. 新語の造語

 C. 近年の新語の傾向

 D. 流行語の発生と採用

 E. 流行語の功罪

6. 略語・略記法

 A. 略語

 B. 略記

7. 造語法

 A. 「造語法」の概念と立場

 B. 狭義の「造語法」

 C. 造語成分

 D・造語契機



[第四部  ことばの諸相]

  X. 現代語の多様性 稲垣吉彦編

1. 現代人の会語・文章

 A. 平均的日本人の言語行動

 B. 現代人の会話の変化

 C. 早口・饒舌・軽ロ

 D. 会話・文章の饒舌・軽口のオープン化

2. 女性

 A. 女性語の歴史的変化

'B. 話しことば

 C. 書きことば

歹 D. 歴史上の女性

 E. 女性を表わすことば

3. 若者語

 A. 若者語の使われ方

 B. 若者語の分類

 C. 広義の若者語

 D. 使用の心理

 E. 研究・記録の必要

4. カタカナ語

 A. カタカナ表記語

 B. カタカナ外来語

5. マンガ語

 A. 漫画雑誌に見る漫画の歩み

 B. 漫画人脈

 C. 漫画とことば

 D. 現代の漫画

6. CM・コピー

 A. 「聴くコトバ」と「視るコトバ」

 B. レトリックとしてのコトバ

7. ファッション語

 A. はじめに

 B. 洋服化へのオリエンテーション

 C. ファッション・リーダー

 D. ファツション化

 E. ファッション語転進史

8. 演劇の文体

 A. 劇的文体

 B. 小説の戯曲化

 C. 詩劇・古典劇の場合

9. 演芸のことば

 A. 伝承語の磨滅

 B. 音響美の荒廃

 C. 局地語の流出入

 D. 生命力の衰弱

10. 歌詞

 A. 風俗としての歌謡曲

 B. 歌謡曲のタイプ

 C. 歌詞のタイプ

 D. 歌詞におけることばの特徴

 E. 歌詞のエッセンス

11. 不快語

 A. 法律からの追放

 B. 一般書籍からの追放

 C. 女性に関する用語の見直し

 D. 不快用語見直しの背景

 E. 差別語・差別表現問題

 F. 身体・精神障害者に関する差別語・差別表現

 G. 不快語の言い換え


  XI. 敬語   辻村敏樹

1. 敬語と待遇表現

 A. 狭義の敬語と広義の敬語

 B. 敬語的表現

 C. 敬語的行動

2. 敬語言語体系

 A. 言語における敬語

 B. 敬語意味

 C. 敬語文法

・D. 敬語文体

 E. 敬語語構成

 F. 敬語の分類

3. 敬語の歴史

 A. 敬語の起源

 B. 古代の敬語(鎌倉時代まで)

 C. 近代の敬語(室町時代以降)

4. 外国語敬語,

 A. 欧米語の敬語

 B. 中国語敬語

 C. 朝鮮語敬語

5. 敬語の諸相

 A. 方言敬語

 B:敬語の誤用


[第五部  言語行動]

 XII. 言語生活  芳賀綏

1 言語コミュニケーション

 A. 言語伝達

 B. 伝達機能が阻害される場合

 C. 日本語の場合

2. 非言語伝達

 A. 表わすことと表われること

 B. 記号的表現行動のひろがり

3. 話しことばと書きことば

 A. 音声場面文字場面

 B. 言語行動を区別する三つの視点

 C. 私的言語活動と公的言語活動

4. .言いまわしの諸相

 A. あいさつ

 B. あいつち

 C. 悪態・皮肉

 D. 詭弁

 E. ウソ

 F. ウィット・ヒューマー

5. ディスコミュニゲーションとその対策

 A. 言いちがい・聞きちがい

 B. 書きちがい・読みちがい

 C. 誤解

 D. 失言

6. 現代日本人の言語生活

 A. 生活時間と言語生活

 B. 大都市の言語生活

 C. コミュニティの言語生活

 D. 職場の言語生活

7. ことばの戦略

 A. 広告のことば

 B. 日本語と政治

8. 論理表現と日本語

 A. 論理表現に耐える日本語

 B. 法と日本語

 C. 自然科学と日本語

 D. 数学と日本語

9. 日本人と外国人

 A. 文化の要素としての言語行動

 B. 日欧の比較一日独の比較を中心に

 C. 日米の比較

 D. 日韓の比較

 E. 日中の比較

 F. 日系外国人の言語行動


 XIII. 生活のことば   堀井令以知編

1. 衣食住のことば

 A. 衣服のことば

 B. 食物のことば

 C. 住居のことば

 D. 生活中の順位づけ

2. 遊びのことば

 A. 無言の遊び

 B. 唄の遊び

 C. 数とり唄──お手玉唄・毬つき唄

 D. ことば遊び

 E. 遊びを生むうた

 F. 集団性の保持

 G. 流行語

3. 仕事のことば

 A. 百貨店の仕事ことば

 B. 西陣織・友禅染の仕事ことば

 C. 料理・菓子作りの仕事ことば

 D. 酒造りの仕事ことば

 E. 陶磁器作りの仕事ことば

 F. 大工・左官などの仕事ことば

 G. 振り売りのことば

 H. 仕事の修業と上達のことに

 1. 職人気質のことば

4. 仲間内のことば

 A. 専門語

 B. 忌詞(いみことば)

 C. ハレのことば

 D. 仲間内のことばの日常語

5. 人間以外に向けられることば

 A. 動物に向けられることば

 B. 神に向けられ,ることば

 C. 超自然に向けられることば



 XIV. 表現と文体  林四郎

1. 文体と話体

 A. 個人文体と集合文体

 B. 集合文体の各種

2. 現代の話体さまざま

 A. 日常会話

 B. 電話

 C. 対談

 D. 座談会

 E. 司会

 F. スピーチ

3. 現代日本語・書きことば

   スタイルブック

 A. 書き手と読み手

 B. 悪文のかずかず

 C. 文章作法

 D. 手紙

 E. 書式

4. 現代文章文体

 A. 現代文体の概略

 B. 実用文の文体:文語

 C. 実用文の文体:言文一致体

 D. 小説文体:啓蒙・開化期

 E. 小説文体:言文一致体

 F. 小説文体:口語

 G. 口語文の諸相

 H. 昭和後期の小説文体と実用文における国語問題

5. 国語文体史要

 A. 変体漢文

 B. 和文

 C. 和漢混淆文

 D. 紀行文

 E. 近世文語

 F. 近代の文語

 G. 口語文



 XV. マスコミとことば   菅野謙編

1. マスコミとことば

21新聞とことば

 A. 新聞とことば

 B. 新聞用語懇談会

 C. 新聞の見串し

 D. 新聞のリーダビリティ

 E. 紙面製作の機械化

3. 放送とことば

 A. 放送とことば

 B. 放送用語委員会

 C. アナウンサー

 D. ニュースの文体

 E. スポーツ中継

 F. 司会

 G. インタビュー

 H. テレビと文字

 1. 2か国語放送と同時通訳

 J. 視聴者・視聴率

 K. 外国向け放送



 XVI. 文芸とことば遊び  西村亨編

1. 文芸とことば遊び

2. ことばから文芸へ

 A. ことばのハレとケ

 B. 口承の文芸

 C. 物語の主題

 D. 律文と散文

3. 修辞法

 A. 韻律

 B. 措辞

4. 文芸の様式

 A. 歌われるもの

 B. 語られるもの

 c. 話されるもの

 D. 書かれるもの

5. ことば遊び・文字遊び

 A. 遊びの精神

 B. 遊びの技巧

 C. 遊びの文芸

 D. なぞなぞ'

 E. 文字遊び


[第六部  ことばの接触]

 XVII. 方言共通語   徳川宗賢

1. 方言共通語

 A. 「方言」とは

 B. 方言差はことばのどの部分にあらわれるか

 C. 方言はなぜ発生するか

 D. ことばはどのように伝播するか

 E. 方言の違いと言語の違い

 F. 国語・普通語・標準語

 G. 共通語をめぐって

2. 方言共通語の葛藤史

 A. 中央語との闘争史

 B. 標準意識の成長

 C. 方言撲滅論

 D. 方言

 E. 方言の復権

 F. 標準語から共通語

 G. ,地域語という名

 H. 二重言語生活 曜

3. 方言共通語の交流

 A. 共通語

 B. 共通語になった方言

 C. 方言になった共通語

 D. 共通語にしたい方言

4. 方言の分類

 A. はじめに

 B. 方言分類の方法

 C. 方言分類の実際

 D. 今後の課題

5. 琉球方言の世界

 A. 琉球方言の実態と多様性

 B. 本土方言および周辺諸言語との関係

 C. 琉球方言の古さと新しさ

 D. 琉球方言の分類

 E. ,生活の中の方言

6. 珍しいことば・変ったことば

 A. 命名の発想法

 B. 音形の珍しさ

 C. 同形異義語・古語・孤例

 D. 古音・分布上の珍しさ

 E. 珍し炉表現法

 F・. まじないのことば

 G. 幼児語と方言文字

7. 生活の中の方言

 A. 方言に対するイメージ

 B. 文芸・狂句・芝居・演芸・CM・劇画などの方言

 C. 普遍的方言

 D. 方言保存会

 E. 方言機能をめぐって

8. 方言の将来

  A. 方言の変容

  B. 新しい芳言の発生

  C. 都市の方言

  D. 個性としての方言

  E. 関西方言のゆくえ

9. 方言の研究

  A. 方言研究の目標

  B. 方言研究の分野

  C. 方言研究の方法

  D. 参考文献など



 XWL 日本語外国語  宮地裕

1. 外国語の受容と学習

 A. 受容と学習の必要性

 B. 通訳による会話

 C. 直接的会話

 D. 外国語学習の二方式

 E. 日本の外国語教育

 F. 媒介語を使う場合・使わない場合

 G. どの言語を受容するカ

2. 漢語の受容

 A. 漢語の特質

 B. 受容の歴史と現状

 C. 漢字漢語の教育

3. 漢文訓読

 A. 訓読翻訳

 B. 訓読の発生

 C. 訓読の発展

 D. 日本語訓読資料の実態

 E. 漢文訓読日本語に与えた影響

 F. 漢文訓読の研究

4. 洋語の受容

 A. 洋語の特質

 B. 受容の歴史と現状

5. 日本製の漢語と洋語

 A. 日本製の漢語

 B. 日本製の洋語

6. 外国語に入った日本語

 A. 中国

 B. 韓国

 C. 欧米

7. 日本語への外国語翻訳

 A. 歴史と現状

 B. 翻訳文体

8. 外国語への日本語翻訳

 A. 文学作品翻訳における問題点

 B. 日本文学の翻訳紹介

9. バイリンガリズム

 A. バイリンガリズムの定義

 B. バイリンガリズムの研究

 C. 日本におけるバイリンガリズム

 XIX. 日本語の国際化  水谷修編

1. 国際語としての日本語

 A. 国際語としての日本語一現状と未来

 B. 国際コミュニケーション

 C. 国際標準化と日本語

2. 日本語教育

 A. 日本語教育

 B. 日本語教育の歴史

 C. 日本語教師

 D. 日本語学習者

 E. 教材・教具

 F. 教授法

 G. 日本語教育機関

 H. 日本語教育課題

 I. 外国人の学習困難点,誤用研究,対照研究,国語学への寄与


[第七部  ことばの管理と処理]

 XX. 辞書  飛田良文編

1. 辞書とは何か

 A. 辞書の要件

 B. 辞書の種類

2. 日本語に関する辞書

 A. 国語辞典

 B. 古語辞典

 C. 方言辞典

 D. 外来語辞典

 E. 隠語辞典

 F. 類語辞典

 G. 擬声語・擬態語辞典

 H. 反対語辞典

 I. 新語・流行語辞典

 J. 語源辞典・事物起源事典

 K. 専門語辞典、

 L. 故事成句ことわざ辞典・慣用句辞典

 M. 発音アクセント辞典

 N. 文章表現辞典

 0. 表記辞典

 P. 漢和辞典

 Q. 対訳辞典

 R. 百科事典

 S. 学習辞典

 T. 人名辞典

 U. 地名辞典

3. 日本語の用語集

 A. 類義語集

 B. 語鰈

 C. 索引

4. 辞書の歴史

 A. 古代から近世まで

 B. 近代から現代まで

5. 辞書編集

 A. 編集の目的

 B. 辞書の性格を決める要素

 C. 編集の手順

 D. 見出しの立て方

 E. 意味記述の仕方

 F. 用例のもつ意味

6. 辞書の評価

 A. 評価の性格

 B. 評価の基準

 C. その他の注意事項


 XXI. ことばの機械処理  石綿敏雄編

1. 言語の数理

 A. 言語の統計

 B. 言語の数理

2. 情報伝達形式の新展開

 A. キーボードを通してのコミュニケーション

 B. オンライン・システムの普及とファイルの伝送

 C. 記録・出版媒体の変化

 D. ユーザー・インターフェース・システム

 E. これからの情報伝達

3. 自然言語処理

 A. 音声の認識と合成

 B. 文字の認識と出力

 C. かな漢字変換

 D. データベース(情報検索)

 E. 機械翻訳

 F. 人工知能

 G. 言語研究の機械化


 XXII. 言語政策と言語教育  林大

1. 国語問題国語政策

 A. 問題の概観

 B. 国語問題の歴史

 C. 戦後の具体的な国語施策の概要

 D. 漢語外来語問題

2. 言語教育

 A. 言語教育とは

 B. 言語教育の思想・理論

 C. 言語能力とその測定・評価

 D. ことばのしつけ

 E. 言語の習得

3. 国語教育と国語科教育

 A. 国語教育と国語科教育との区別

 B. 国語教育が行なわれる場と機会

 C. 国語科教育の特性

 D. 「国語の教育の振興について」(国語審議会建議)

 E. 国語科の成立過程と変遷

 F. 学習指導要領

 G. 国語教科書

 H. 国語科の指導内容

 1. 教材(国語科教育における)

 J. 古典教育,古文と漢文

 K. 書写・習字・書き方

 L. 形姻論その他の国語指導方法論

 M. 文学教育と言語教育

4. 言語機能の障害の対策

 A. 言語情報の伝達機能の障害

 B. 言語障害

 C. 聴覚障害

 D. 視覚障害

 E. 言語機能の障害者の言語教育

 F. 言語情報処理の自動化の効用

5. 日本語の未来と理想

 A. その存在

 B. 音声

 C. 文字

 D. 語彙

 E. 文法

 F. 言語生活

 G. 理想



コラム

 日本語は大言語

 スワデシュの基礎語彙

 アイヌ語とは

 「ニホン」か「ニッポン」か

 「五十音図」の成立

 『新撰字鏡』──現存最古の漢和字書

 『日葡辞書』──最初の和-洋語対訳辞書

 外国人の日本語学

 契沖と歴史的仮名遣いの発見

 宣長係り結びの研究

 普遍文法と個別文法

 国文法日本語文法

 テンスとアスペクト

 助数詞あれこれ

 動詞活用の変遷

 母は昔パパだった?

 若者のアクセント

 主な国字一覧

 主な地図記号

 ローマ数字あれこれ

 間違えやすい漢字

 英語になったオノマトペ

 青からブルーへ一色名の変遷

 今に生きるワラビナー

 アンパイヤーの用法

 シェフの用法

 夫婦の同姓と別姓

 帰化と日本名

 キーワードで綴る戦後史

 アジ演説いまむかし

 コンピュータによる作詞

 [日英対照]身体の記号

 法律文の日本語

 数学の方言

 十干十二支

 古時間

 古方位

 普通語になった隠語

 原稿用紙の使い方

 犯罪報道と人権

 ミニコミ紙の作り方

 ことばの速さ

 「やさしい日本語週刊ニュース」

 道行文

 琉歌の音律

 歳時記

 「をこ」の者とお伽衆

 将棋の格言

 数字ばかりの和歌

 くらしの中の記憶法

 ケセン語──方言の復権

 方言文字あれこれ

 昔話「桃太郎」

 西周と二字造語

 日本文化の輸出

 簡約日本語とは

 日本語教育と二つの試験

 四角号碼索引

 文字とコード

 機械で語彙・用例索引をつくる

 新しい文字の発明

 テレビと子どものことば


資料

 1. 日本のことわざ

 2. 日本のなぞなぞ

 3. 手紙の書き出し文例集

 4. 主要季語一覧(例句付)

 5. 主要擬声語・擬態語一覧(例文付)

 6. 日本の苗字ベスト200

 7. 難訓姓氏一覧

 8. 文語口語対照活用

 9. 平仮名片仮名の字母

 10. 現代仮名遣

 11. 送り仮名の付け方

 12. 常用漢字

 13. 常用漢字表と当用漢字表との異同

 14. 人名用漢字一覧

 15. 約物・記号などの名称

 16. 書体見本と本の寸法

 17. 校正記号表

 18. JIS漢字一覧

参考文献


索引

 1. 事項索引

 2. 語句索引

 3. 人名・書名索引


校正協力者 篠崎晃一

      堀内清

      新田光敏


装幀者 山崎登

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070606

2007-06-05

『講座国語史 敬語史』大修館書店 『講座国語史 敬語史』大修館書店 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『講座国語史 敬語史』大修館書店 - 日本語関係の目次・索引など 『講座国語史 敬語史』大修館書店 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

第一章 敬語史の方法と問題  辻村敏樹

  一 敬語史のとらえ方

  二 敬語史と時代区画

  三 敬語史上の問題点

   1 敬語の起源と上代敬語

   2 絶対敬語から相対敬語

   3 対話敬語の発生と発達

   4 敬語の性格の変質

   5 敬語使用の特殊相

   6 敬語表現法の推移


第二章 古代の敬語 I    春日和男

  一 上代敬語総説

   1 敬語史は国語史と共に始まる

   2 文献と時代

   3 上代社会と敬語

   4 国語敬語

   5 上代敬語の類別

  二 上代敬語各説

   1 尊敬語

     (1) 絶対尊敬語

     (2) 関係尊敬語

   2 謙譲語

     (1) 絶対謙譲語

     (2) 関係謙譲語

   3 讃美称語

   4 丁寧語

  三 上代敬語の諸問題

     (1) 助詞「の」および「が」における待遇の問題

     (2) 自称敬語の問題


第三章 古代の敬語 II   森野宗明

  一 待遇意識の諸相

    1 社会的序列構成上の資格への顧慮

    2 いわゆる自敬表現

    3 一種のフェミニズム的傾向

    4 負い目の心理と敬語の増大

    5 倫理的批判などと敬語の取捨

    6 感情の起伏と敬語の取捨

    7 いわゆる品格保持の敬語について

    8 場面との相関

  二 尊敬表現

   1 〈おわす〉系の尊敬動詞

   2 〈言ウ〉の尊敬動詞

   3 〈思ウ〉の尊敬動詞など

   4 その他の尊敬動詞

   5 〈御〉の用法

   6 助動詞・補助動詞

   7 尊敬語を用いた使役の表現

  三 謙譲表現

   1 謙譲の動詞

   2 「まゐる」「まゐらす」「たてまつる」

   3 「きこゆ」「きこえさす」「まうす」

   4 補助動詞

  四 丁寧表現-被支配待遇表現

   1 「はべり」

   2 「さぶらふ」

   3 下二ご段の「たまふ」

   4 「まかる」その他

  五 人物呼称の表現

   1 名忌み−実名敬避

   2 接尾辞

   3 人称代名詞

   4 「の」と「が」


第四章 近代の敬語I  桜井光昭

  一 概観

   1 近代1の時代的範囲

   2 国語資料と記述の問題

   3 敬語と敬度

   4 近代1の敬語の特色

  二 尊敬語

   1 体言

    (1) 接頭語関係

    (2) 接尾語関係その他

   2 用言

    (1) 「思ウ」の意の尊敬語

    (2) 「知ル」の意の尊敬語

    (3) 「見ル」の意の尊敬語

    (4) 「聞ク」の意の尊敬語

    (5) 「言ウ」の意の尊敬語

    (6) 「寝ル」の意の尊敬語

    (7) 「起キル」の意の尊敬語

    (8) 「飲食スル」の意の尊敬語

    (9) 「(湯ナドヲ)使ウ」の意の尊敬語

    (10) 「身ニツケル」「バク」の意の尊敬語

    (11) 「乗ル」の意の尊敬語

    (12) 「取ル」の音心の尊敬語

    (13) 「行ク」「来ル」の意の尊敬語

    (14) 「アル」「イル」の意の尊敬語

    (15) 「与エル」の意の尊敬語

    (16) 「治メル」の意の尊敬語

    (17) 「スル」の意の尊敬語

    (18) 尊敬の補助動詞などI

    (19) 尊敬の補助動詞などII

    (20) 尊敬の補助動詞などIII

    (21) 「御」を冠する尊敬語

   3 助詞

    (1) 貴人を主格とする「に」

    (2) 尊覓-を示す「の」「が」

   4 助動詞

  三 謙譲語

   1 用言

    (1) 「思ウ」の意の謙譲語

    (2) 「見ル」の意の謙譲語

    (3) 「聞ク」の意の謙譲語

    (4) 「言ウ」の意の謙譲語

    (5) 「飲食スル」の意の謙譲語

    (6) 「行ク」「来ル」の意の謙譲語

    (7) 「イル」の意の謙譲語

    (8) 「会ウ」の意の謙譲語

    (9) 「承知スル」の意の謙譲語

    (10) 「与エル」の意の謙譲語

    (11) 「モラウ」の立思の謙譲語

    (12) 「見セル」の意の謙譲語

    (13) 「スル」の意の謙譲語

    (14) 謙譲の補助動詞など

   2 助動詞

  四 丁寧語

   1 用言

    (1) 「言ウ」の意の丁寧語など

    (2) 「アル」の意の丁寧語

    (8) 丁寧の補助動詞など


第五章 近代の敬語 II    小松寿雄

  一 江戸と上方

   1 都市の発達

   2 身分制度

   3 前期と後期

  二 どんな敬語が使われていたか

   1 待遇表現

   2 古い敬語

   3 新しい敬語

  三 町人と武士のことば

   1 武士と町人

   2 武士のことば

  四上方敬語

   1 室町時代との比較

   2 近松以前

   3 前期上方語

    (1) 自称・対称

    (2) 動詞助動詞

   4 前期と後期

  五 江戸の敬語,

   1 江戸開府

   2 江戸語の種々相

   3 町人の敬語

  六 東西敬語比べ

   1 女性的な上方語

   2 人称・動詞・感動助詞など・

    (1) 自称

    (2) 対象

    (3) 命令表現

    (4) 敬語動詞

    (5) 感動助詞

    (6) 東西の交渉

  七 後期江戸敬語の形成と前期江戸敬語

   1 前後期に共通な敬語

   2 命令表現

    (1) なせえ

    (2) ねえ

    (3) し・さっし

    (4) 助動詞「ます」の命令形「まし」

    (5) 「なさる」の連用形「なすっ」

   3 人称代名詞

    (1) 自称

    (2) 対象

   4 感動助詞

  八 単語

   1 尊敬語

    (1) あなた

    (2) 「おまえ」系対象

    (3) こなさま・こなさん

    (4) こなた

    (5) いらっしゃる

    (6) おちゃる

    (7) おいでなさる

    (8) おしゃる・おっし亭る

    (9) お……になる

    (10) 「ござる」とその派生語

    (11) なさる

    (12) もやる・さしゃる・さっ しゃる・

    (13) やしゃる・やっしや惹

    (14) やる

    (15) 「る・らる」「れるヅられる」…

    (16) 「んす」どその周辺

  2 謙譲語

   (1) わたくし・わたし・わし

   (2) 致す

   (3) いただく

   (4) うかがう

   (5) くださる

   (6) 申す・……申す・お…申す

   (7) ます

  3 丁寧語

   (1) ござる・ござります

   (2) です

   (3) なます

   (4) ます

   (5) やす・やんす


第六章 現代の敬語    宮地裕

  「話しコトバの敬語的表現」

  一 現代敬語の特色

    (1) 古代敬語と現代敬語

    (2) 相対敬語

    (3) 場面ごとの変容

    (4) 位相差の減少

    (5) 敬語表現へのとまどい

    (6) 社交敬語

    (7) 外人の敬語

    (8) 「です・ます」体の常体性

    (9) 「辞」の敬語

    (10) 受恵敬語

    (11) 商業敬語

    (12) 受給表現

    (13) 受身使役

    (14) 尊敬の「れる」「られる」

    (15) 受給の「てやる」「てくれる」

  二 現代敬語の体系

  1 尊敬語

   (1) 尊敬語名詞動詞

   (2) 尊敬語形式動詞

   (3) 尊敬語助動詞

  2 謙譲語

   (1) 謙譲語の複雑さ

   (2) 謙譲語から除外される語

   (3) 謙譲語の動詞

   (4) 謙譲語の形式動詞

  3 美化語

   (1) 「おー」の美化語など

  4 丁重語

   (1) 丁重語の名詞

   (2) 丁重語の動詞

   (3) 「申しあげ」

   (4) 丁重語の形式動詞

  5 丁寧語

   (1) 「─です」

   (2) 「─ますでしょう」など

   (3) 「─ます」

   (4) 「─でございます」

   (5) 動詞の「ござい」

   (6) 「─であります」

  6 敬語の相関

   (1) 丁重語・丁寧語・美化語の相関

   (2) 尊敬語と丁重語

   (3) 尊敬語と謙譲語

 三 敬語形式と現代敬語の特性

   (1) 敬語形式における詞辞性の結合-

   (2) 丁寧語の特性

   (3) 古代敬語から現代敬語


索引

  事項索引

  語彙索引

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070605

2007-06-04

『講座国語史音韻史文字史』大修館書店 『講座国語史2音韻史・文字史』大修館書店 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『講座国語史2音韻史・文字史』大修館書店 - 日本語関係の目次・索引など 『講座国語史2音韻史・文字史』大修館書店 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

第一章 総説

  一 音声音韻

   1 音声音韻

   2 音声学音韻論

  二 音韻

  三 国語音韻史の方法

  四 国語音韻史の時期区分

   1 音韻史の概

   2 古代I(奈良時代以前)

   3 古代II(平安時代)

   4 近代I(鎌倉・室町時代)

   5 近代II(江戸時代)

  五 音韻史資料

   1 漢字書きの文献

   2 仮名書きの文献

   3 ローマ字書きの文献

  六 音韻史方言

  七 音韻史の研究史


第二章 古代の音韻    奥村三雄

  一 古代音韻史の方法

   1 古代音韻史資料

   2 音韻史記述の対象

    (1) 音韻史記述の単位

    (2) 音韻変化とその分類

    (3) 音韻変化とその原因

  二 音韻の発達

   1 撥音の発達

   2 促音の発達

   3 長音の発達

   4 開拗音の発達

   5 半濁音の発達

   6 その他

  三 音韻の消滅

   1 特殊仮名つかいの崩壊

   2 ア行「エ」とヤ行「江」との統合

  3 イ・エ・オとヰ・ヱ・ヲの統合

   4 四つ仮名の統合

  四 中央語史上の一時的現象

   1 合幼音の消長

   2 その他ーオ段長音開合

  五 音韻用法的変化

   1 語頭濁音の成立

   2 語頭ラ行音の成立

   3 ハ行転呼現象

   4 語中・語尾における母音音節の許容

  六 音価の変遷

   1 サ行子音

   2 ザ行子音

   3 タ行子音

   4 ダ行子音

   5 ハ行子音`

   6 語中・語尾の濁音

   7 母音音節エ・オの音価

   8 エ列・オ列母音の音価

  七 アクセントの史的考察

   1 アクセント史研究の方法

   2 アクセント変化とその方向

  八 アクセント史上の諸問題

   1 上昇調拍の消滅

   2 下降調拍の消滅

   3 いわゆる「入声点」について

   4 ●○●型の衰退

    (1) ●○●型表記とその解釈

    (2) 卓立型助詞の従属型化

   5 低平型の消滅

   6 語頭における低音連続型の問題

  九 史的研究資料としての方言アクセント

   1 諸方言の分派関係と漢語アクセント

   2 その他の諸問題


第三章 近代の音韻      外山映次

  一 近代I

   1 母音

    (1) 「エ」と「オ」

    (2) 母音の交替

   2 子音

    (1) 濁音の前の鼻音

    (2) 「カ・ガ」行の頭子音

    (3) 「サ・ザ」行の頭子立日

    (4) 「タ・ダ」行の頭子音

    (5) 「ハ」行の頭子音

    (6) パ行の頭子音

    (7) 四つがな(ジ・ズ・ヂ・ヅ)

   3 拗音

    (1) 拗音

    (2) 「カ・ガ」行合拗音

   4 長音

    (1) ア段・イ段・エ段の長音

    (2) ウ段の長音

    (3) オ段の長音 開音と合音

    (4) 開合の混乱

   5 撥音、入声音、促音

    (1) 撥音

    (2) 入声音

    (3) 促音

   6 連声

   7 アクセント

  二 近代II

   1 母音

    (1) 「エ」と「オ」

    (2) 母音の無声化

   2 子音

    (1) 濁音の前の鼻音・鼻濁音

    (2) サ・ザ行音の頭子音

    (3) 「ハ」行の頭子音

    (4) 四つがなの混同

   3 拗音

    (1) 合拗音クヮ・グヮ

    (2) 拗音直音化、「シュ」と「「シ」

   4 長音(連母音長音化)

    (1) オ段の長音開合の混乱

    (2) エ段の長音

    (3) ア段の長音

    (4) 長音の短音化

   5 促音撥音・入声音

    (1) 入声音

    (2) 促音撥音

   6 連声


第四章 現代の音韻        上村幸雄

 一 序説

  1 課題

  2 フォネームとその種類

 二 母音フォネーム

  1 母音フォネームの種類

  2 みじか母音フォネーム

  3 なが母音フォネーム

 三 子音フォネー ム

  1 子音フォネームの種類

  2 音節をひらく子音フォネーム

  3 音節をとじる子音フォネーム

 四 音節


第五章 古代の文字     築島裕

  一 序説-漢字の伝来と本邦への定着

   1 概説

   2 神代文字

   3 漢字の渡来

   4 奈良時代

   5 平安時代

  二 古代日本社会における文字の役割

   1 古代の識字層

  三 平安時代の文字文体

   1 概説

   2 漢字のみの文献

   3 漢字仮名併用の文献

   4 平仮名のみの文献

   5 片仮名のみの文献

  四 漢字

   1 古代文献に見られる漢字の異体字

   2 古文・則天文字・篆書など

   3 行書体・草書体

   4 略字体

  五 万葉仮名

   1 音訳字と万葉仮名

    (1) 音訳字と万葉仮名

    (2) 中国史書に見えた本邦の国有名詞の音訳字

    (3) 陀羅尼の音訳字

    (4) 創始期の万葉仮名

    (5) 『古事記』の万葉仮名

    (6) 『日本書紀』の万葉仮名

    (7) 『万葉集』の万葉仮名

    (8) 宣命の万葉仮名

    (9) その他の上代文献万葉仮名

    (10) 清濁の書分け

    (11) 平安時代の万葉仮名

  六 平仮名

  七 片仮名

  八 ヲコト点


第六章 近代・現代の文字   山田俊雄

  一 「文字史」を中世以後の時代について試みることの意味

   1 近世の文字を『柳多留』について見る

   2 活字印刷以前と以後

  二 現代の文字についての常識と近世の状況

   1 『柳多留』使用漢字と現代当用漢字

   2 同一語の表記法がいつも同一か

   3 漢語は必ずしも漢字表記でなかった

   4 かたかなの役割

   5 踊り字のつかい方


第七章 かなづかいの歴史   山内育男

  一 かなづかいの成立契機

   1 文字言語の保守・継承と「かな表」

   2 語音表としての「いろは」

   3 かな表としての「いろは」

  二 古代におけるかなの用法

   1 かなづかい以前

   2 古典かなづかい

   3 十・十一世紀のかなの用法

    (1) 『因幡国司解案紙背仮名消息』

    (2) 『虚空蔵菩薩念誦次第紙背仮名消息』

    (3) 『藤原為房妻仮名消息』

   4 かなづかいと語音

   三 近代におけゐかなの用法:

   1 十二世紀のかなの用法

    (1) 『平安遺文』のかなの用法

    (2) 『法華修法一百座聞書抄』のかなの用法

   2 親鸞のかなの用法

    (1) 和語表記のかなの用法

    (2) 親鸞のかなの用法と語音との関連

   3 位置の原側1『和歌大綱』と『悦日抄』

   4 藤原定家のかなの用法とそめかなづかいの原理

    (1) 『土左日記』におけゐかなの用法

    (2) 定家のかなづかいの原理

   5 定家かなづかいと中世一般のかなの用法

    (1) 定家かなづかい

    (2) 中世一般のかなの用法

索引

 事項索引

 語彙索引

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070604

2007-06-03

『講座国語史 文法史』大修館書店 『講座国語史 文法史』大修館書店 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『講座国語史 文法史』大修館書店 - 日本語関係の目次・索引など 『講座国語史 文法史』大修館書店 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

第一章 総説  築島裕

 一 緒言

 二 本文批判の問題

 三 新資料の探索と活用

 四 時代区分の問題

 五 文法史と文体史との交渉

 六 音韻史文法史との関係

第二章 古代の文法I   白藤禮幸

  一 はじめに

  二 動詞活用の起源に関する諸説

   A 大野晋氏の説

   B 馬淵和夫氏の説

   C 福田良輔氏の説

   D 川端善明氏の説

   E "靡"に関する吉田金彦氏の説

   F 山口佳紀氏の説

   まとめ

  三 形容詞活用に関する説

  四 散文資料の語法についての二・三の問題

   1 "時"の表現──「き」「けり」をめぐって

   2 動詞のある畳語形式について

   3 助詞について

  追記


第三章 古代の文法II     小林芳規

  一 まえがき

   1 対象とする時代

   2 従来の研究と残された課題

   3 問題点と本稿の立場

   4 資料と方法

  二 平安初期訓点資料による文法の実態

   1 代名詞

   2 動詞

    (一) 活用の種類

    (二) 活用用法

    (三) 活用の個別的変化

   3 形容詞

    (一) 活用形用法

    (二) 活用の個別的変化

    (三) 形容詞語彙

    (四) 補説-活用形用法

   4 形容動詞

    (一) タリ活用の発達

    (二) 情態言の語構成

    (三) 「ニアリ」と「ナリ」との消長

   5 副詞

    (一) 語形そのものの変改

    (二) 副詞対応する呼応語の変遷

   6 助詞

   (一) 関係助詞I──格助詞

   (二) 関係助詞II──接続助詞

   (三) 添意助詞I──副助詞

   (四) 添意助詞II──係助詞

   (五) 添意助詞III──終助詞

   (六) 添意助詞IV──間投助詞

  7 助動詞

   (一) 断定の助動詞

   (二) 推量の助動詞

   (三) 回想の助動詞

   (四) ㈲ 完了の助動詞

   (五) ㈲ 打消の助動詞

   (六) 因受身助動詞

   (七) 使役助動詞

   (八) 比況の助動詞

  三 訓読語法の変遷i-平安初期から平安後半期へ

  四 和文語の文法訓読語の文法

  五 結びにかえて

  追記


第四章 近代の文法I     土井洋一

  一 序説

   1 研究資料と従来の研究成果

   2 近代語法の諸相

   3 本稿での研究方法

  二 本論I 語法

   1 体言

   2 主格助詞

   3 代名詞

   4 活用

   5 動詞

   6 形容詞

  三 本論II 表現法

   1 可能

   2 断定

   3 否定

   4 疑問

  四 おわりに


第五章 近代の文法II(上方篇) 坂梨隆三

  はじめに

  一 品詞ごとの記述、およびいくつかの問題点

   1 動詞

    (1) 活用の種類

    (2) 活用その他いくつかの間題

   2 形容詞

   3 形容動詞

   4 代名詞

   5 接続詞

   6 副詞

   7 連体詞

   8 助動詞

    (1) 意志 推量

    (2) 比況

    (3) 様態・推定

    (4) 使役

    (5) 過去

    (6) 断定

    (7) 丁寧

    (8) 尊敬

   9 助詞

    (1) 助詞の種類

    (2) いくつかの問題点

  二 表現法の二、三について

   1 仮定表現

    (1) 未然形+ば

    (2) 仮定形+ば

    (3) ナラ(バ)・タラ(バ)

   2 確定表現

   3 逆接表現

   4 打消および打消の助詞助動詞を用いた表現

   5 譲歩表現


第六章 近代の文法II(江戸篇) 小松寿雄

  はじめに

  一 明和の語法─概説にかえて

   1 人称代名詞

   2 動詞

   3 形容詞

   4 助動詞

   5 助詞

  二 語法の変遷

   1 江戸語の形成と変遷

   2 ワア行五段活用音便形

   3 形容詞連用形の原形と音便形

   4 ダロウ・ダッタ

   5 推量表現と意志表現の分化 付ベイ

   6 否定表現

   7 可能表現

   8 命令表現

   9 準体助詞ノと連体形準体法

   10 デス

   11 明和における江戸語の形成と階層


第七章 現代の文法     古田東朔

  はじめに

  一 「国語」意識の成立と「文法」への動き

   1 維新の変革と言語生活の変化

    (1) 階層の均一化

    (2) 関西的な言い方と関東的な言い方

    (3) 「文語」と「口語

   2 「国語」意識の成立

   3 規範としての「文法

   4 「文語」における規範的語法の確立

    (1) 当時の「文語

    (2) 「普通文」とその文法'

    (3) 文語文法と「許容事項」

   5 「口語」におげる規範的語法の確立

    (1) 当時の「口語」「口語文」ーいわゆる「口語」「文語」の混用

    (2) 「標準語」へ

    (3) 口語文法の新編成

  二 各論

   1 『口語法』における規定

   2 用言

    (1) 活用のしかたの規正

    (2) 動詞

    (3) 形容詞

    (4) 形容動詞

   3 助動詞

索引

 事項索引

 語彙索引

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070603

2007-06-02

『講座国語史 文体史・言語生活史』大修館書店 『講座国語史 文体史・言語生活史』大修館書店 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『講座国語史 文体史・言語生活史』大修館書店 - 日本語関係の目次・索引など 『講座国語史 文体史・言語生活史』大修館書店 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

第一章 総説   佐藤喜代治

 一 文体の歴史

  1 文体の研究

  2 言語文章

  3 文字文章

  4 文章観の変遷

  5 文章の種類

 二 言語生活の歴史

  1 言語生活の研究

  2 言語生活と社会

  3 言語生活と思想

  4 言語および情報手段の変化


第二章 古代の文体  前田富祺

 一 漢文

  1 漢文の渡来

   (1) 漢字の渡来

   (2) 金石文における漢文

   (3) 十七条憲法と三経義疏

  2 漢文の採用

   (1) 『日本書紀』の文体

   (2) 漢詩集の盛行

 3 奈良時代の漢文から平安時代の漢文

  (1) 公文書

  (2) 私文書

 二 漢文の日本化

  1 記録体の発生

  (1) 金石文における日本的要素

  (2) 『古事記』の文体

  (3) 『風土記』の文体

 2 記録体の一般化

  (1) 公文書

  (2) 書簡文

  (3) 日記

  (4) その他

 三 漢字仮名まじり文

  1 宣命書

   (1) 宣命

   (2) 祝詞

  2 漢字片仮名まじり文

   (1) 東大寺諷誦文稿

   (2) 説話文学

   (3) 和漢混淆文

 四 仮名文

  1 仮名文の発生

   (1) 記紀歌謡

   (2) 『万葉集

   (3) 万葉仮名書状など

  2 平仮名

   (1) 平仮名文の発達

   (2) 物語

   (3) 日記

   (4) 『枕草子

   (5) 書状


第三章 近代の文体 寿岳章子

 一 近代における文章様式、パターンの存在

  1 伝統的な様式、権威として望むもの

  2 和文における文体

  3 漢語漢文の地位

 二 芽生えるもの

  1 キリシタン口語資料のもつ価値、意義

  2 抄物文章の特質

  3 会話レアリズムの確立

  4 言語におけるローカリズムの登場

 三 スタイルの形成に役立うもの

  1 内容とスタイルとの関連

    (1) 説話物の追力

    (2) 『おあん物語』の特異な文体

    (3) キリシタン教義物の文体

  2 ラングとしての国語の変遷と文体とのかかわりあい

    (1) 係り結びの大混乱、消失、助動詞助詞の単用化。そして活用接続の変化

    (2) 音韻変化がもたらした問題

    (3) 語彙の変遷と近代の文体

  3 往来物誕生の意味

  4 七五調の確立


第四章 現代の文体   林巨樹

 一 輓近三代の交体の展望

   1 現代の文体史の意味

   2 輓近三代の文体史の特質

   3 現代文体史の構図

 二 明治前期の文章諸体

   1 明治初期の混沌

   2 漢文体からかな混じり文へ

   3 和漢混淆文の成長

   4 啓蒙文学の文体

   5 開化文学の文体

   6 和文体の変貌

   7 公用文・新聞記事その他

   8 翻訳小説・政治小説文体

   9 現代の文体が目ざしたもの

 三 言文一致体の発足とその成長

   1 言文一致のとらえ方

   2 口談筆記の両般の趣を異にせざる様

   3 談話体からの脱却

   4 逍遙・四迷・美妙・おむろの新丈体

   5 言文一致体のおかれていた立場

 四 明治普通文と〃美文"の消長

   1 普通文の普遍化

   2 普通文中の和文脈と漢文

   3 ”美文"の問題

 五 ”現代口語文"のたどった足どり

   1 口語文成熟の経路

   2 こなれた文体とは何か

   3 翻訳と現代口語文

 六 今日の文章諸体とその問題点

   1 文章の大衆化動向その他

   2 戦後の国語政策と文章


第五章 古代の言語生活    橋本四郎

  一 古代の言語生活の素描

   1 文字以前

   2 文字との出あい

   3 言語生活の展開

  二 古代人の言語

   1 言と事

   2 言霊信仰と言語生活

   3 沈黙のもつ意味

   4 名と事

  三 言語に対する価値観

   1 語に対する価値の差

    (1) 敬語

    (2) 語の新古

    (3) 語の雅俗

   2 音声文字との価値の差

   3 文字内部に存する価値の差

    (1) 漢字と仮名

    (2) 字体

    (3) 字の配列

  四 文字言語の成立と展開

   1 上代の漢字の種々相

   2 文字の選択

   3 文の表記

   4 筆記用具の貴重さ

   5 筆記用具の種類

   6 文字の習得

  五 口頭の言語生活

   1 会話の場

   2 話題

   3 身振・表情・随伴行為

   4 社交的なことば

   5 唱え言

   6 会議・広報

   7 間接的な伝達

  六 文字による言語生活

   1 不特定多数をめざす文字表現

   2 特定の受手をめざす文字表現

   3 受手を予想しない文字表現

  七 言語の享受

   1 聞く生活・読む生活

   2 言語作品の鑑賞

   3 言語遊戯

   4 文字生活のための施設


第六章 近代の言語生活    杉本つとむ

  一 近代語の出発

   1 近代語の構造

   2 近代語の出発点

  二 言語生活の諸相

   1 生活の中のことば

   2 丈字習得とその背景

   3 言語教育とその方法

  三 近代語と社会生活

   1 話し方とその指導法

   2 身分制度の中のことば

   3 天皇用語の創始と定着

  四 近代語と出版文化

   1 庶民文化の出発

   2 出版と豊かな言語生活

   3 ことばと思想と行動

  五 近代語と西欧文化

   1 日本語とシナ語とヨーロッパ語

   2 翻訳と新しい表現

   3 外来語とその普及

第七章 現代の言語生活 森岡健二

 一 聞く・話す生活

  1 問題

  2 標準語形成における東京語の問題

  3 本江戸の性格

  4 標準語の形成(一)

  5 標準語の形成(二)

  6 待遇法の変化

    (1) 明治前期

    (2) 明治後期

    (3) 大正時代

    (4) 昭和前期

    (5) 昭和後期

  7 マス・コミュニケーションの発達

    (1) 演説

    (2) 歌謡と演芸

    (3) マス・コミュニケーションの媒体の発達

 二 文字生活

  1 問題

  2 漢字機能の合理化

    (1) 「漢文式表記の衰退

    (2) 訓読の固定化

    (3) 音心読の衰退

    (4) 当て字の衰退

    (5) 基準漢字への確定

    (6) 一字二形態素から一字一形態素

    (7) 二字一形態素から一字一形態素

    (8) 意読から一字一形態素

  3 新しい表現と思考法の発達

    (1) 大槻玄沢『蘭学階梯』

    (2) 藤林泰助『蘭学語法解』

    (3) 総摂館出版『訓点/和蘭文典』

    (4) 独案内

    (5) 直訳本

  4 言文一致体の成立

    (1) 成立

    (2) 特色


索引

  事項索引

  語彙索引

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070602

2007-06-01

『講座日本語学語彙史』明治書院 『講座日本語学4語彙史』明治書院 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『講座日本語学4語彙史』明治書院 - 日本語関係の目次・索引など 『講座日本語学4語彙史』明治書院 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

昭和57年1月15日発行

編者の言葉


語彙の歴史の中の現代語彙 森岡健二

 現代語彙の体系

  1 類概念の位置にある語彙

  2 種概念の位置にある語彙

  3 下位概念の位置にある語彙

  4 上位概念に位置する語彙

 和語の性格

  1 語基としての資格のなくなったもの

  2 異形態関係の語基

  3 語基の交替

  4 派生語・合成語の変化

 漢語の性格

  1 和語異形態の漢語形態素

  2 和語異形態にならないが明確な漢語形態素

  3 分割不可能漢語形態素

  4 語彙の更新と現代漢語

 おわりに


和語の意味変化 前田富祺

 はじめに

 意味変化の考え方

 多義語の語義変化

 語義変化の分類

 おわりに


漢語の変遷   柏谷嘉弘

 はじめに

 古代の漢語

 中古の漢語

 中世の漢語

 近世の漢語

 近代の漢語


和製漢語の歴史 佐藤喜代治

 和製漢語

 古代

 中世

 近世

 近代


外来語の歴史     松岡洸司

 外来語の性格

  1、日本語が形成されて以後の渡来語

  2、分解不可能な構成要素

  3、使用範囲の限界

  4、物件との固い結合

  5、使用場面の片寄り

  6、原語の変容

 (1) キリシタン時代

   1 通商関係の外来語

   2 伝道関係の外来語

 (3) 江戸時代

   1 通商関係の外来語

   2 科学技術関係の外来語

 (4) 明治以降

 結びにかえて


親族語彙の歴史 武井睦雄


身体語彙の歴史 宮地敦子


色彩語彙の歴史 武井邦彦


言語行動語彙の歴史 寿岳章子


感覚・感情語彙の歴史 山口仲美


象徴語彙の歴史    大坪併治



あとがき

筆者一覧

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070601