太田道灌

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

太田道灌

PDD図書館獨澄旻さん)の人名辞典(http://www.cnet-ta.ne.jp/p/pddlib/biography/frame.htm )旧版には次のようにあった。

おおた どうかん(オホタ ダウクワン)(1432(永享 4)〜1486(文明18))◇室町中期の武将・歌人。扇ヶ谷上杉定正の家臣。初名は持資(モチスケ)のち資長、法名は道灌。築城・兵馬の法に長じ、1457江戸城を築く。ほかに川越・岩槻・鉢形の諸城を築く。江戸城に文庫を設け、和歌飛鳥井雅世に学び、『慕景集』がある。1476(文明 8)山内上杉家の内紛を鎮圧したが、扇ヶ谷上杉家の勢力増大を恐れた山内上杉顕定方の讒言(ザンゲン)により主君定正に謀殺された。(*)1457(康正 3,長禄元)。

* はてなダイアリーキーワード:太田道灌