古典の目次 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-01-17

浅野梅堂「寒檠璅綴」 浅野梅堂「寒檠璅綴」 - 古典の目次 を含むブックマーク はてなブックマーク - 浅野梅堂「寒檠璅綴」 - 古典の目次 浅野梅堂「寒檠璅綴」 - 古典の目次 のブックマークコメント

日本随筆大成 3

目次

巻之一

表具

金牋

麻帋

杜鵑

画巻物

七絃琴

黄蘗僧

抖〓脚行

開帳百年忌

茶ノミ友達

イカキ

潦艸

年号

二荒山

孫引

匂字

韓人本邦ノ良医ヲ称ス

解体

鍼医術

阿片

款識等ナキ画

画家落款

大広間ノ一本松

岸駒龍

清涼寺仏像

広隆寺聖徳太子ノ像

戯鴻堂玉煙堂帖日本人

古今書法

米海岳四十後一家ヲナス

戯鴻法帖中唐人書

好事者

無用ノ用

秋夕紅葉ヲ誘

紅葉

唐土ニナキ花

桜字バカリ唐人用タル例

長崎ニ名木ノ梅

清舶ノ中ニ朱柳橋目ヲ疾

商賈ノ屋号等

十二ヒトヘ

ヒクキ三方ノ如キモ

南殿ノ桜

新井白石ノ詩

韓使遇接ニ白石改革セシ条

白石ニ上裁ノ字ヲ尋

藩ノ蔵書

高野ノ広雅宋本

高野奇書

新見伊賀守古刻ヲ哀

菅家ノ須磨記其他譌書

本居宣長漢書ヲ詈

宣長論説

足利氏諱

名乗ノヨミ

物ノ名

牡丹ハ穠艶

藤花ハ酒ヲスク

荷花ヲ挿

河骨ヲ生ル

鷄頭ヲイケル法

茶ノ湯

魚ノ名ノ字本邦ニテ作リシモノ多

ヤマアラシ

鍜冶

日本刀

古屋谷石

単皮

書画器物ホリ出シモノ

モロコシ人ノ名字ノ附ザマ

謡曲文中不審ナルモノ

謡曲ノ言葉

謡曲ニ引タル古書

塩尻

甲斐国志

詩ナラヒバジメ

詩歌ハ不吉ノモノ也

  巻之二

阿堵

五十音

倒句法

立錐地

高ハゴ

疋如

白頭無籍在

闌干

金明清詩

吾邦詩人

熙朝詩薈

稲川集

女史詩

玉ガイ狂詩

狂詩ノハジマリ

武家ノ内ニテ和歌ノ誉

齠齔ニシテ歌ヨム

禅家ノ悟醒

関雎ノ意

狂歌

連歌

漢和

鰒ヲ鉄砲ト称ス

河豚ノ毒ヲ治ス

疫熱

十月戸タテ医者

吾邦ノ俗

コザ

皿屋敷

四升ヲ豆トス

幾貫ノ地

刀剣サヤノコジリ小キ穴

五筆和尚

朱子学

四書説講

輪講

必用書目

金沢文庫ノ蔵印アルモノ

図書集成

四子全書

宋元版

瀛圭律髄

画一元亀

星鳳楼法帖

有学集書入本

足利学本

宋板洓水通鑑

近来好古ノ士宋元版ヲ崇

蒹葭堂ノ本

遜志堂好事

文館詞林

諸侯ニテ典籍ヲ好人

草紙物語

西鶴戯作

草双紙ニ作者ノ名

錦画

黄表紙

譚海

御本丸炎焼等

  巻之三

日出処天子

東夷ト称シ中華ト書

黄金ヲ印子ト云

元字小判

黄金ノ墨書

茶巾餅

相場

支那ノ銭

後壬寅

孝謙御手習文庫

詩集飜刻

朝鮮

通文館志

高麗ノ繭紙

紙ノ名

毛辺奏本

澄心堂紙

画緡

舶筆

筆匠

唐墨

古梅園ノ墨

端硯

文徴明ノ印

同庚

詩詞ノ平仄

律賦

唐本価

京師古銅器

今ノ鍋

碌〓

火鉢足ノ獅面

獅子仮面

火打袋

琉璃

星珊瑚

仮髻

婦女ノ鬟髻

髪ノタボ

髪挿

古キ絵巻

縮緬ノ文字

天鵞絨

染色

手綱染

天鵞絨

銷金

蝋引

注連飾

制中

刀剣ノ鞘ノ鯉口

懸物竿

高閣ニ束

書斎雅玩

龍興寺ノ五百羅漢

持統天皇宸翰

小倉色紙

児童ノ名ニ茶ノ字

芙蓉談

依田耀集句

依田博士

カクシ題

伴蒿蹊ノ詩

有功ノ歌

狂歌

ハナヒル

初心ノ歌

吾邦ノ文

雄傑ノ君ノ詞

車裂明神

雪ニ四美アリ

花ヲ見ル

風花雪月

北村季文

椿山名画

魚ノ名方言多シ

 巻之四

吾邦書籍鋟梓ノハジメ

正平版論語

西土ニ全書ツタワラヌモノ

仏経

小学集成

頼ノ字

符牒

沈約ガ五韻

不許飜刻

和訓栞

老仏ノ道衰

牛王

小普請金

目安ト云フモノ

検屍

擘案大字

淳化帖

王献之書鍾緜千字文

祗園会

舶載法帖

李雲海ハ銭襄書ヲ学

吾邦儒者ノ書

南蘋沈銓

谷文晁

椿山

栗山

宿谷空々

友野霞舟

新楽閑叟

長野豊山

頼山陽蔵書

頼山陽性傲簡

野村篁園

久保竹ガイ

塩田随斎

野本大次郎

貫名海屋

高久靄ガイ

渡辺華山

岡本縫殿助

鈴木白藤

中田顕忠

橘守部

田内主税

米川文濤

渋谷修軒

荻野八百吉

菊池容斎

依田竹谷

青ガイ

若冲

日本国ノ総高

一緡銭

名乗

衣服ノ制

貴様足下

小説俗話

則箇

握光

烏緊

雕当

村学究

善哉善哉

煖女

天井

瓶子

人物湮没セルモ

悞書ヲヌク法

浅草絵馬

五百羅漢

巨材ヲ掘出ス

銅函

殿中御沙汰書

検校

富貴云々

 巻之五

乾隆帝西暖閣

黄白問答

放免ノコト

耶蘇宗

信康君云々

孫呉ノ兵法

信玄謙信兵法

神祖

大坂城責

振武奮勇

昇平ノ世

財幣竭ルト云論

富貴

酒ハ微醺

酒ヲ使フ

名利

日本人主立志甚大

弓箭ノ利器

雪中人来

柳宗元

劉禹錫

夜航詩話

墨田川ヲ墨水ト称

毛穎氏ヲ好

難毛筆

書画ノコト

椿山翁

気乗

雨亭克三

霊妙

贋ノ字

 巻之六

仏教

誠一ノ心

元亨釈書

礼楽

人トナリ

宦官

唐ノ制

唐故事

下谷集

他人ノ小疵

歩兵

戊辰戦闘

通語

藻塩艸新聞

金座ノ後藤吉五郎

右文故事

土州老公

永銭

花石綱

倹ヲ好テ英明

智勇

追付

義経ツクリ山伏

澆季ノ乱世トナリ

夷狄ト和スルハ鄙劣

高宗ノ和

南宋ノ末

人ノ後世ニ名ヲアラハス

隆治ノ世

青山備前

高山操志

俳諧発句

黍離ノ歎

狂言

写ノ字

五聖人七賢人

貨幣ノ通塞

古今法書蘭亭ヲ第一トス

画南北宗

詩人ノ有名ナル

  附録

六法図クミ

ヅカラ為ニスルコトハ楽シ

無我

詩ハ唐土ノナラヒ

候ノ字

活板

東大寺三ツ庫

池ノ妙音寺

書画ヲ好

保元平治ノ騒擾

郎ト云フ

後醍醐御謀反