慈円

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

慈円

PDD図書館獨澄旻さん)の人名辞典(http://www.cnet-ta.ne.jp/p/pddlib/biography/frame.htm )旧版には次のようにあった。

じえん(1155(久寿 2. 4.15)〜1225(嘉禄元. 9.25))◇鎌倉前期の歌人・史論家。諡は慈鎮。関白藤原忠通(タダミチ)の子、関白九条兼実(カネザネ)は同母兄。十一歳のとき覚快法親王について修学、十三歳で剃髪(テイハツ)して道快といい、十六歳で法眼(ホウゲン)、二七歳のときに法印に叙されて慈円と改名。三八歳で天台座主の職につき、六〇歳までに四度座主となる。

* はてなダイアリーキーワード:慈円