復軒雜纂

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

復軒雜纂

復軒雜纂 一冊

 大槻文彦著。明治三十五年刊。本書は著者の論文集であり、その内容は語學・歴史・地理・紀行その他諸方面に亘つてゐる。その中語學に關するものは日本「ジヤパン」正訛の辨、掛り結びの間のテ爾乎波の「と」について、假名の會の問答、和蘭字典文典の譯述起源、文字の誤用、モチヰルといふ動詞活用、外來語源考、假名とローマ字との優劣論、その他であって何れも有益な文字である。

(亀田次郎国語学書目解題」)

ASIN:4582807070