發字便蒙解

個人情報保護法は「生存する個人に関する情報」が対象ですが、ここの人物情報は、故人の情報が殆どです。そうでない人についても公的な情報しかありません。 国語史グループとの差別化も考えて、オープンにしました。

發字便蒙解

發字便蒙解は水戸守山の藩主源黄龍?公が命によりて成りたもの。發字とは上記正義に「字に數音あれば義を観て點發す」とあるもので義によりて聲の轉するのを示す圏發?で有る。公が之を類集せしめて一書となされたは元文?の末(二四〇〇)らしいが再板に増補し、戸崎允明が両君の命によりて更に校正したのが此の書で安永?五年(二四三六)の刊。たとへば丁の字はヒノトアタルの時も木を伐る聲の時も平聲、合の字は合フの時も合ハセルの時も入聲だが、倶に下の場合(聲が變る場合には本音で無いのに)にのみ圏發することになつて居る事を明にしたもので巻首には畫引の索引が有るなど親切に出來て居る。

 この書には新訂發字便蒙解といふも有る。廣部精の明治?十二年の撰で字を増し且つ各字に韻を標して無かつたのをも補ったもの

岡井慎吾日本漢字学史』)