日本語関係の目次・索引など このページをアンテナに追加 RSSフィード

ここには、日本語関係の書を、写すは楽しにそれ以外の書を置こうと思いますが、少しダブったり混じったりしています。
日付に意味は(殆んど)ありません。

2007-12-21

[]『日本漢字音の歴史』国語学叢書10 『日本漢字音の歴史』国語学叢書10 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 『日本漢字音の歴史』国語学叢書10 - 日本語関係の目次・索引など 『日本漢字音の歴史』国語学叢書10 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

昭和61年6月25日発行 東京堂

[序章 概説]

第一節 日本漢字音とは

第二節 日本漢字音の特質

一 日本漢字音の層的伝承

二 日本漢字音の諸層

 古層/中層/新層/新新層

第三節 日本漢字音における中国語音の捨象と採択

一 声母

 唇音舌音牙音歯音喉音/半舌音/半歯音

二 韻

 中心母音/介母/撥音韻尾/入声韻尾/韻における呉音漢音の相違/拍構造への変換

三 声調

 漢音の声調/呉音の声調


[第一章 上代の漢字音

第一節 万葉仮名の背景となった漢字音の層

 推古遺文の仮名の背景/古事記仮名の背景/日本書紀仮名の背景

第二節 上代漢字音の側面

第三節 上代漢字音成立の経緯

第四節 上代の仏典読誦音

第五節 上代漢字音から平安漢字音


[第二章 平安時代初期・中期の漢字音

第一節 呉音漢音和音と正音

第二節 平安時代初期・中期の呉音漢音

一 呉音の実態

 字音直読資料の実態/訓点資料字音語の実態

二 平安中期の漢語漢字音

三 漢音の実態

 漢籍の字音読/漢籍訓点資料漢音/漢籍訓点資料反切音/漢籍訓点資料漢音の声調体系/密教教典読誦の漢音漢音の諸層

第三節 声明に伴う新漢音の将来

第四節 陀羅尼の音読と加点


[第三章 平安後期以後の漢字音

第一節 呉音資料漢音資料

 呉音資料漢音資料

第二節 漢字音表記法の変遷と定着

一 訓点資料の場合

 撥音韻尾/入声韻尾/拗音/サ行合拗音/スヰ・ツヰ・ユヰ・ルヰ/声点濁点呉音声点

二 和文資料の場合

 撥音韻尾/入声韻尾/開拗音合拗音

第三節 呉音の実態

一 呉音資料の不純性

 直読資料の不純性/音義資料の記載音/其他の呉音資料

二 類聚名義抄の「呉音」と「和音

三 院政期の呉音字音の典型

 仮名書音形/声調体系

第四節 漢音の実態

一 漢音の学習と伝承

二 漢音が反映した秦音の特徴

第五節 平安後期以後の漢字音の変化

 唇内入声字のハ行転呼/入声字の促音化/唇内撥音と舌内撥音の区別の消滅/連声連濁半濁音化/拗長音化/イウとイユウ/合拗音の消滅/呉音における去声の上声化/出合/漢音の声調

第六節 宋音の移植とその特徴

 宋音の伝来/宋音の特徴

2007-11-21

[]中国文化史叢書 『中国音韻学史』 張世禄 商務印書館 中国文化史叢書 『中国音韻学史』 張世禄 商務印書館 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - 中国文化史叢書 『中国音韻学史』 張世禄 商務印書館 - 日本語関係の目次・索引など 中国文化史叢書 『中国音韻学史』 張世禄 商務印書館 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

第1章 導言

第2章 古代文字上表音的方法

 第1節 中国語的演進和文字的性質

 第2節 『形声』『仮借』和音義的関係

第3章 周漢間的訓詁和注音

 第1節 『声訓』的淵源和体例

 第2節 『読若』和音義的関係

 第3節 周漢間人的辨音

第4章 『反切』和『四声』的起源

 第1節 『二合音』和『双声』『畳韻』的原理

 第2節 字音的分析和『反切』的起源

 第3節 『字調』的区別和『四声』名称的由來

第5章 魏晋隋唐間的韻書

 第1節 魏晋六朝的『韻書』和諸家的『分部』

 第2節 陸法言『切韻』和唐代『韻書』的派別

(以上、上巻)

第6章 『字母』和『等韻』的来源

 第1節 『三十六字母』的系統和演成的由来

 第2節 『等韻』的原理和他的起源

第7章 宋後『韻書』和『等韻』的沿革

 第1節 从『廣韻』到近代的『詩韻』

 第2節 宋後『等韻表』的演変

 第3節 近代『北音韻書』的源流

第8章 明清時代的『古音学』

 第1節 『古音学』的起源和明清諸家的学説

 第2節 近代対於『廣韻』的研究

第9章 近代中国音韻学所受西洋文化的影響

 第1節 『反切』的改良和『国音字母』的産生

 第2節 『西洋語音学理』輸入以後的中国音韻学

トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071121

2007-11-19

[]羅常培漢語音韻学導論』九思叢書29 [[羅常培]]『漢語音韻学導論』九思叢書29 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - [[羅常培]]『漢語音韻学導論』九思叢書29 - 日本語関係の目次・索引など [[羅常培]]『漢語音韻学導論』九思叢書29 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

中華民國67年台1版

第一講 緒論

1.1音韻学與音韻沿革

 漢字音素之分析

 漢語音韻学之定義

 字音之古今流變

1.2音韻学之功用

 音韻学與語言學之關係

 音韻学與文字學之關係

 音韻学與校讎學之關係

 音韻学與文學之關係

1.3音韻学研究法

 審音

 明變

 旁徴

 袪妄

1.4古今音韻變遷大勢

 周秦古音

 兩漢古音

 切韻前期

 切韻後期

 北音時期

 音標時期

第2講 聲類之分析

2.1聲母之定義

 聲母之異名

 發音器官部位圖

2.2輔音之發音部位

 雙唇音

 唇齒音

 齒間音

 舌尖間音

 舌尖中音

 舌尖後音

 混合舌葉音

 舌面前音

 舌面中音

 舌根音

 小舌音

 喉音

2.3辨‘五音’與‘七音

 附第1表 聲母發音部位異名表

2.4輔音之發音方法

(甲)受阻之状態

 塞聲或稱破裂聲

 鼻聲

 擦聲或稱摩擦聲

 邊聲

 顫聲

(乙)帯音與不帯音

 釋清濁

 附第2表 全清次清全濁次濁異名表

 (丙)送氣與不送氣

2.5釋發送収與‘戛透拂轢揉’

 附第3表 聲母發音方法異名表

 附第4表 輔音表

第3講 韻類之分析

3.1韻母之成素

3.2元音之分析

 國際音標元音圖

 元音之舌位

 元音之脣形

 正則元音非正則元音與標準元音

 元音之寛窄與長短

 口元音與鼻元音

3.3聲化元音與韻化輔音

 ‘資’‘疵’‘私’與‘知’‘池’‘尸’内所含之韻母

 西儒耳母資所謂‘甚’‘次’‘中’

 西人對於此類音之轉譯

 高本漢所擬之舌尖元音[〓][〓][〓][〓]

 兒音的演變

 自成音綴之[m][n][η]

 附第5表 國際音標元音表

3.4廣韻與注音字母中之元音

 廣韻之13元音

 注音字母之10元音

3.5介音之分析

 宋元等韻系統中之介音[i][u]

 現代多數方言中之介音[i][u][y]

3.6釋等呼

 分等之起源

 ‘等’指介音[i]之有無及元音之〓侈

 江永及陳禮對於等的解釋

 外轉各韻之分等

 内轉各韻之分等

 四等元音之分配

 宋元等韻之‘開’‘合’二呼

 明人之併等増呼

 潘耒之四呼説

 附第6表 等呼觀念演變表

3.7尾音之分析

 元音尾[-i][-u]

 鼻音尾[-m][-n][-η]

 塞音尾[-p][-t][-k](附[-?]和[-l])

3.8釋曲韻之六部

3.9釋‘轉’‘攝’及‘陰’‘陽’

 ‘攝’的定義及譯名

 戴震之‘有入’‘無入’兩類

 孔廣森之‘陰聲’‘陽聲’

 章炳麟‘鼻音有三孔道’説

 ‘陰韻’與‘陽韻’

 附第7表 古今尾音分類異同表

 廣韻音系之二介音,十一元音與八尾音

第4講 調類之分析

4.1調類之定義

4.2論平上去入

 平上去入之起源

 四聲三問

 四聲之實不自齊梁始

4.3古今聲調之異

 陳第古無四聲説

 顧炎無古四聲一貫説

 段玉裁古無去聲説

 孔廣森古無入聲説

 江有誥古人所讀之四聲與今不同説

 黄侃古無上去惟有平入説

 牟應震錢玄同古有上聲説

 孔好古聲調乃音組減變而成説

4.4四聲之性質

4.5辨識聲調之困難

4.6辨識聲調之方法

第5講 漢字標音方法之演進

5.1漢字音之結構

5.2反切以前之標音法

5.3反切

5.4改良反切運動

5.5注音字母與國語羅馬字

附録 唐詩擬音擧例

 




トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071119

2007-11-18

[]王力?漢語音韻』中華書局  [[王力]]『漢語音韻』中華書局  - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - [[王力]]『漢語音韻』中華書局  - 日本語関係の目次・索引など [[王力]]『漢語音韻』中華書局  - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

 

第1章 語音學常識

 元音

 輔音

第2章 現代漢語的語音系統

 聲母

 韻母

 聲調

第3章 反切

 反切的原理

 反切的改進

 雙聲,疊韻

第4章 韻書

 中原音韻

第5章 字母

 切韻的聲母系統

 《中原音韻》的聲母系統

第6章 等韻

 切韻和等韻的参差

 韻圖的簡化

 門法

第7章 古音(上)

 上古的韻母系統

第8章 古音(下)

 




トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071118

2007-11-17

[]董同龢漢語音韻学』中國民國七十年九月印行 [[董同龢]]『漢語音韻学』中國民國七十年九月印行 - 日本語関係の目次・索引など を含むブックマーク はてなブックマーク - [[董同龢]]『漢語音韻学』中國民國七十年九月印行 - 日本語関係の目次・索引など [[董同龢]]『漢語音韻学』中國民國七十年九月印行 - 日本語関係の目次・索引など のブックマークコメント

趙元任先生序

漢語音韻学原序

目次

第一章 引論

釋名,古語研究與古代文化的瞭解,古音研究與整個的古語研究,研究古音的材料,古音分期,現代方言,本書講述的歩驟

第二章 國語音系

第三章 現代方音

第四章 早期官話

第五章 切韻系的韻書

第六章 等韻圖

第七章 中古音系

第八章 中古音韻母的簡化

第九章 由中古到現代

第十章 古韻分部

第十一章 上古韻母系統的擬測

第十二章 上古聲母

第十三章 上古聲調的問題

附録 語音略説

 




トラックバック - http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071117