日本語関係の目次・索引など このページをアンテナに追加 RSSフィード

ここには、日本語関係の書を、写すは楽しにそれ以外の書を置こうと思いますが、少しダブったり混じったりしています。
日付に意味は(殆んど)ありません。

2007-12-31

瀬戸賢一『メタファー思考』講談社現代新書 瀬戸賢一『メタファー思考』講談社現代新書 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 瀬戸賢一『メタファー思考』講談社現代新書 - 日本語関係の目次・索引など 瀬戸賢一『メタファー思考』講談社現代新書 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

メタファー思考 (講談社現代新書)

メタファー思考 (講談社現代新書)

序章 メタファー発見

第一章 視覚のメタファー

 「見る」のメタファー

 「分かる」とは何か

 光と闇

第二章 空間のメタファー

 位置と運動

 人生は旅

 「道」のメタファー

第三章 メタファーと現代社会

 メタファーと心理

 メタファーと経済

 メタファーと科学

理論解説 メタファー早わかり

読書案内

vsqzrwlvsqzrwl2012/06/06 13:507niiNu , [url=http://euwabrsmzqvp.com/]euwabrsmzqvp[/url], [link=http://wmcoahtosdlm.com/]wmcoahtosdlm[/link], http://mgrptbztwomn.com/

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071231

2007-12-30

[]相川浩『話し度胸はこうしてつける』KKロングセラーズ 相川浩『話し度胸はこうしてつける』KKロングセラーズ - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 相川浩『話し度胸はこうしてつける』KKロングセラーズ - 日本語関係の目次・索引など 相川浩『話し度胸はこうしてつける』KKロングセラーズ - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

昭和61年6月1O日

平成4年6月1O日37版

(カバー袖)

NHKアナウンサー

話し下手ほど魅力的な話し手になれる

恐怖心はこうして吹きとばせ

もっと自由に、もっと気楽に話ができる

あなたらしさが人の心をグッとつかむ

 ふるさと言葉は武器になる

  標準語は"理性語"なのだ

  胸を張って話すふるさと言葉が人気のマトに

  豊かな話し方への第一歩

とっさの時でも堂々と話せるこの秘密

もうあなたは自信をもって話ができる

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071230

2007-12-29

[]酒井広『話し上手になる本』日東書院 酒井広『話し上手になる本』日東書院 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 酒井広『話し上手になる本』日東書院 - 日本語関係の目次・索引など 酒井広『話し上手になる本』日東書院 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

話し上手になる本―話し方の基本とマナー

話し上手になる本―話し方の基本とマナー

1997年4月1日(カバー袖)

NHKアナウンサー

話し方の基本とマナー

人に好かれる話し方

敬語についての知識

話材の集め方

じょうずな聞き方をするために

説得する力を身につけるために

話し合いをスムーズにするために

人前での話し方

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071229

2007-12-28

[]西口孝四郎『文章上達「新聞活用法』実日新書 西口孝四郎『文章上達「新聞」活用法』実日新書 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 西口孝四郎『文章上達「新聞」活用法』実日新書 - 日本語関係の目次・索引など 西口孝四郎『文章上達「新聞」活用法』実日新書 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

文章上達『新聞』活用法 (実日新書)

文章上達『新聞』活用法 (実日新書)

昭和61年8月10日

大正14年大阪府岸和田市生まれ

読売新聞大阪本社社会部

どのような記事が名文か

新聞文章は上達する

 新聞の紙面構成

 身近にある文章

 徹底して具体的

 簡単な文章比較

 明確なテーマ

さまざまな新聞記事文

 コラム欄

 社会面

 絵解き記事

 人物記事

 お天気欄

 家庭文化面

 ベタ記事

 外電

 事件記事

 スポーツ記事

 社説

書くための読者欄研究

私の"文章作法"実践編

さぁ、ペンを手に取ろう

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071228

2007-12-27

田中良太『ワープロが社会を変える』中公新書 田中良太『ワープロが社会を変える』中公新書 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 田中良太『ワープロが社会を変える』中公新書 - 日本語関係の目次・索引など 田中良太『ワープロが社会を変える』中公新書 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

ワープロが社会を変える (中公新書)

ワープロが社会を変える (中公新書)

新聞社からペンが消える

日本語への挑戦

 三項目のコンセプト

 タイプライターへの挑戦

 「漢テレ」の改良

 かな漢字変換

 アンダー・ザ・テーブルの研究

 見いだせぬ法則性(((「国語学者に叱られた」))

 文法との取り組み

 コンピュータの日本語解析

 正解は七〇%

 二つの学習機能

 社内の反対

 全文字配列で追随

 キーボード・アレルギー

 多様な入力方式

 コンピュータとの対話

 日本語タイプライター

 一〇〇〇万台の予言

 ローマ字入力

 パソコンの成長

 安値競争の八五年

 本格派の勝利

 AI辞書

 通信端末への歩み

変わる企業社会

電子文字の文化

 ライター誕生

 ガリ版代わり

 入力と出力

 手づくり出版

 自分史ブーム

 ゲリラの武器

 ワープロ出版

 情報誌編集システム

 ワープロ一台で出発

 タウン誌・ミニコミ

 活字文化に活力

 パソコン通信の世界

 双方向のメディア

 距離を超えて

 フォーラムの魅力

 伸びるネットワーク人口

 時事問題の論議

 オンライン同人誌

 市民運動の交流

 原発テーマに官庁も

 「少数派」にメリット

 マスコミとは異なる性格

 「生活者」が語り合う

 オンラインデータベース

 CD-ROM出版

 広がる可能

ワープロの文章

 推敲に威力

 使わない理由 (小松左京)

 「ワープロの文学」?

 ベテラン作家の道具 (三田誠広)

 三〇代は一〇〇%

 「墮落」誘う面も

 文書づくりの工場

 手書きの「恥ずかしさ」

 ワープロでノウハウを学ぶ

 消える「書ける」人たち

 辞書ブーム

 機械まかせの文字づかい

 漢字が多すぎる文章

 漢字優先の設計思想

 消費者も漢字好き

 「多いほどいい?」JIS漢字

 未整理のまま「筆記具」に

 漢字制限の緩和

 一万二一五六字

 不合理な文字体系

 必要な民間の努力

管理と対話

障害者のコミュニケーション

あとがき

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071227

2007-12-26

板井慶次郎『雅俗/故事新編』明治18年 板井慶次郎『雅俗/故事新編』明治18年 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 板井慶次郎『雅俗/故事新編』明治18年 - 日本語関係の目次・索引など 板井慶次郎『雅俗/故事新編』明治18年 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

一を以て萬を知る

井中の蛙大海を知らず

聖人に無夢

坊主が憎ければ袈裟迄憎し

若干

五里霧中

矛楯

花は根に帰る

養由に弓を云ふ

普請

無恙

杞憂

人間万事塞翁之馬

柱に膠す

朝三暮四の術

青州從事

貧乏暇なし

箕裘を紹く

唇歯の國

濫觴

藝は身を祐く

革命

毛を吹いて瘡を求む

首鼠兩端

秦越の肥脊

古郷難忘

竹枝

女紅

螳螂が斧を以て降車に向ふ

傾蓋

妾を小星と云ふ

茶器を急須と云ふ

上を学ぶ下

念力岩を通す

烏有

轍鮒之急

一字千金

越俎之罪

祝融及回祿

遊山

藪醫者

角を直すとて牛を殺す

面目

含沙何影

藝妓を校書と云ふ

嚆矢

親友を知音と云ふ

蓼食虫

上戸下戸

馬耳東風

七十歳を古稀と云ふ

懸孤節

甘棠の念

時に遇は鼠も虎となる

怨は恩で報せよ

故郷を桑梓と云ふ

精進

遁甲の術

……

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071226

2007-12-25

『松井博士古稀記念論文集』(松井簡治) 昭和7年 『松井博士古稀記念論文集』(松井簡治) 昭和7年 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『松井博士古稀記念論文集』(松井簡治) 昭和7年 - 日本語関係の目次・索引など 『松井博士古稀記念論文集』(松井簡治) 昭和7年 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

http://opac.ndl.go.jp/recordid/000000685471/jpn

こちらにありましたが、消すこともないので。

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071225

2007-12-24

『NHK国語講座 話の進め方』宝文館 『NHK国語講座 話の進め方』宝文館 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『NHK国語講座 話の進め方』宝文館 - 日本語関係の目次・索引など 『NHK国語講座 話の進め方』宝文館 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

森岡健二と東京女子大学学生

 新しい話し方

 話す能力とは

 態度と姿勢

 お話の練習

 話の目的

 聞き手と場合

 話題

 材料とは

 材料を集める


宇野義方

 材料を生かす

 材料の排列

 序と結び

 段落の立て方

 五段落の組み立て

 話の骨組

 話の評価


上甲幹一

 目的に応じた話し方

 話における聞き手

 好感を持たれる話し方

 注意をひく話し方

 楽しませる話し方

 感銘させる話し方

 正しく伝える話し方

 納得させる話し方

 行動させる話し方


会議の能率 大久保忠利・水原泰介

 討議

 集団による思考

 討議の順序

 全員に発言の機会を

 司会者の役割

 観察係の活用


日常の会話 渋沢秀雄森岡健二

面接(インタービュー) 堀川直義森岡健二

セールスマン・スピーチ 原一平・宇野義方

あらたまったあいさつ 村岡花子上甲幹一

テーブル・スピーチ 石黒敬七上甲幹一

テーブル・スピーチ 福田いね・宇野義方

電話交換 徳川夢聲・宇野義方

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071224

2007-12-23

『ペン習字資料事典』日本ペン習字研究会 昭和49 『ペン習字資料事典』日本ペン習字研究会 昭和49 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『ペン習字資料事典』日本ペン習字研究会 昭和49 - 日本語関係の目次・索引など 『ペン習字資料事典』日本ペン習字研究会 昭和49 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

当用漢字音訓表

 補正資料

人名漢字

音訓表付表

 特殊な音訓と用語例

送りがなのつけ方

誤用しやすい漢字

 同訓漢字

 書き誤りやすい漢字

誤用しやすい熟語

 同音異義語

 書き誤りやすい熟語

教育漢字筆順

字体、旧字体書写体対照表

よく使われる音訓表外字

新旧かなづかい対照表

同音の漢字による書きかえ

活字のいろいろ

文書書き方

表記のきまり

 くぎり符号くり返し符号

 数字の使い方(たて、よこ)

 外来語の書き表し方

 かなの使い方

手紙書き方

文字と書の歴史年表

ペン字検定の手引き

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071223

2007-12-22

日本語倶楽部編『【方言】の不思議 面白すぎる雑学知識 同じ日本語なのになぜこんなに違うのか?!』青春BEST文庫 青春出版社 1993.1.5発行 日本語倶楽部編『【方言】の不思議 面白すぎる雑学知識 同じ日本語なのになぜこんなに違うのか?!』青春BEST文庫 青春出版社 1993.1.5発行 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 日本語倶楽部編『【方言】の不思議 面白すぎる雑学知識 同じ日本語なのになぜこんなに違うのか?!』青春BEST文庫 青春出版社 1993.1.5発行 - 日本語関係の目次・索引など 日本語倶楽部編『【方言】の不思議 面白すぎる雑学知識 同じ日本語なのになぜこんなに違うのか?!』青春BEST文庫 青春出版社 1993.1.5発行 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

isbn:441308148X

オラが故郷(くに)の「方言」よ、永遠なれ!──まえがき

1 方言が巻き起こす勘違いってオソロシイ!

 えっ、「おなか大きい」って、まさか妊娠!?

 「満腹した」にも、さまざまな言い方あり

 解釈の違いで小ぜり合いが殺人未遂事件に……《クリサリンドー》

 「なげていいわよ」と言われても投げつけちゃダメ!《岩手捨てる》

 岡山の「傘にのる」ってどうすること?

 タバコを吸うときは「いざらかしてちょ」と言う?!《名古屋の移動》

 テンプラのことではない福島の「カンプラ」とは《じゃがいも》

 「ジャガイモ」にはこんなに多くの呼び名がある

 「ひよっこ、もえた」に仰天したお嫁さん

 佐賀ではあるのに「ない、ない」と言うわけ

 岩手で飛び交う「セツナイ」って何のこと?《忙しい》

 みそ汁が「アマイ」のは愛情のせい?《薄味》

 「ケツ」は下品な言葉じゃありません

 福井の「カタイ」人ってどういう人?《健康》

 北海道の人に「今、何時ハン?」と聞かれたら……

 大分の会合での合言葉「オメデトウございます」とは

 「降りる人が死んでからお乗りください」の真相は?

 他県の人を混乱させる、熊本の「ヤル」とは

 沖縄の「チビガルー」はこんなホメ言葉です

 「~だんべ」を北の国で使っちゃいけない理由

 地方によって違う、あぁ恥ずかしい言葉

 青森の「あなた」には二つのニュアンスがある

 「イシコイ」顔って、いったいどんな顔?

 北野誠が語る、これが「大阪人の優しさ」だ

 ボケたらツッコむのは大阪人のエチケット!

 サンキューもノーサンキューも「おおきに」ですませる大阪人

 祇園言葉の「へえ」は、とっても便利どすえ

 舞妓さんの「へえ、おおきに」は「イエス」にあらず?!

 「あさって」の次の日をキミは何と言う?


2 全国には異音同義の方言がいっぱい

 アホ・バカの方言は日本にいくつあるか

 「からかう」の方言を「おちょくる」なかれ!

 全国の「おてんば」娘が大集合

 日本縦断「あぁ恥ずかしい!」

 それぞれの地方の「悲しい」思いとは

 福島・栃木では「映画みた」ら泣く?《因果》

 「つっ立って、へこたれろ」とは

 挙げればキリがない「自分」を表す方言

 「だんだん」「おおきに」はダイエットの成果だ

 赤ちゃんとカエルは同じようなもの?

 どの地方にも「酒癖の悪いヤツ」はいるものです

 下関で「みやがらす」って言われたら恥だぞ

 「トイレ」は世につれ、土地につれ

 場所そのものからきた「トイレ」の方言の数々

 ちょっと変わった「トイレ」の語源

 結婚とはズバリ、お祝い金のこと?!《祝儀》

 思わず赤面しちゃう鹿児島の「マグワウ」

 これぞ日本全国“観音様”めぐり

 女性自身には上品なものと下品なものがある?!

 「性交する」にも郷土色豊かな表現がある

 全国で通用する男性自身の言い方とは

 なぜ「葬式」のことを「ジャンボン」と言う?

 「スミレ」を「相撲取り花」と言うわけは?

 名古屋の「やっとかめ」はむろん亀のことじゃない

 えっ、モノを貯えることは「タブー」なの?!

 沖縄県平良市の「タマンズウ」って何?

 方言になった室町時代流行語とは


3 ひと筋縄では解けない方言の謎

 修理したのに「ハソンした」とはこれいかに

 なんと、お父さんが「マー」で、お母さんが「チチ」?!

 「いくよ」が「くるよ」で「くるよ」は「いくよ」……

 和歌山の「お金がオシイ」ってどんな意味《欲しい》

 人も動物もモノも皆、公平です《イル・アル》

 江戸と長崎の「ヒ」と「シ」の不思議

 どうして鹿児島弁はわかりにくいのか《暗号

 「アホ」と「バカ」の境目はどこにある?

 近畿地方にのみ「アホ」が存在する理由

 これが柳田国男の「蝸牛考」の方言周圏論

 東北弁の特色は鼻が悪いことと無関係

 なぜ佐渡の方言には東と西の特徴が表れているのか

 栃木・茨木弁と東北弁の奇妙な関係とは

 松江の「スズメ売り」の正体をご存じ?

 東京でも丁寧な言い方は西日本的になる

 混乱しやすい英語的表現も熊本の人は平気《いいえ》

 発音が日本一正しい地方はどこだ?《土佐》

 地元の人も知らない福島の「オダテモッコ」とは

 佐賀では「ホケマクイ」が餅つきで大活躍する

 千葉では食べたのに「クワン、クワン」と言う?!

 親から子へ受け継がれる「ゴジャッペ」

 海の民の言葉と山の民の言葉の違いとは


4 語源に隠された、おかしな方言の秘密

 博多弁「いがいまし」のエッチないわれとは

 東北地方の「へらまし」の深~い意味

 凡人とは違う、土佐の「いごっそう」ってどんな人?

 肥後の「もっこす」のルーツは中国語って本当?!

 京都の「アカン」は何からきた言葉か

 大阪の「ホルモン」焼きの由来とは

 「捨てる」の超豪快な方言はこれ

 「べらぼうめぇ」のルーツは大阪にあり

 「べらぼう」の正体はいったい何だ?

 時代とともに消えゆく「江戸べらぼうに、京どすえ」

 作り損なうことを、「オシャカになる」と言う秘密

 青森における大人物の条件「ハンチャカモン」とは

 これが北海道の「デメン」の正しい語源

 北海道人が「あんかおろして」することとは?

 沖縄で使われる「命薬」って何のこと?

 「いけません」を名古屋弁で言うと舌をかむ

 名古屋の「おそぎゃー」は実はハーフだった

 「あんばよーやってちょーよ」が「さらば」になった?

 共通語「カンコー」が名古屋に定着したわけ

 京都の「シンキクサイ」はポルトガルの辞書に出てくる

 二四時間闘う人に欠かせない「だれやめ」の正体とは

 沖縄の「アッタカーギ」を分解すると……

 沖縄方言には年功序列の精神が流れている

 火事になると沖縄では「アソコが見える」と叫ぶ

 埼玉の「そうだんべ」は古語「たるべし」から

 福島の「べー」に秘められた四つのニュアンスとは


5 消滅か生存か、方言の運命を探る

 その中学では、なぜ校則で方言を規制したのか

 社員諸君、大阪弁を使うたらアカン!

 やっぱり大阪弁はビジネスに向かない?

 大阪弁がふざけていると思われる理由

 これが大阪人が嫌いな東京弁ワースト5だ

 東京語標準語になった事情とは

 「標準語」を「共通語」と言いかえたわけは?

 難解な「かごまっ語」と一般的な「からいも標準語

 共通語になった「コラコラ」はじつは鹿児島弁だった

 女子高生も使う「ムカツク」は、こうして共通語化した

 「~じゃん」はなんと東京の言葉じゃない!

 アナウンサーに栃木・茨城出身の人が少ない秘密

 神輿のかけ声が「ワッショイ」から「セーヤ」になったわけ

 えっ、愛知県民は名古屋弁がお嫌い?

 とかく名古屋弁が汚いと言われる真犯人とは

 北海道に方言があまりないのはなぜか

 沖縄の人が共通語を使うようになったいきさつとは

 小説『梨の花』に出てくる「うるさい」の効果《五箇山》

 福岡の子供が東京からきた転校生を無視した理由は?

 「九時前五分」「九時五分前」とは同じことか

 共通語なんて、ちっとも怖くない言葉だ!

 由緒正しい大和言葉「マル」って何のこと?

 これぞ話す相手のことを考えた方言の使用法です

 滋賀の「サビシナイ」は「さびしくない」ではない

 「山へ行く」と「山に行く」のもともとの違いとは


6 所かわれば意味も違う同音異義の方言

 「しんどい」にはその土地の風土が反映される

 思わず笑っちゃう「カサマイ」の意味の違い

 全国各地にある「エズイ」ってどんなもの?

 「ゲンが悪い」のゲンは縁起のことのみにあらず

 「ドンタク」とは休むという意味だけじゃない

 『万葉集』にも出てくる「かずく」とは

 「ハンカ」な奴にもいろいろいる!

 京都で「うたう」とどうなる?

 「この本かってきた」は本を買ってきたのではない

 東の「カッテ」と西の「コウテ」は母子泣き別れだ

 関西人と関東人の「びびる」ものはどう違う?

 「つまらん」を面白くないことと思ってはいけない

 全国には「つまらん」ことがいっぱい!

 えっ、「オタク」って、あなたじゃなくて自分のこと?

 栃木の「チクラッペー」って何だっぺ?

 さわっちゃいけない千葉の「アッペ」とは

 「ちょっと、かくうってくる」九州男児の心意気


7 ニッポン縦断、県民性がズバリ!わかる方言

 寒~い北海道での「しゃべくる」はどの程度の会話?

 同じ青森でも津軽弁と南部弁が違うわけ

 秋田音頭に出てくる「コ」の雰囲気とは

 新潟では「カス」と返ってこない?!

 きつーい上州からっ風言葉

 江戸っ子はしゃべりにも勢が大事でぃ!

 都会の言葉がとっても女性的なのはなぜ?

 東京弁をマネる時のポイントはここだ

 静岡の「ズラ」は決して下品ではない

 名古屋弁の達人になるテクニックを教えよう

 名古屋の人はみんなミャーミャー言う?

 富山の「ナーン」に見る県民性の特質とは

 京都の「まったり」は公家文化から?

 京都人が好きな人嫌いな人は方言からうかがえる

 祇園の舞妓さんは「オタッキー」だった?!

 京都弁と大阪弁、どっちがキツいか

 これが大阪弁にファジーさが備わった理由だ

 大阪におけるお決まり会話をご存じか

 「なんでんねん」には重要な役割がある!

 関西弁には商人魂が見え隠れする

 関西人は失敗に対してやさしい人々?

 相手を煙に巻く「カンニンしたってェな」の威力

 関西弁で会社での人間関係をスムーズに

 伊予弁は「生温るい言葉」なのか?

 九州での敬語方言の使い方とは

 熊本では幼稚園児も敬語が使いこなせる

 熊本の「ゆーと、のさん」って何のこと?

 沖縄には「チム」文化がいっぱい!

 「ウチナーンチュ」と「ヤマトンチュ」「ウチトンチュ」



方言ものしりコラム1 似てるの?違うの?ふたつの言葉の意外な関係

 津軽弁VS鹿児島弁

 東北の「馬コ」VS沖縄の「馬グヮー」

 業界用語VS沖縄方言

 方言VSなまり

 町人言葉VS武士言葉


方言ものしりコラム2 昔ながらの方言にはこんな法則が隠されている

 鹿児島弁には不思議な法則がある

 沖縄・与那国の「フガラサー」は中国語風?

 琉球方言には母音が3つしかない?

 八重山諸島方言と韓国語の共通点とは

 栃木弁は中国語に似ている?

 大分の方言ラテン語の関係とは


方言ものしりコラム3 歌や小説に登場する地方色豊かな言葉たち

 武田鉄矢の『母に捧げるバラード』にみる温かい博多弁

 森高千里のかわいい熊本弁のせりふ

 もの悲しい『五木の子守唄』の九州弁

 りんけんバンドの『ありがとう』はすべて沖縄弁

 これが沖縄民謡の『ハイサイ オジサン』だ

 『ヴェニスの商人』のシャイロックが関西弁を喋るわけ

 『たけくらべ』に出てくる江戸言葉「お侠」とは

 

 

myhttemyhtte2011/10/03 21:19TQrfYE <a href="http://rkqjzmkpgaic.com/">rkqjzmkpgaic</a>

hnlnyjntwmhnlnyjntwm2011/10/06 02:115xUXZR , [url=http://bjqdrgmbqmbk.com/]bjqdrgmbqmbk[/url], [link=http://fezkgjxqjmbv.com/]fezkgjxqjmbv[/link], http://ghnamswdnnaq.com/

2007-12-21

[]『日本漢字音の歴史』国語学叢書10 『日本漢字音の歴史』国語学叢書10 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『日本漢字音の歴史』国語学叢書10 - 日本語関係の目次・索引など 『日本漢字音の歴史』国語学叢書10 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

昭和61年6月25日発行 東京堂

[序章 概説]

第一節 日本漢字音とは

第二節 日本漢字音の特質

一 日本漢字音の層的伝承

二 日本漢字音の諸層

 古層/中層/新層/新新層

第三節 日本漢字音における中国語音の捨象と採択

一 声母

 唇音舌音牙音歯音喉音/半舌音/半歯音

二 韻

 中心母音/介母/撥音韻尾/入声韻尾/韻における呉音漢音の相違/拍構造への変換

三 声調

 漢音声調呉音声調


[第一章 上代の漢字音

第一節 万葉仮名の背景となった漢字音の層

 推古遺文の仮名の背景/古事記仮名の背景/日本書紀仮名の背景

第二節 上代漢字音の側面

第三節 上代漢字音成立の経緯

第四節 上代の仏典読誦音

第五節 上代漢字音から平安漢字音


[第二章 平安時代初期・中期の漢字音

第一節 呉音漢音和音と正音

第二節 平安時代初期・中期の呉音漢音

一 呉音の実態

 字音直読資料の実態/訓点資料字音語の実態

二 平安中期の漢語漢字音

三 漢音の実態

 漢籍の字音読/漢籍訓点資料漢音/漢籍訓点資料反切音/漢籍訓点資料漢音声調体系/密教教典読誦の漢音漢音の諸層

第三節 声明に伴う新漢音の将来

第四節 陀羅尼の音読と加点


[第三章 平安後期以後の漢字音

第一節 呉音資料漢音資料

 呉音資料漢音資料

第二節 漢字音表記法の変遷と定着

一 訓点資料の場合

 撥音韻尾/入声韻尾/拗音/サ行合拗音/スヰ・ツヰ・ユヰ・ルヰ/声点濁点呉音声点

二 和文資料の場合

 撥音韻尾/入声韻尾/開拗音合拗音

第三節 呉音の実態

一 呉音資料の不純性

 直読資料の不純性/音義資料の記載音/其他の呉音資料

二 類聚名義抄の「呉音」と「和音

三 院政期の呉音字音の典型

 仮名書音形/声調体系

第四節 漢音の実態

一 漢音の学習と伝承

二 漢音が反映した秦音の特徴

第五節 平安後期以後の漢字音の変化

 唇内入声字のハ行転呼/入声字の促音化/唇内撥音と舌内撥音の区別の消滅/連声連濁半濁音化/拗長音化/イウとイユウ/合拗音の消滅/呉音における去声の上声化/出合/漢音声調

第六節 宋音の移植とその特徴

 宋音の伝来/宋音の特徴

2007-12-20

[]『科学朝日』1987.4「機械は日本語を変えるか」 『科学朝日』1987.4「機械は日本語を変えるか」 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『科学朝日』1987.4「機械は日本語を変えるか」 - 日本語関係の目次・索引など 『科学朝日』1987.4「機械は日本語を変えるか」 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

機械は日本語を変えるか 本誌・高橋真理子

座談会 文化史の中の機械と言葉 鈴木孝夫・三浦朱門・藤崎博也

 国語問題の主役は通産省に

 文字印刷機と並ぶ大発明

 個人の弱体化は人間の宿命

 機械に従順になってしまう

 日本人の知的生産性が上がる?

 日本語を客観化してくれる

 誤用を促進する一方,予防も

 制限に反発してこそ芸術だ

 機械は心を持ち始めている


国語はこんなに変わってきた 飛田良文

 変わらない体系,変わる語群

 教育の普及が標準語を広める

 新聞用語も100年で大変化

 影響が大きかった文字改革

 ノートや鉛筆が筆順を変える


ワープロの普及は何をもたらす 荻野綱男

 論理的な,よい文章が書ける

 小さい字が市民権を得た

 単純でない漢字使用への影響

 送り仮名仮名遣いを標準化

 速く楽に読めるようになった

 子どもの作文には活用すべき

 望まれる客観的な調査・研究


日本語の規格化を提唱する 吉田将

 情報摩擦のための対策が必要

 規格化の先例は英語にある

 まだまだ問題の多い機械翻訳

 あいまいな構文が誤訳を生む

 解釈の仕方を人為的に決める

 60字を超えたら文を分ける

 国際的には規格化日本語


標準語化すすめる音声認識 古井貞熙

 音声は最も手軽なメディア

 話し言葉の認識は難しい

 標準との一致調べが基本

 内容を理解するシステムへ

 機械には標準語ではっきりと

 話し手の感情を察する研究も


道は遠い手書き文字の認識 山田博三

 人間を変えない機械を目指す

 性能の定量的評価法はない

 認識手法は大きく分けて2つ

 独断がなければ前へ進めない

 間違いの可能性を忘れぬこと

 他分野へ応用できる研究成果

 機械を助ける規格推奨字形

1980.10にも「コンピュータ言語学」の特集がある。

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071220

2007-12-19

『国文学 解釈教材の研究』「近代文学の常識Q&A」 『国文学 解釈と教材の研究』「近代文学の常識Q&A」 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『国文学 解釈と教材の研究』「近代文学の常識Q&A」 - 日本語関係の目次・索引など 『国文学 解釈と教材の研究』「近代文学の常識Q&A」 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

平成7年5月10日発行

第40巻第6号5月号



 ○言葉 表現

江戸語東京語は同じなのか違うのか          山田有策

Q総ルビが廃止されたのは何時、何故か 池内輝雄

Q旧字体・旧仮名遣いが変わったのは何時なのか 池内

文体とは何か 池内

仮名文字運動とは何であったか 竹端瞭一

言文一致運動は日本語を変えたか 山田(有)

写生文運動とは何か 山田(有)

方言はどう変化したか 竹端

Q手書き原稿用紙とワープロではどういう違いが生じるか 竹端

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071219

2007-12-18

植原路郎『明治語典』桃源社1970 植原路郎『明治語典』桃源社1970 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 植原路郎『明治語典』桃源社1970 - 日本語関係の目次・索引など 植原路郎『明治語典』桃源社1970 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

『明治語録』明治書院も同内容か。

嗚呼玉杯

合鴨

愛国婦人会

間笹

アイス

アイスクリン

合の子弁当

あいびき

アイボリー石鹸

合紋

あいろ

青柳鍋

あおり

赤襟

切符

赤毛布

新聞

赤筋

赤出し

赤電・青電

赤茄子

赤函

赤鬚

赤札

赤帽

赤間石

赤門

あがり

秋味

春夏冬二升五合

あきんど宿

握手

悪所通い

あげ汐

揚出し

揚げ玉

揚屋町

麻裏

朝顔模様

浅草オペラ

浅草名物

朝日

味つけ海苔

味の素

吾妻下駄

吾妻コート

あずま錦絵

アセチリン灯

愛宕塔

当り箱

厚司

あつもり

跡月

後丸

アナナス

アパートメント・ハウス

あぶ玉

アブト式

甘栗

あまさけ屋

甘酒横町

阿弥陀

アメリカ・エンジン

あやめ

洗い髪

アラヨ

有明

有坂砲

ありんす国

有平糠

亜鈴

あんこ入り

あんこ玉

あんバン

あんバンを喰う

あんぴん餅

按腹操療治

案文

アンペラ

安本丹

イーストレーキ

いかい

いき

居酒屋

石底

石畳

異人

伊勢

板付

板前

一儀

一議

一現

一膳飯屋

一の酉

一富士二鷹三茄子

一枚

一文菓子

一楽織

一里

一両

一六銀行

一石橋迷子のしるぺ

一式

一声堂

一銭蒸気

いっち

一丁

糸切り団子

糸取り女

稲荷

犬殺し

戌の市

今戸焼の姐さま

芋書生

井守の黒焼

伊予紋

イルミネーション

いろは

隠豪屋

院線

インバネス

烏竜茶

植え込み

ウエスキー

上つ方

うぐいすのふん

うしのちち

鶉縮緬

うだつ

内手代

打火

打物

うで玉子

腕巻時計

うまご

裏店

占い遊び

裏箔

裏家

うららか

うろん

うわてへ回す

雲煙帳

温州の旦那

営所

衛生ボーロ

衛生欄

絵紙屋

エクレヤ

江差の三月

エス巻

江知勝

越後縮

越後屋

エッキス光線

えて公

江戸好み

江戸小紋

江戸桜

江戸前

江戸六地蔵

絵葉書趣味

えびす

夷講

海老茶式部

Mバテー

衿飾

エレペーター

演歌

宴会

艶歌師

円助

厭世家

演説

円太郎馬車

縁日

閣魔帳

御家流

追い回し

花魁

おうな

大あらし

愛玉只,オーギョチー

応来芸者

お囲い

小笠原流

おかめ

岡湯

翁汁粉

おきゃん

小倉汁粉

お高祖頭巾

おさすみ

お仕着

おしやく

おしょき

お宝

お玉ケ池

おたんちん

お鳥目

オツ

おつくり

オットセイの肉

おてんば

お伽噺

鬼絞

鬼姫

お光り

おひねり

おぶう

御召列車

おや、おや

折衿

オリジナル

屋張町

恩賜の時計

温泉場

女記者

音譜

カーキー色

海晏寺

開化頭

開化丼

会席料理

懐中

ガイド

海綿

改良半紙

顔見世

瓦解

学士

角万

花月楼

菓子パン

カシミヤ

かしわ

ガス・マントル

家族合せ

華族会館

華族女学校

ガタ馬車

かつぎ

活動写真

活弁

割烹店

カツレツ

家庭

家庭小説

鷲堂流

門つけ

金盥

かねやす

カフェー

かぺす

がまん

紙切り

噛煙草

紙巻煙草

髪結床

刈込器械

花柳界

歌留多会

官員録

勧工場

監獄

感謝感激雨霰

眼肉

関白

得2貴意1侯

記憶術

生薬屋

菊人形

菊判

汽車弁

儀助煮

きせる乗り

北山

木戸郎

キネオラマ

キネトスコーブ

記念写真

黄八丈

ギヤマン石

キャラメル

球竿

九星

牛太

牛鳥屋

牛丼

牛屋

給料取り

興が覚める

京鹿の子

経木真田

切り火

キレー紙

錦輝館

金着せ

金口

銀座

巾着切

銀時計

銀流し

金麩羅・銀麩羅

金満家

櫛巻

鯨尺

管のれん

九段の馬場

口茶

口取り

熊の膏薬

組弁当

倶楽部

くりからもんもん

クリスマス

黒川

黒丸

芸子

芸者屋

讐八風

下宿屋

下女

化粧笹

化粧料

けとばし

玄関番

原書

剣菱

元禄

言論の自由

交詢社

口代

高等官

高等の内侍

高踏派

可否茶館

行李弁当

ごきんとうさま

小倉服

弧光灯

御神虹

新聞

御膳

ごぜん炊き

こっくりさん

御人体

このかた

御飯団扇

呉服太物

昆布巻

小間使

ゴム輸

小紋

小屋

コロップ

金光さま

蒟蒻版

金米糖

混浴

宰領

酒林

さくら煎り

桜紙

ざくろ口

佐々木の艶布巾

笹の雪

沙汰

サッカリン

サック

薩摩守

砂糖湯

神楽

鮫ケ橋

鮫小紋

小夜衣

さよなら五分

更科

散財

三尺

三等症

散髪屋

三銘菓

三里灸

三隣亡

志保原

塩湯

仕切る

ジゴマ

仕込

士族の商法

下町

七五三、五分増し

七厘

しっちん

十徳

支那そば

しののめのストライキ

紙風琴

時分どき

シベリア

島台

社会主義

写兄

写真結婚

シャッポ

蛇腹

シャボン

ジャミ

しゃも

舎利

ジャンギリ

シャンペン・サイダー

重営倉

十五銭均一

周さん

集治監

祝著

主義者

趣味

定斎屋

暑気払い

女給

しょんべんする

白梅

親愛なる

新傾向句

神経衰弱

清国人甘果

清国人耳掃除

紳士・淑女

尋常

小説

ジンタ

新橋色

新派悲劇

新聞配達

新聞

人力車

素袷

スイートホーム

水滸伝

水府たばこ

水練場

末摘花

すき返し

すき焼鍋

杉原紙

雀色時

雀焼

すててこ

砂場

隅田川

スミレ・インキ

スモル

精綺水

聖教

清心丹

青鞜

精養軒

西洋仕立本

石板

セコハン

舌代

銭洗い

銭筒

ゼニトルマン

背広服

ゼム

千社札

全盛

千束香水

千疋屋

草紙屋

惣髪

即席料理

束髪

属官

ぞめき

算盤戸

大尽

台の物

太白

大八車

大福帳

鯛焼

台ランブ

大礼服

台湾

竹長

立川文庫

たぬま屋

たね銭

旅のもの

玉だれ

太夫

短歌

団十郎色

短艇

談判

段平

ダンベル

探訪員

チェースト

地方巡業活動写真隊

茶代

チャブ屋

茶利する

チャリネ

チャルメラ

中条流

手洗鉢(手水鉢)

チョンキナ

チョンまげ

チンコロ

鎮台さん

通弁

ツーリスト

つかみたぱこ

ツケ

づけ

附木

辻車夫

つつがなく

続き物

艶消

出会い

提供(内田魯庵

デカンショ節

テケツ

てけれっつのばー

丁稚

鉄道唱歌

鉄道馬車

デパートメント・ストア

出歯亀

てよだわ言葉

電気応用

電気ブラン

天水桶

天徳

てんぷら

電話御慶

トウケイ

唐犬

東西屋

唐桟

湯治

堂上華族

唐人豆

豆乳

唐物屋

唐饅頭

とき色

独参湯

土圭

とことんやれ、とんやれな

登山趣昧

土手

留桶

富山の薬

土用鰻

トラスト

ドラッグ商会

虎の巻

取肴

トロ

トロツコ

ドロップ

ドン

ドンタク

内所

ナイル

中山の蒟蒻

梨羹,なしかん

ナショナルの四

名代

七不思議

鍋下

鍋焼うどん

生麦酒

鳴物停止

南京米

南京豆

何番学校

二階番

二科会

肉弾

ニコライの鐘

錦絵

日活

二頭立

二〇三高地

煮豆売

如意軸

鵺的

糖袋

ぬき

布子

ねぎま

根切薬

猫板

煉切

年賀郵便

のこ

の手

のど

乗合馬車

のり・たまぬき

暖簾分け

ハート美人

ハイカラ

パウリスタ

博士の薬

馬鹿噺子

白銅

白牡丹

舶来

博覧会

箱膳

函館屋

箱丁

羽衣模様

橋本

旗日

八里半

初午

薄荷パイプ

白金アリスト紙

初席

初湯

はな色

花言葉

花電気

花電車

バナナ

花屋敷

馬肉屋

パノラマ

馬糞紙

ハヤシ・ライス

早取写真

バリカン

萬歳

判取帳

鷭焼

ビードロ

びーる

美顔術

挽屋

ひげチック

膝かけ

庇髪

肱つき

美術展覧会

ビタ一文

引越しそば

一釜

火吹き竹

火吹達磨

百匁三人取り

百花園

比翼紋

平野水

ピラミイデ

ビリケン

ピン札

フーカデン

風眼

深川飯

深ゴム

藤村

婦人束髪会

ふだ

二つ物

普茶料理,ふちゃりょうり

太巻

府内

船宿

フランネル

風呂

文壇

兵隊勘定

べースボール

別珍

別嬪,べっぴん

ベルツ水

天山

弁当屋

便利屋

ボーイ

ホーカー液

俸還金

芳紀

冒険小説

放生会

宝丹

報知新聞

忘八

北街

墨堤

牡丹鍋

ぽっくり

ホテル

ほまち

ほまれ

ポンチ絵

ポンチ軒

ボンボン

ポンポン蒸気

マーガレット

まがいいソング

魔風恋風

巻煙草

幕の内

髷型

正宗

桝,ます

町並

松風

松源楼

松島艦

燐寸

待乳山

招き猫

マフラー

豆絞り

豆ランプ

丸の内

回し飲み

万金丹

饅頭本

満天下

身請

ミカド

三河木綿

みかん水

三くだり半

水菓子

水見

店名,みせな

蜜月旅行,みつげつりょこう:みつづきりょこう

三越

蜜豆

三つ物

耳掃除

都鳥

ミルクセーキ

無冠の帝王

むぎわら帽

むく犬

向う面

結び羊羹,むすびようかん

娘義太夫

無銭旅行

紫インキ

紫節

村田銃

明治維新

明治の雑誌

銘酒屋

メリケン粉

メリヤス

メルトン

免職

メンチボール

綿縮緬,めんちりめん

モールス電信

朦朧車夫,もうろう

モギリ

もそっと

もどき

最中の折

ももんがあ

盛り込み

森下町

文字

八百膳

夜会

夜会髷

夜会結び

薬種屋

薬湯

野戦郵便

耶蘇教

やっちゃば

宿

宿下り

やとな

柳腰

柳刃

柳橋

山下

山高帽子

大和

ヤマト靴

大和煮

やよい

遣手

遊就館

幽的

夕眺め

郵便マーク

幽霊花

湯濯場

雪見酒

遊山茶屋

湯島

茹小豆,ゆで

湯通し

湯番

夢二式

よいしょ

よいとまけ

洋画

要害

羊羹色,ようかん

楊弓場

洋銀

洋行帰り

用事

用水桶

用箪笥,ようだんす

吉田町

義経号

吉野紙

吉原

吉原風邪

吉原言葉

寄せ太鼓

寄せ物

四つ目や

よなげし

よのぶとん

ヨヒンビン

与兵衛鮨

読む

万屋

万世橋,よろずよばし

ラーメン

来朝

羅宇屋

路駝印香水

羅卒

ラムネ

ランブ

リードル・ブック

リキシャマン

陸軍偕行社

理想

立食の饗応

立身出世

柳人

竜灯祭

隆鼻術

柳麺

竜紋

凌雲閣十二階

理容館

両眼鏡

良人

料理屋

緑門

リング

綸子,りんず

ルーター電報

ルーデサック

ルナバーク

霊岸島

茘枝,れいし

レイルウェイ節

列車ボーイ

レッテル

煉瓦通り,れんが

レントゲン

煉乳

レンブラント光錬

蝋管

ロース

蝋石,ろうせき

ローマンス

六神丸

六部

鹿鳴館

露探

六区

六方石

ロハ

露里

論判

論評

若い衆

輪飾り

吾輩

わからない節

わじるし

和製英語

わたい

渡し

わちき

ワップル

輪回し

和洋合奏

看板

わりご

割引

破れ鐘

腕車

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071218

2007-12-17

[]中奥宏『皇室報道と「敬語」』三一新書 中奥宏『皇室報道と「敬語」』三一新書 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 中奥宏『皇室報道と「敬語」』三一新書 - 日本語関係の目次・索引など 中奥宏『皇室報道と「敬語」』三一新書 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

皇室報道と「敬語」 (三一新書)

皇室報道と「敬語」 (三一新書)

検証・メディアは何を報道したか

「お妃選び」と報道協定

天皇制とマス・メディア

皇室讃美報道がもたらすもの

問われるメディアの戦争責任

「明治」時代から始まった天皇報道

敬語」報道は廃止できるか

「言論の自由」のために

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071217

2007-12-16

加藤周一前田愛日本近代思想大系16文体岩波書店 [[加藤周一]]・前田愛『[[日本近代思想大系]]16文体』岩波書店 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - [[加藤周一]]・前田愛『[[日本近代思想大系]]16文体』岩波書店 - 日本語関係の目次・索引など [[加藤周一]]・前田愛『[[日本近代思想大系]]16文体』岩波書店 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

ISBN:4002300161

1989年1月23日 第1刷発行

 凡例

広義の文体論

  [漢学の運命」

 訳洋書議(斎藤竹堂)

 漢学不可廃論?(中村敬宇)

 我邦に於る漢学の現在及び将来(森田思軒)

  [新しい散文」

 福沢全集緒言?(福沢諭吉)

 文論・文章論(福地桜痴)

 言文論?(森鴎外)

  [オーラル・コミュニケーション]

 文章新論?(坪内逍遥)

 演説法(抄)(城山静一?)

 話術新論?(土子笑面?)

 読法を興さんとする趣意?(坪内逍遥)

 逍遥子の朗読説?(森鴎外)

 日本韻文論?(抄)(山田美妙)

  [作文辞書]

 記事論説文体軌範(抄)(福井淳?)

 ことばのうみのおくがき?(大槻文彦)

メディアによる文体の諸態

  ―高橋お伝伝説を中心に―

  [新聞報道]

 高橋お伝の口供(全)(郵便報知新聞?)

  [新聞続きもの]

 阿伝の咄(岡本起泉)

  [合巻

 高橋阿伝夜刄譚?(仮名垣魯文) 八篇中の巻(第二十三回)

  [歌舞伎]

 綴合於伝仮名書(河竹黙阿弥) 五幕目

  [歌謡」

 高橋おでんくどき 三篇下

  [漢文]

 臙脂虎伝(菊池三渓) 『本朝虞初新誌』下

 阿伝偽供(全)(依田学海) 『譚海?』巻三

ジャンルによる文体の諸態

  [法律]

 和訳万国公法(重野安繹)

  [報告」

 航海造船報告書(全)(佐野常民)

  [演説]

 社会進歩ノ度ニ随ヒ撰挙権ヲ伸濶スベシ(全)(沼間守一)

  [問答」

 小学問答(林多一郎?)

 文明田舎問答(松田敏足?)

  [建白」

 榎本武揚蝦夷開拓ヲ乞フ書(全)

 二十三条題目の建白(全)(佐田介石)

  [教科書

 世界国尽?(福沢諭吉)

 輿地誌略?(内田正雄)

  [翻訳]

 スウィントン氏第弐リーダー独案内(野口繁治?訳)

 探偵ユーベル?(森田思軒訳)

 蒸汽車器械(小林義直訳)

 [広告]

 船料理柳船(仮名垣魯文)

 目薬精〓水功験書(岸田吟香)

 日本パノラマ館

 西洋料理千里軒の開店披露文(全)(福沢諭吉)

  [狂文]

 一種ノ電気燈(全)(痴嚢子?)

 大久保利通未v死論(全)(酔多道士?)

 虱の説(全)(仮名垣魯文)

 [日記]

 航西日乗?(成島柳北)

 航西日記?(森鴎外)

 船上日記?(森田思軒)

 [韻文]

 岐阜竹枝(森春濤)

 見わたせば(小学唱歌?)

 春の歌(矢野竜渓)

 双蝶のわかれ](北村透谷)

変容する文体

 佐藤一斎 洋製の測時器を記す

 吉田松陰 北山安世?に与ふ(全)

 福沢諭吉 学問のすゝめ

 西周 百一新論?

 福地桜痴 戦時採録

 成島柳北 辟易賦?(全)

 仮名垣魯文 安愚楽鍋

 三遊亭円朝 怪談牡丹燈籠

 矢野竜渓 経国美談

 東海散士 佳人之奇遇

 徳富蘇峰 新日本之青年

 岸田俊子 同胞姉妹に告ぐ

 中江兆民 三酔人経綸問答?

 坪内逍遥 当世書生気質

 二葉亭四迷 浮雲?

 幸田露伴 風流仏?

 森鴎外 舞姫

 北村透谷 時勢に感あり?(全)

解説

 明治初期の文体

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071216

2007-12-15

[]鏡味完二『日本の地名─付・日本地名小辞典─』角川新書 鏡味完二『日本の地名─付・日本地名小辞典─』角川新書 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 鏡味完二『日本の地名─付・日本地名小辞典─』角川新書 - 日本語関係の目次・索引など 鏡味完二『日本の地名─付・日本地名小辞典─』角川新書 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

はじめに

第一章 地名学とはどんな学問か

第二章 どうして研究したらよいか

第三章 むずかしい地名の意味をどうして解くか

 富士山のフジの意味

 「名古屋」の意味

 「船越」の意味

第四章 地名にはどんなタイプがあるか

 語根

 民族型

 時代型

第五章 地名はどんな形で分布するか

 波紋形の分布

 相似関数の分布

 扇状に境界線が集まる現象

 「空洞」といわれる「地名のない部分」の現象

 伝播する地名

 双子地名

第六章 地名の発生年代は決められるか

第七章 地名の正しい書き方

第八章 郷土の地名の調べ方

第九章 地名研究の参考書

おわりに

付録 日本地名小辞典

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071215

2007-12-14

[]メーチニコフ『回想の明治維新』 メーチニコフ『回想の明治維新』 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - メーチニコフ『回想の明治維新』 - 日本語関係の目次・索引など メーチニコフ『回想の明治維新』 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

日本語の学習を決意

理解できない横浜ことば p48-49

複雜な日本語 p49-50

中国文化から自由を求める日本人 p50-51

和漢混淆体としての日本語 p51-52

歌舞伎こそ、日本語の最良の学校 p112-114

日本語敬語について p129-132

識字率の異常な高さ p204-205

維新後の新教育体制 p207-209

仮名の創造と普及 p210-211

複雜な日本語文章作法 p211-213

文学書道好きの日本人 p213-215

小説本?字体と挿絵 p219-221

仮名本?の隆盛 p225-226


東京外国語学校?の思い出 p271-290

 洋式学校の必要性

 外国語学校に殺到する生徒たち

 もっとも人気があった英語

 軍備増強による文教予算削減

 強い同郷意識

 雇用契約を悪用する外人教師

 露語通訳の教養の高さ

 ロシア正教宣教団の功績

 岩倉具視のロシアびいきと魯語科の設置

 日露両国の利害の共通性

 立身出世とは無縁なロシア語

 とんでもないロシア人教師

 傍若無人な領事館系教師




Мечников Л.И.

Воспоминания о двухлетней службе в Японии

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071214

2007-12-13

[]朝日ジャーナル『こんなものいらない事典』新潮文庫 朝日ジャーナル『こんなものいらない事典』新潮文庫 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 朝日ジャーナル『こんなものいらない事典』新潮文庫 - 日本語関係の目次・索引など 朝日ジャーナル『こんなものいらない事典』新潮文庫 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

isbn:4101115222

書き順 p174-179

……と言ったらウソになる p205-210

 政治の言葉、今昔物語

  高田渡「値上げ」

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071213

2007-12-12

[]朝日ジャーナル『現代無用物事典』新潮文庫 朝日ジャーナル『現代無用物事典』新潮文庫 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 朝日ジャーナル『現代無用物事典』新潮文庫 - 日本語関係の目次・索引など 朝日ジャーナル『現代無用物事典』新潮文庫 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

isbn:4101115214

禁句集 p297-322

 提言「“使わなきゃいいんだろう”では困る」 山中多美男*1 p307-310

 差別語運動考 もっと森を見よう──「単語」から「文脈」へ 田中克彦 p311-322

  どんなことばも持つ差別機能

  差別作品『ヴェニスの商人』

  安易な漢語、西洋語への依存

  「考えない」運動がはらむ危険

*1:部落解放同盟中央本部総務部長

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071212

2007-12-11

[]高橋義孝『へんくつの発想』新潮文庫 高橋義孝『へんくつの発想』新潮文庫 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 高橋義孝『へんくつの発想』新潮文庫 - 日本語関係の目次・索引など 高橋義孝『へんくつの発想』新潮文庫 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

isbn:4101227039

若い世代の文章 p10-13

辞典と電線 p18-19

トー・キ・オ 固有名詞の読み方 p39-43

転がる言葉 手紙考 p43-50

「彼」と「彼女」 p50-54

プレタ調の既製服? p54-58

荒波の中の言葉 p58-61

ヨシツネとサクラコ 命名 p61-65

他意はないらしいが*1 p65-68

*1:言葉とがめ。「区切り区切りの言葉の母音をのばす」など

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071211

2007-12-10

[]瀬戸内寂聴『愛と祈りを』小学館 瀬戸内寂聴『愛と祈りを』小学館 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 瀬戸内寂聴『愛と祈りを』小学館 - 日本語関係の目次・索引など 瀬戸内寂聴『愛と祈りを』小学館 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

isbn:4094000410

美しいことば p76-82

名付け親 p127-133

おまじない p141-147

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071210

2007-12-09

[]瀬戸内寂聴『寂庵こよみ』中公文庫 瀬戸内寂聴『寂庵こよみ』中公文庫 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 瀬戸内寂聴『寂庵こよみ』中公文庫 - 日本語関係の目次・索引など 瀬戸内寂聴『寂庵こよみ』中公文庫 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

isbn:412202031X

ことばも流転する p211-214

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071209

2007-12-08

[]宮本美智子『バック・トゥ・ジャパン』広済堂文庫 宮本美智子『バック・トゥ・ジャパン』広済堂文庫 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 宮本美智子『バック・トゥ・ジャパン』広済堂文庫 - 日本語関係の目次・索引など 宮本美智子『バック・トゥ・ジャパン』広済堂文庫 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

isbn:4331652009

ああ、ニホン語 p119-129

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071208

2007-12-07

[]石川淳『夷齋小識』中公文庫 石川淳『夷齋小識』中公文庫 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 石川淳『夷齋小識』中公文庫 - 日本語関係の目次・索引など 石川淳『夷齋小識』中公文庫 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

夷斎小識

夷斎小識

讀み癖 p74-76

無法書話 p88-103

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071207

2007-12-06

菊沢季生国語と国民性』修文館 [[菊沢季生]]『国語と国民性』修文館 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - [[菊沢季生]]『国語と国民性』修文館 - 日本語関係の目次・索引など [[菊沢季生]]『国語と国民性』修文館 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

昭和15.9.10

国語に就て

芳賀矢一 国語と国民性 昭和三年

モラエス 日本精神 昭和十年

保科孝一 国語と日本精神 昭和十一年

山田孝雄 国語尊重の根本義 昭和十三年

松尾捨治郎 国語と日本精神 昭和十四年

音韻に就て

音韻上から

語義に就て

語義上から

語彙上から

文法上から

樣式上から

位相上から

綜合的に

用語索引

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071206

2007-12-05

[]樋口清之『関東人と関西人』ホーチキ出版? [[樋口清之]]『関東人と関西人』[[ホーチキ出版]] - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - [[樋口清之]]『関東人と関西人』[[ホーチキ出版]] - 日本語関係の目次・索引など [[樋口清之]]『関東人と関西人』[[ホーチキ出版]] - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

昭和51.5.31

第一章 歴史が日本の東西をつくりあげた

第二章 大江戸が生んだ江戸っ子氣質

第三章 互いに相容れぬ江戸と上方

第四章 食べ物に見る東と西の相違

第五章 東西の美と感性と日常感覚

 (略)

 江戸言葉の基盤をなした「奇異な」東国語

 京都弁、大阪弁に見る婉曲表現

 東京語を原型として作った標準語の功罪

 江戸落語、上方落語の系譜

 会話の中の開放感こそ大阪の笑い

第六章 地域性と縣民性そして日本の独自性

第七章 現代における東京人と大阪人

第八章 東西各県人の性格と特徴

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071205

2007-12-04

[]松本清張編『邪馬臺國?の常識』毎日新聞社? [[松本清張]]編『[[邪馬臺國]]の常識』[[毎日新聞社]] - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - [[松本清張]]編『[[邪馬臺國]]の常識』[[毎日新聞社]] - 日本語関係の目次・索引など [[松本清張]]編『[[邪馬臺國]]の常識』[[毎日新聞社]] - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

〈魏書?・東夷伝?・倭人条?〉の文章 頼惟勤 p117-152

 里程と国名

 対音の漢字

 倭の国情と官府の記録

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071204

2007-12-03

[]日本放送協會『國民禮法解説』日本放送出版協會 日本放送協會『國民禮法解説』日本放送出版協會 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 日本放送協會『國民禮法解説』日本放送出版協會 - 日本語関係の目次・索引など 日本放送協會『國民禮法解説』日本放送出版協會 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

昭和16年9月5日発行

昭和17年1月10日第十六版発行

禮法要項について 文部省普通學務長 中野善敦

禮法の基本 侯爵 徳川義親 p7-36

 第五章 言葉遣ひ p15-31

  一、四段の遣ひ方

  二、言葉遣ひの原則

  三、内外の用法

   内の用法

    絶對の位の場合

    相對の位の場合

   外の用法

    家庭に關すること

    官衙、會社、その他の團體等

    第三者に對して、他の官廳・會社のことを語る場合の例

  四、受け答へ

  五、人の呼び方(稱呼)

   (一) 自稱

   (二) 對稱

   (三) 他稱

   (四) 不定稱

  六、「お」「御」の用ひ方

   皇室に対する用例

   一般の場合

  七、動詞助動詞について

  八、その他の心づき

皇室・國家に關する禮法 文部省囑託 川島次郎

家庭生活に關する禮法 侯爵 徳川義親

社会生活に關する禮法 文部省視學官 櫻井役

hmqwhjhmqwhj2012/08/15 00:18XeddaV <a href="http://rtorqwlbpzhm.com/">rtorqwlbpzhm</a>

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071203

2007-12-02

[]ロバート・ウォーカップ『幻想の古代文明』中公文庫 服部研二訳 ロバート・ウォーカップ『幻想の古代文明』中公文庫 服部研二訳 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - ロバート・ウォーカップ『幻想の古代文明』中公文庫 服部研二訳 - 日本語関係の目次・索引など ロバート・ウォーカップ『幻想の古代文明』中公文庫 服部研二訳 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

isbn:4122015391

七 コン・ティキと言語学の軽業師 p197-218

 (略)

 単語リストからの比較

 ユカタンの語源

 言葉のお遊び

 音声上の類似

 果てしない言語学の軽業

 貪慾な読者大衆と学者の喚起

 自己満足を覚える一般大衆

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071202

2007-12-01

『中国の諸言語-歴史と現況』S.R.ラムゼイ 高田時雄他訳 『中国の諸言語-歴史と現況』S.R.ラムゼイ [[高田時雄]]他訳 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『中国の諸言語-歴史と現況』S.R.ラムゼイ [[高田時雄]]他訳 - 日本語関係の目次・索引など 『中国の諸言語-歴史と現況』S.R.ラムゼイ [[高田時雄]]他訳 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

1990年11月1日 大修館書店発行

ISBN:446921163X

序文

音声表記と補助記号について

図版一覧

表組一覧

  第1部 中国語

第1章 全中国に一つの言語

第2章 中国、その北部と南部

第3章 北方からの影響の拡大

第4章 標準語-その発音

  声母?

  韻母?

  声調?

第5章 標準語-その文法

 中国語とそれが原始的な言語であるとの神話

 単語

  中国語単語表記

  語構成

 文

  主題(トピック)

  省略法

  名詞と量詞

  修飾・被修飾

  述語

  形容詞

  動詞

  介詞

  文型

  連接

第6章 現代の方言

 北方

  官話

 南方

  呉語?

  贛語?

  湘語?

  粤語?(広東語?

  閩語?

  客家語?

第7章 歴史

  切韻?

  伝統

  過去の音声

  ベルンハルト・カールグレン?の業績

 古代中国語

  漢字の構造

  古代中国語音声

 中世中国語から北京官話

  声調

  声母

  韻母

第8章 現代の中国語表記法

 簡体字?

  改革の結果



  第2部 少数民族の諸言語

第9章 漢族とその隣人

 少数民族の分類

  中国の言語地域

第10章 北方の少数民族

 アルタイ諸語の構造

  声調

  形態

  統語法

  アルタイ諸語間の構造的相違

  語族としてのアルタイ語?

 チュルク語派

  中国領内のチュルク語

  タタール語

  カザフ語

  キルギス語

  ウズベク語

 ウイグルとその親族

  ユグール語

  サラール語

  ウイグル語

  ウイグル文字

 モンゴル語派

  中国国内のモンゴル諸語

   ダグール語

  甘粛-青海地域のモンゴル諸語

   トゥンシャン語

   ボーナン語

   モングォール語

   狭義のモンゴル語

   モンゴル文字

 ツングース語派

  中国領内のツングース語

   エヴェンキ語

   オロチョン語

   ヘジェン語

   シボ語

   満州語

   ツングース諸語の文字

  

第11章 南方の少数民族

 タイ諸語

中国のタイ系言語

  チワン語

  チワン文字

  プーイー語

  ダイ語

  カム・スイ語派

  カム語

  スイ語

  スイ文字

  ムーラム語

  マオナン語

  リ語派

チベット・ビルマ諸語

 中国のチバット・ビルマ系諸語

  イ語派(ロロ語)

  イ語

  イ文字

  リス語

  リス文字

  ハニ語

  ラフ語

  チノー語

  ナシ語

  ナシ文字

  チンポー語派

  チンポー語

  ドゥルン語

  チャン語派

  チャン語

  プミ語

  その他のチベット・ビルマ系言語

  ヌ語

  アチャン語

ミャオ・ヤオ語

 ミャオ語

  ミャオ文字

  ショー語

  ヤオ文字

モン・クメール語

 ワ語

未分類あるいは孤立した言語

  キン語

  トゥチア語

  ケーラオ語

  ペー語

文献略語

一般的文献

少数民族言語文献

訳書付録 中国地名のローマ字表記・漢字対照表

訳者あとがき

索引

<<

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071201