古典の目次 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-01-11

曲亭馬琴「兎園小説曲亭馬琴「兎園小説」 - 古典の目次 を含むブックマーク はてなブックマーク - 曲亭馬琴「兎園小説」 - 古典の目次 曲亭馬琴「兎園小説」 - 古典の目次 のブックマークコメント

日本随筆大成2-1

第一集 〔文政八年乙酉春正月十四日於海棠庵発会〕

 文政六年夏の末、沼津和田氏女児の消息       海棠庵

 禁裏万歳之御式     好問堂

 吉兆          輪池堂

 伊香保の額論      松蘿館

 神主長屋惣八が事   文宝堂

 ひやうし考并に図説   著作堂

 百姓幸助身代り如来の事 同

第二集 〔乙酉春二月八日於海棠庵集会〕

 神霊          輪池堂

 賢女          同

 武州多摩郡貝取村掘出の古碑  好問堂

 隠語         同

 蚘虫図         同

 好問質疑       同

 まみ穴、まみといふ獣の和名考并にねこま、いたち和名考附奇病の評   著作堂

 駿河越後屋紋合印の事 文宝堂

 銀河織女に似たる事   同

 元文五年の暦のはし書  同

 藤代村八歳の女子の子を産みし時の進達書     海棠庵

 両頭蛇并図 同

第三集 〔乙酉春三月朔於著作堂集会席上披講如例〕

 五馬 三馬 二馬   著作堂

 於竹大日如来縁起の弁  好問堂

 あやしき小女の事   文宝堂

 安宅丸御船つくられし時の漆の事    同

 高松邸中厩失火の事   松蘿館

 山王霊聖        輪池堂

 染木正信      同

 むじなたぬき并に熊の月の輪       海棠庵

 猫虎相似附録      好問堂

 猫虎相似の批評   著作堂

第四集 〔乙酉夏四月朔於海棠庵集会席上披講如例〕

 七ふしぎ       著作堂

 建治の古碑并に武市兄弟 海棠庵

 身代観音        輪池堂

 耳の垢取       同

 風神図説      好問堂

 虹霓 伊勢踊 琵琶笛 奇疾       乾斎

 虚無僧定法    文宝堂

 夢の朝顔       同

 駒込富士来歴〔一銭職分由緒附草加屋安兵衛娘之事〕   同

第五集 〔乙酉夏五月朔於好問堂集会各披講了〕

 古狸の筆跡     好問堂

 老狸の書画譚余     著作党

 家相の談 小野小町の弁 間違草の事         乾斎

 定吉稲荷        輪池堂

 稲荷の正一位     同

 神童石川為蔵詠歌の事 文宝堂

 葺屋町なる歌舞伎座の梁折れし事    同

 町火消人足和睦の話   海棠庵

 佐倉の浮田 安永以来のはやり風      著作堂

 両国河の奇異 庚辰の猛風 美日の断木       同

 賀茂甲斐筆法の弁

   著作堂客篇 京 青李庵

 花          同

 松五郎が遺愛馬の考異  琴嶺舎

 奥州平泉毛越寺路舞歌唐拍子        同

第六集 〔乙酉夏六月十三日於輪池堂集会席上各披講了〕

 土定の行者不死 土中出現の観音          著作堂

 蛇化為蛸        琴嶺舎

 双頭蛇         同

 奥州南部癸卯の荒饑   好間堂

 身代り観音補遺     同

 狐孫右衛門が事     海棠庵

 なら茸 乞児の賢 羅城門の札     乾斎

 新吉原松屋の掟    文宝堂

 突といふ沙汰      同

 松前の貞女       輪池堂

 北里の烈女     同

第七集 〔乙酉秋七月朔於文宝堂集会各披講了〕

 古墳女鬼      文宝堂

 金霊并に鰹舟の事    同

 由利郡神霊       海棠庵

 土中出現黄金仏     同

 蛇崇        同

 勝敗不v由2多少1之談   乾斎

 腐儒唐様を好みし事同

 養和帝遺事附雨蛤竹筒  好問堂

 自然和歌       輪池堂

 野狐魅人       同

 上野山田吉沢村掘地所見石棺図         同

 石棺図別録       文宝堂

 霊救水厄金像観世音〔ひやうし考再案附〕        著作堂

 松前大福米       琴嶺舎

 半豊小説弁       著作堂

第八集 〔乙酉秋八月朔於海棠庵集会各披講了〕

 鑿井出火       海棠庵

 婦女産石像 貞享四年官令           同

 変生男子       文宝堂

 狐嘱の幸        同

 九姑課        好問堂

 夷言粉挽歌       輪池堂

 物怪の濡衣       同

 隅田河桜餅       同

 本所石原の石像     竜珠館

 小右衛門火      同

 天照太神を呉の太伯といふ弁     乾斎

 瀰猴与巨蛇闘 客篇 京 青李庵

 ほりこてふ       同

 奇遇         琴嶺舎

 根分の後の母子草   著作堂

第九集 〔乙酉秋九月朔於乾斎集会各披講了〕

 蓮葉虚空に翻るの異   乾  斎

 藪に香の物の世諺    同

 慶雲彗星     好問堂

 鍾旭       輪池堂

 遊女山咼尾           同

 奇夢       海棠庵

 鼠の怪異     文宝堂

 仏像腹籠の古書     同

 窮鬼        琴嶺舎

 双生合体        著作堂

 一足の難      同

 双生合休追記      文宝堂

 ひなるべし作者自序の弁

       客篇青李庵

第十集 〔乙酉冬十月朔於輪池堂集会各披講了〕

 庫法門         好問堂

 立石村の立石      海棠庵

 掘地得城壘〔石地蔵図附〕同

 人の天降りしといふ話 文宝堂

 素馨花        輪池堂

 濃州の仙女      同

 鶴の稲附供大人米考    同

 阿比乃麻村の痙銭    琴嶺舎

 中川喜雲京童の序の弁    客篇青李庵

 謡曲中の小釈      同

 真葛のおうな      著作堂

第十一集 〔乙酉冬十月廿三日於海棠庵集会席上各披講了〕

 孫七天竺物語抄     好問堂

 蝦夷霊亀        海棠庵

  蝦夷霊亀考異    著作堂

 佐久山自然石      海棠庵

 狐の祐天      文宝堂

 白猿賊をなす事     同

 越後烈女        輪池堂

 高須射猫      同

 明善堂討論記      乾斎

 其角が発句を弁ず    護園

 虚舟の蛮女       琴嶺舎

 品河の巨女      同

 天台霊空是湛霊空 客篇 青李庵

 丙午丁未      著作堂

 消夏自適天明荒凶記附録 同

第十二集 〔乙酉冬十二月朔於著作堂集会席上各披講了〕

 助兼         竜珠館

 参考太平記年歴不合〔若鷹考附〕

           同

 漂流人帰国      乾斎

 大酒大食の会      海棠庵

 風流祭   海棠庵客編 西原晁樹

 邪慳の親       文宝堂

 犬猫幸不幸〔養老長寿附〕同

 瞽婦殺賊       遯菴

 いきの数〔えぞ鳥図考三十一字附〕        輪池堂

 麻布の異石       麻布学究

丑時参詩歌    客篇 輪池堂

文政乙酉御幸記     同

騙児悔非自新      琴嶺舎

破風山の亀松が孝勇   同

瑞竜が女児      同

賀茂村の攻迎   客篇 青李庵

希有の物好〔古代の呼名附〕           同

蒲の花かたみの上    著作堂