文傳正興

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

文傳正興

大槻文彦「ことばのうみのおくがき」に、「先人の旧門」とあり。大久保初男の後に、『言海』の校正を担当。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000457/card43528.html


国書刊行会の、『赤穂義士纂書』『近世文藝叢書』の校正も担当。