日本語関係の目次・索引など このページをアンテナに追加 RSSフィード

ここには、日本語関係の書を、写すは楽しにそれ以外の書を置こうと思いますが、少しダブったり混じったりしています。
日付に意味は(殆んど)ありません。

2007-06-24

研究資料日本文法第4巻 研究資料日本文法第4巻 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 研究資料日本文法第4巻 - 日本語関係の目次・索引など 研究資料日本文法第4巻 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

     目次

1 文の成分とは何か            京極興一

 一 文の成分となる言語単位について

  文節を文の成分とする説

  詞を文の成分とする説

  文の成分と助詞助動詞

 二 文の成分の分類

  大槻文彦広日本文典

  三矢重松高等日本文法

  山田孝雄日本文法論』・『日本文法学概論』

  松下大三郎改撰標準日本文法

  橋本進吉『新文典別記上級用』・文部省『中等文法

  時枝誠記日本文法口語篇』・『日本文法文語篇』

  渡辺実『国語構文論』

  鈴木重幸『日本語文法・形態論』


2 修飾句と独立句と接続句           鈴木一彦

 一 文とその部分

 二 富士谷成章の挿頭

 三 本居春庭の「詞天爾乎波のかΣる所の事」

 四 明治初期の文の分析

  『日本文典問答』

  『日本中文典』

  『日本小文典

 五 修飾句

 六 独立句

 七 接続句


3 連体詞の諸問題──研究史的視点を含む       鈴木英夫

  はじめに

 一 認定の遅れた理由

 二 品詞としての名称

 三 本格的な連体詞研究

 四 最近の研究の動向

 五 一般に連体詞とされる語

 六 連体詞における問題点

  むすび


4 接続詞の諸問題──その成立と機能         田中章夫

 一 はじめに

 二 接続詞の性格

 三 接続の機能と接続詞

 四 接続の形態とその分類

 五 接続表現の様相

 六 対等の接続(並立の接続)

 七 承前の接続(条件の接続)

 八 転換の接続

 九 おわりに


5 感動詞・間投詞・応答詞            山口堯二

 一 研究史覚え書

  単一の品詞とする見方

  感動詞の内分け

  発達論・位相論的な見方

 二 成分としての依存度

 三 他品詞との移動関係

  他品詞よりの転成・推移

  他品詞への転成・派生など

 四 感動詞の位相性

 五 感動詞の語音構造

 六 類語と意味の広がり


6 擬声語・擬音語・類態語      鈴木雅子

 一 擬声語とは何か

 二 名称について

 三 通時的考察

  上古

  中古

  中世

  近世

  近代から現代へ

 四 現代擬声語の諸問題

 終りに


7 あいさつ語について            宇野義方

 一 あいさつの種類

 二 あいさつ語

 三 あいさつ語の場面

 四 あいさつ語と文法

 五 あいさつ語の型

 六 手紙の末文のあいさつ語の型

 七 あいさつ語の諸問題


8 外国語の挨拶語               澤登春焦

 一 「ことば交わし」()

 二 出会いと別れの挨拶

 三 天候に関する挨拶

 四 お祝いと悲しみの挨拶

 五 お礼とお詑びの挨拶


資料I 近世以前の修飾句・独立句研究書抄         〔中山緑朗〕

  奥義鈔(抄)

  万葉集註釈(抄)

  名語記(抄)

  ロドリゲス日本大文典(抄)

  かざし抄(抄)

  雅語音声考(全)

  語学究理九品九格総括図式・語学新書(抄)


資料II 1 「副詞の整理」                 〔編集部〕

    2 現行国語教科書にあらわれる接続語        〔広瀬佳子〕


資料III 副詞・連体詞・接続詞・感動詞関係研究文献一覧     〔中山緑朗〕

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070624