平安朝時代の草假名の研究

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

平安朝時代の草假名の研究

平安朝時代の草假名の研究 一冊

 尾上八郎著。大正十五年刊。先づ確實なる資料を蒐集してこれを研究し、更にこれ等を比較對照して書風?系統變遷の跡を考究し、最後に草假名と文學上との関係について論述してゐるものであって、草假名の學術史的研究に大貢献をなしてゐるのみでなく國語學・國文學?或は國史學?等の資料研究に大なる寄與をなしてゐる。猶同著者の「歌と草假名?」大正十四年刊は平安朝時代の草假名について比較的平易に記したものである。

亀田次郎国語学書目解題」)

http://blog.livedoor.jp/bunkengaku/archives/50351382.html