假字本末

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

假字本末

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/kokusyokaidai/k1/kokusyo_ka075.html

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/syomokukaidai/ka/kaidai_ka038.html

假字本末 上下二巻附録一巻四冊

 伴信友著。嘉永三年刊行。伴信友全集所収。上巻二冊は草假名の研究で下巻は片假名。附録は神代文字の研究である。草假名の起原・沿革について漢字渡來以後我國では漢文で用を辨じてゐたが祝詞宣命等次第に漢文のみでは不都合を生じその音を借り或は訓を以て言葉を表はす様になり、扨その文字も楷書でのみ書くは煩雜なる故遂に草假名の發達を見たものと思はれる。而して弘法大師に至って初めて字體も一定して伊呂波四十七文字に整理されたのである由を述べてゐる。附録に伊呂波歌?弘法大師の作なる事、和讃・今様?・巡禮歌?の沿革を記して居る。下巻の片假名の研究に於いては片假名悉曇の音圖?に準じて天平勝寶年中に吉備眞備が作ったものであらうと云って「倭片假名反切義解」の説を認めてゐる。次の附録一卷は「神字日文傳」を反駁して神代文字を否定したものである。本書は當時に於ける考證學の第一人者信友の代表的著作であり全體的に今日も猶十分尊敬に値するものである。殊に當時の熱狂的な自國尊重思想に災されずその考證的立場に於いて穏健確實な説を以って神代文字非存在説を主張した事は彼の卓見であって、この否定論に對して松浦道輔?は「假名本末辨妄?」を以って、篤胤は「古史本辭經」に於いて駁論を掲げてゐるが明治以後の學界は信友?の否定説を定説としてゐるのを以て見ても彼の所説の如何は窺はれる。

【參考】

* 吏道諺文考? 岡倉由三郎。「東洋學藝雜誌」一四三・一四四。

* 諺文の起原 金澤庄三郎。「國語の研究」所収。

* 假名の起原 金澤庄三郎。「國語の研究」所収。

* 音圖及び手習詞歌考 大矢透

* 平安朝時代草假名の研究? 尾上八郎

亀田次郎国語学書目解題」)