日本語関係の目次・索引など このページをアンテナに追加 RSSフィード

ここには、日本語関係の書を、写すは楽しにそれ以外の書を置こうと思いますが、少しダブったり混じったりしています。
日付に意味は(殆んど)ありません。

2007-06-15

岩波講座日本語文字『岩波講座日本語8文字』 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『岩波講座日本語8文字』 - 日本語関係の目次・索引など 『岩波講座日本語8文字』 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント



1 文字の本質                  河野六郎 

  一 文字音声

  二 文字と文化

  三 表語文字表音文字

  四 表語と表音

  五 表音文字の表語

  六 文字の表音

  七 語の発生


2 文字の体系と構造               樺島忠夫

  一 文字論のための基礎概念

  二 文字の形に関して

  三 文字体系と表記体系

  四 音列と表記要素列との対応

  五 文字体系の構造と機能

  六 表記体系の特性


3 漢字概説                   藤堂明保

  一 漢字字体

  二 漢字意味

  三 漢語音韻論-時代区分-

  四 中古(隋唐)漢語の音系

  五 呉音漢音

  六 唐宋音の源流──杭州を中心とする江南共通語──

  七 上古漢語


4 日本における漢字               林史典

  一 漢字の伝来

  二 漢字の定着

  三 日本における漢字使用


5 万葉仮名                   鶴久

  一 仮名とは──名称の由来──

  二 文字の将来と摂取

  三 漢字漢文による日本語文章表現とその展開

  四 万葉仮名用法

  五 万葉仮名からかなへ


6 片仮名平仮名                大坪併治

  一 略体仮名

  二 片仮名

  三 平仮名


7 仮名づかいの歴史                 大野晋

  一 仮名遣とは何か

  二 藤原定家の『僻案』

  三 行阿の『仮名文字遣

  四 中世における仮名遣

  五 契沖の『和字正濫鈔

  六 石塚龍麿の『仮字遣奥山路


8 日本のローマ字             日下部文夫

  一 ローマ字と日本

  二 ローマ字つづり方の前史

  三 ローマ字国字論つづり方

  四 国際交流とつづり方

  五 理論的開発、

  六 実務のローマ字 

  七 ローマ字の諸条件


9 文字研究の歴史(1)                西宮一民

  一 漢字の運用研究の時代(上代)

  二 仮名の発明研究および辞書における漢字研究の時代(中古)

  三 仮名の運用研究および漢字仮名の流用研究の時代(中世)

  四 「国学」における文字研究の時代(近世)

  五 「国語学」における文字研究の時代(現代)

10 文字研究の歴史(2)                矢島文夫

  一 序説──文字研究の一般的問題──

  二 古代・中世における文字研究

  三 近代における文字研究

  四 日本人と外国文字

  五 文字研究の課題

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070615