假名遣及假名字體沿革史料

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

假名遣及假名字體沿革史料

假名遣及假名字體沿革史料 一冊

 大矢透著。明治四十二年刊、著者は國語調査委員會に於いて、假名の起源沿革について研究したのであるが、本書も「假名源流考」と同じくその一部分であり「假名源流考」の後をうけて假名字體の沿革を究明せんとするのがその主目的である。即ち假名を用ひた古書中から時代の確實にして、代表的なもの五十種を選んでその一部分を影摸し、之を整理したものであって。一見して各時代に於ける假名の字體を如實に比較し得るもので、空前の名著と云ふべきである。斯る研究は已に新井白石伴信友等によってやゝ着手されたが不十分な研究で本書とは比較にもならない。

【參考】

* 假名沿革餘材?(一名「真木の嬬手?」)三巻 大矢透著。

亀田次郎国語学書目解題」)

近代デジタルライブラリー