用語大成

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

用語大成

用語大成 一巻一冊

 嘉永四年八木立禮?の著。明治四十三年刊(歌文珍書保存會?本所收)。本文は活用係結との關係を示した四箇の圖から成ってゐるが、その序文に依ると、從來詞の八衢の總圖、紐鏡友鏡、玉襷?、かたばみ草?などの圖があって活用係結との關係を説いてゐるので便利ではあるが、互に一長一短があって完璧のものがないからこゝにこの圖を作って是等を集大成して一目瞭然たらしめようとするのだと述べてゐる。以ってその意圖する所が判るであらうがその研究の成果は「八衢」「友鏡」「和語説略圖」等に比して何等の進歩も見ないばかりか活用形に於いて命令形將然形を屡々逸したり又活用を誤ってゐる點などは劣って居るものである。尤も本書が助動詞動詞から分離した點はその所説に多少の不備缺點かあるにしても卓見として注意すべき事である。

亀田次郎国語学書目解題」)

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/syomokukaidai/ya/kaidai_ya027.html