漢呉音図

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

漢呉音図

太田全斎

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/kokusyokaidai/k1/kokusyo_ka110.html

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/syomokukaidai/hoi/kaidai_hoi008.html

漢呉音図 三巻三冊

 太田方の著、文化?十二年刊。尚その後の刊本で音圖?十二轉の條の訂正されてゐるもの、天保?刊本で音徴は二十六丁裏數行填木して削れるもの、大正?四年刊六冊の活版本(漢呉音圖上、漢呉音徴中、漢呉音圖説下、音徴不盡?全、同窩音圖?全、〔六〕音圖口義?全全齋讀例?全)等がある。本書は「漢呉音圖」「漢呉音徴」「漢呉音圖説」の三部から成る音韻研究書で、「漢呉音圖」は主として内轉?第一合から第四十三合までの圖を記して居る。「漢呉音徴」は第一轉合から第四十三轉まで各音韻の疑しいものを擧げて考證したもので、「漢呉音圖」の素材を示し、同時にその例證を示すものである。「漢呉音圖説」では音韻研究の必要を述べ、次に「漢呉音圖」の説明をしてゐる。本書は漢呉音圖の基礎たる漢呉音徴に於いて音韻を誤った事からこの所説に大なる誤謬をおかした點もあるが、猶磨光韻鏡で誤って居た開合を正した事、m音韻とn音韻の區別を説いた點等磨光韻鏡一歩進めた事は注意すべきで、磨光韻鏡と共に徳川時代?音韻研究書の代表である。

【參考】

* 漢呉音圖の解剖的批判。満田新造。「東洋學報」十一巻ノ二・四號 大正十一・四・十一月。

* 漢呉音圖の中間本。岡井愼吾。「國学院雜誌」十一ノ三、明治?卅八・三。

亀田次郎国語学書目解題」)