多識篇

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

多識篇

多識篇 二巻(別本五巻)二冊

 林道春の著。寛永七年古活字本?、慶安二年再板本などがある。二巻本十五巻本とがあるが、大差はない。後に出た「改正増補多識篇?」は内容もやゝ豊富になり組織も整理されてゐる。本書は分類體?漢和辭書漢詩文を作る爲の辭書である。本草?類には特に力を注いだらしいが、一般辭書としては特に注意すべき程のものではない。

亀田次郎国語学書目解題」)