一条兼良

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

一条兼良

PDD図書館獨澄旻さん)の人名辞典(http://www.cnet-ta.ne.jp/p/pddlib/biography/frame.htm )旧版には次のようにあった。

いちじょう かねよし(いちじょう かねら)(1402(応永 9. 5. 7)〜1481(文明13. 4. 2))◇室町中期の歌人・古典学者。通称は一条禅閤(ゼンコウ)・後成恩寺(ゴジョウオンジ)(関白)、別号は桃華野人・桃華老人、法号は覚恵。一二歳・従四位下権中将、一九歳・左近衛大将、二〇歳・内大臣、二三歳・右大臣、三一歳・摂政太政大臣、四六歳・関白氏長者(ウジノチョウジャ)・准后とも呼ばれた、七二歳・出家。父は関白一条経嗣(ツネツグ)、祖父は摂政関白二条良基(ヨシモト)。『耳底記(ジテイキ)』に「かねよし」と振り仮名している。

* はてなダイアリーキーワード:一条兼良