佐佐木信綱

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

佐佐木信綱

PDD図書館獨澄旻さん)の人名辞典(http://www.cnet-ta.ne.jp/p/pddlib/biography/frame.htm )旧版には次のようにあった。

ささき のぶつな(1872(明治 5. 6. 3)〜1963.12. 2(昭和38))◇歌人・国文学者・万葉学者。本姓は佐々木、号は竹柏園(ナギソノ)・小鈴(ショウレイ)・健・磯辺千浪(チナミ)、屋号は竹柏園(チクハクエン)。佐々木弘綱(ヒロツナ)の長男。長女三枝子は久松潜一(センイチ)の妻。(1)佐々木弘綱の長男、本姓の項なし。(3)本姓は佐々木。(5)佐佐木弘綱の長男、本姓の項なし。(9)姓は元来佐々木であるが、明治三六年(1903)三二歳のとき南中国に旅行し、そのおりの名刺を記念して生涯「佐佐木」とする。(11)佐佐木弘綱(ヒロツナ)の長男、本姓の項なし。

* はてなダイアリーキーワード:佐佐木信綱