日本語関係の目次・索引など このページをアンテナに追加 RSSフィード

ここには、日本語関係の書を、写すは楽しにそれ以外の書を置こうと思いますが、少しダブったり混じったりしています。
日付に意味は(殆んど)ありません。

2007-12-20

[]『科学朝日』1987.4「機械は日本語を変えるか」 『科学朝日』1987.4「機械は日本語を変えるか」 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『科学朝日』1987.4「機械は日本語を変えるか」 - 日本語関係の目次・索引など 『科学朝日』1987.4「機械は日本語を変えるか」 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

機械は日本語を変えるか 本誌・高橋真理子

座談会 文化史の中の機械と言葉 鈴木孝夫・三浦朱門・藤崎博也

 国語問題の主役は通産省に

 文字印刷機と並ぶ大発明

 個人の弱体化は人間の宿命

 機械に従順になってしまう

 日本人の知的生産性が上がる?

 日本語を客観化してくれる

 誤用を促進する一方,予防も

 制限に反発してこそ芸術だ

 機械は心を持ち始めている


国語はこんなに変わってきた 飛田良文

 変わらない体系,変わる語群

 教育の普及が標準語を広める

 新聞用語も100年で大変化

 影響が大きかった文字改革

 ノートや鉛筆が筆順を変える


ワープロの普及は何をもたらす 荻野綱男

 論理的な,よい文章が書ける

 小さい字が市民権を得た

 単純でない漢字使用への影響

 送り仮名仮名遣いを標準化

 速く楽に読めるようになった

 子どもの作文には活用すべき

 望まれる客観的な調査・研究


日本語の規格化を提唱する 吉田将

 情報摩擦のための対策が必要

 規格化の先例は英語にある

 まだまだ問題の多い機械翻訳

 あいまいな構文が誤訳を生む

 解釈の仕方を人為的に決める

 60字を超えたら文を分ける

 国際的には規格化日本語


標準語化すすめる音声認識 古井貞熙

 音声は最も手軽なメディア

 話し言葉の認識は難しい

 標準との一致調べが基本

 内容を理解するシステムへ

 機械には標準語ではっきりと

 話し手の感情を察する研究も


道は遠い手書き文字の認識 山田博三

 人間を変えない機械を目指す

 性能の定量的評価法はない

 認識手法は大きく分けて2つ

 独断がなければ前へ進めない

 間違いの可能性を忘れぬこと

 他分野へ応用できる研究成果

 機械を助ける規格推奨字形

1980.10にも「コンピュータ言語学」の特集がある。

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071220