古言衣延辨

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

古言衣延辨

奥村栄実?

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/syomokukaidai/ka/kaidai_ka107.html

古言衣延辨 一巻

 文政十二年奧村榮實?著。明治二十四年高橋富兄?増補出版。又近くは「音聲の研究?」第五轉に所収翻刻。本書は古文獻を渉獵して、新撰字鏡以前の書に於いては、阿行の「エ」と夜行の「エ」と各々その假名を異にする由を示したもので合せて楫取魚彦の「古言梯」に列擧せる用例をも補正したものである。前に出た契沖の「和字正濫抄」や石塚龍麿の「假字遣奧山路」と共に我國語音韻研究史上に大なる貢献をなしたものである。

【參考】

* 「古言衣延辨證補?大矢透著。古文獻を考證して「古言衣延辨」の増補である。

亀田次郎国語学書目解題」)